講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科2年
講義番号 S265C 教科名 健康指導法
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 佐藤 菜美
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
「健康」領域からの集団生活における個人の発達の援助としての知識と態度の習得をはかる。具体的には、「健康、安全など生活
に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う」領域である健康領域における目標及び内容等を概説するとともに、
具体的な指導場面を想定したうえで、健康領域に関わる集団生活における個人の発達の援助としての知識と態度の習得をはかる。ま
た、健康及び安全にかかわる事項についても学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
1,子どもの健康な心と体を育てることは、一生を健康に暮らす基本となることを理解する。
  2,健康な心と体を育て、自ら健康で安全な生活をつくり出す力を養うための援助を考える。
  3,現代の健康問題と子どもの健康をめぐる現状と課題を考える。
  4,子どもが自ら健康な生活を目指し基本的生活習慣を獲得できるよう指導の根拠と指導法を学ぶ。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 保育内容「健康」の意義 健康のとらえ方、健康憲章、生きる力 【予習】テキスト13-17を読んでくること 0
2回 現代の子どもの健康課題について講義とグループワーク 子どものからだ実態調査、アレルギー、視力
低下、運動能力、生活習慣病、不定愁訴
【予習】インターネットで「児童生徒の健康状態サーベイランス事業報
告」を読んでおく。必要な文献を準備する。
0
3回 現代の子どもの健康課題について発表とアセスメント 子どもの健康課題 【予習】グループワークの成果が発表できるように準備する 0
4回 運動、遊びについて講義とグループワーク 身体の発育、運動機能、社会性の発達、遊び、
身体感覚、動き、環境構成
【予習】保育所保育指針及びテキストの関連する部分について読んでお
く。必要な文献を準備する。
0
5回 運動、遊びについて発表とアセスメント 運動、戸外遊び 【復習】子どもの遊びについて指定されたタイトルでレポートを書く 0
6回 幼児の生活習慣について講義とグループワーク 清潔、衣服の着脱、食事、排泄、睡眠 【予習】保育所保育指針及びテキストの関連する部分について読んでお
く。必要な文献を準備する。
0
7回 幼児の生活習慣について発表とアセスメント 幼児の生活習慣、生活リズム 【予習】グループワークの成果が発表できるように準備する 0
8回 健康な生活に必要な活動について@ 健康診断、健康観察 感染症対策、疾病予防 
救急処置
【予習】テキストの関連する部分について読んでおく。インターネット
で学校保健安全法、同施行令、同施行規則を読んでおく
0
9回 健康な生活に必要な活動についてA 食育 【予習】テキストの関連する部分について読んでおく。 0
10回 安全管理・安全教育について講義とグループワークと発表 園内事故、安全能力、安全管理、保育環境 【予習】インターネットで学校保健安全法、同施行令、同施行規則を読
んでおく
0
11回 幼児の健康問題に対応した保健指導について講義とグループワーク 保健指導 【予習】テキスト37-49ページを読んでおく。11回目までの学習を振り
返り、指導の題材について検討する
0
12回 模擬指導@ 模擬指導、評価 【予習】グループワークの成果が発表できるように準備する 0
13回 模擬指導A 模擬指導、評価 【予習】グループワークの成果が発表できるように準備する 0
14回 模擬指導B 模擬指導、評価 【予習】グループワークの成果が発表できるように準備する 0
15回 まとめ 発達援助 健康とは   0
0
成績評価 小テスト 50% 学修成果の
フィードバック
 
試験 0%
レポート 20%
学習態度 30% 備考 ・学習態度はグループワークでの態度を元に評価する。
・小テストを二回行う。
その他 0%
100%
テキスト 最新保育講座7 保育内容「健康」 河邉貴子他:編 ミネルヴァ書房
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「健康」 岸井 勇雄:著 チャイルド本社 1994円
2 新保育内容シリーズ 「健康」 高橋弥生:編著 一藝社 2000円
3 保育所保育指針解説 190円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
グループワークが多いので、欠席しないようにすること

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.