講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科1年
講義番号 S268C 教科名 言葉指導法
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 原田 留美
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
保育所保育においては養護と教育にかかわる内容がそれぞれに関連性をもっていることを理解した上で、総合的に保育を展開して
いくために必要な「言葉」の 領域の知識、技術、判断力を習得する。具体的には、経験したことや考えたことなどを自分なりの言葉
で表現し、相手の話す言葉を聞こうとする意欲や態度を育て、言葉に対する感覚や言葉で表現する力を養うために必要な、子どもの
言語発達の過程や言語理解能力に関する知識、子どもの言語能力発達を促す様々な児童文化財の扱い方や保育への活用方法等、指導
法の理論と実践を学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
1.子どもの言葉の発達が理解でき、基礎的事項について説明できる。
2.子どもの言葉の発達を踏まえた上での、養護と教育の両方に配慮した適切な援助・指導について理解でき、説明できる。
2.保育における絵本の取り扱い方と、効果的な絵本の読み聞かせが実践できる。
4.保育者として、望ましい言語環境を子どもたちのために構成できる言葉の力が身に付いている。
5.言葉に関する保育の専門的知識・技術を、保育実習やボランティア、その他の様々な場に於いて、効果的に生かすことができ
る。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 人にとっての言葉、
保育所保育指針と幼稚園教育要領、教育・保育要領の領域「言葉」
思考の道具 コミュニケーション 伝達 保育
所保育指針 幼稚園教育要領 教育・保育要領
<予習>シラバスに目を通す。保育内容総論のノートに目を通す。
<復習>指針の「保育内容 言葉」とノートを読み比べる。
1
2回 子どもの言葉の発達と援助1(生後8ヶ月の頃まで) 産声、クーイング、人見知り行動 <予習>配布プリントの子どもの言葉の発達と援助のポイントを読む。
<復習>指針とノートを読み比べる。
1
3回 子どもの言葉の発達と援助2(初語〜二語発話の頃) 初語、多義的一語文、二語発話、第一質問期 <予習>配布プリントの子どもの言葉の発達と援助のポイントを読む。
<復習>指針とノートを読み比べる。
1
4回 子どもの言葉の発達と援助3(三歳前後の頃) 想像力、挨拶、集団語、第二質問期 <予習>配布プリントの子どもの言葉の発達と援助のポイントを読む。
<復習>指針とノートを読み比べる。
1
5回 子どもの言葉の発達と援助4(年中〜年長の頃) 人前での発表、話し合い、文字教育 <予習>配布プリントの子どもの言葉の発達と援助のポイントを読む。
<復習>指針とノートを読み比べる。
1
6回 子どもの言葉の発達と援助6(伝える援助のケーススタディ 未満児の場
合)
情緒の安定 言葉と行動の一致、仲立ちと援助 <予習>未満児の子どもの発達と援助のポイントを纏めておく。
<復習>事例のプリントと指針を読み比べる。
1
7回 子どもの言葉の発達と援助6(伝えたい気持ちを引き出す援助のケーススタディ 
以上児の場合)
年長児への援助方法、質問と応答、伝えたい気
持ち 言葉を引き出す
<予習>以上児の子どもの発達と援助のポイントを纏めておく。
<復習>事例のプリントと指針を読み比べる。
1
8回 子どもにとっての絵本(言葉を育てる、心を育てる)
子どもの言葉の発達と援助についてのまとめと振り返り
物語、間接的経験、想像力
言葉の発達と援助
<予習>言葉の発達と援助のポイントについて、理解してくること。
<復習>子どもと絵本の関係についてまとめておく。
1
9回 乳幼児にとっての絵本の意義
絵本の年齢別選び方と扱い方 その1(0〜1歳児、2〜3歳児)
読み聞かせ 語彙力、美しい言葉、文字への関
心 赤ちゃん絵本、物語絵本
<予習>図書館等で三歳児以下向けの絵本を見る。
<復習>各発達段階に合った絵本の選び方をまとめる。
1
10回 絵本の年齢別選び方と扱い方 その2(年中〜年長児)
振り返りと課題(各発達段階に合った絵本)
生活絵本、ファンタジー絵本、科学絵本 <予習>図書館等で年中児以上向けの絵本を見る。
<復習>各発達段階に合った絵本の選び方をまとめる。
1
11回 作品理解と読み聞かせの技法 声の明暗・強弱・大小、読む速さ、間 演出ノ
ート
<予習>何冊か絵本を音読してみる。
<復習>授業内容をふまえ、何冊か絵本を音読してみる。
1
12回 演出ノートの作成 演出ノート おおきなかぶ <予習>福音館書店版「おおきなかぶ」に目を通す。
<復習>授業内容を踏まえ、「おおきなかぶ」の演出ノートを作成。
1
13回 読み聞かせの実践 読み聞かせ <予習>あらかじめ読み聞かせの実践練習をしてくる。
<復習>授業内容を踏まえ、読み聞かせの実践練習をする。
1
14回 幼児教育と絵本(VTR試聴と考察) 読み聞かせ実践 絵本の貸し出し <予習>絵本の選び方、読み聞かせ方についてさらっておく。
<復習>VTRの内容を振り返り、理解しておく。読み聞かせ練習。
1
15回 援助者としての保育者の言葉
学習の振り返りとまとめ(言葉の支援において重要なこと)
ことばかけ 共感 わかりやすい説明 <予習>ノートを見直しておく。
<復習>子どもの言葉の支援に関して重要な点について、まとめる。
1
15
成績評価 小テスト 50% 学修成果の
フィードバック
・小テストについては、その場で解説、自己採点を行う。間違えたところについてはノー
トに記録し、復習に役立てること。
・課題は、コメントを付すなどして返却する。
試験 0%
レポート 20%
学習態度 10% 備考 ・小テスト 授業中に行う。1回行う。(子どもの言葉の発達と援助)
・レポート 「子どもの言葉の発達の援助において大切なこと」の予定
・その他  課題に関する調べ学習(絵本について) 
・学習態度 課題提出状況や学習への取り組み姿勢等について総合的に評価する。
その他 20%
100%
テキスト 初回に配布するプリントが基本のテキストとなる。
保育内容総論で使用したプリント、『保育学生のための実践国語表現』や『幼保連携型認定こども園教育・保育要領幼稚園教育要領
保育所保育指針〈原本〉』 等を用いる場合がある。事前に指示された場合は、必ず持参すること。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 今井和子ほか 『ことばに探る心の不思議』 ひとなる書房 2,136円(税抜)
2 工藤左千夫『すてきな絵本に出会えたら』 成文社 1,600円(税抜)
3 徳永真理 『絵本で育つ子どものことば』 アリス館 (品切れのため、図書館で見てください。)
4 古橋和夫 『子どもへの絵本の読みかたり』  萌文書林 1,600円(税抜)
5 中野啓明・佐藤朗子編著 『教育・保育の基礎理論』 考古堂 (品切れのため、図書館で見てください。)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
私語は厳禁。学びの成果はノートに現れる。ノート整理は必須。板書を書き写すだけでは万全なノートは作成できない。 他の科目で
使用している資料を必要に応じて使用することがある。事前に指示をするので、必ず持参すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.