講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科2年、臨床心理学科2年
講義番号 S205 教科名 精神医学
単位数 2 必・選 選択 開講時期 通年 担当者 村松 公美子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
主な精神疾患についてその成因、症状、診断と精神疾患の治療、支援について理解する。精神科病院等における専門治療の内容、
特性および精神科治療における人権擁護について理解する。また看護師、精神保健福祉士、臨床心理士などの精神科専門職が精神科
チーム医療の一員として担うべき役割と精神科専門職と精神医療、福祉との連携について理解する。その他、関連領域として、社会
精神医学、学校精神医学、産業精神医学についても理解をする。
学生の学習
(行動)目標
人間の脳とこころの関係を理解し、精神疾患についての正しい知識の習得を目指す。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 精神医学総論 精神疾患 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
2回 精神医学の歴史 中世、近代、現代 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
3回 脳および神経の生理・解剖T(脳とこころ 総論) 脳とこころ 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
4回 脳および神経の生理・解剖U 脳の進化 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
5回 脳および神経の生理・解剖V 脳と視覚 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
6回 脳および神経の生理・解剖W 脳と記憶 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
7回 脳および神経の生理・解剖X 脳と遺伝、性格 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
8回 脳および神経の生理・解剖Y 脳と無意識、創造性 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
9回 脳および神経の生理・解剖Z 脳の発達、再生 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
10回 精神医学の概念と診断、精神症状と状態像 ICD DSM 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
11回 医療面接 医療面接技法 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
12回 統合失調症(総論) 歴史、原因、経過 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
13回 統合失調症(症状と演習) 陽性症状 陰性症状 予習:復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
14回 事例(グループワーク PBL)@問題抽出 統合失調症、認知症 グループワークでの担当者をきめ、問題抽出を行う、次回までに必要な
文献等を調べる。
0
15回 事例(グループワーク PBL)Aデイスカッション、まとめ 統合失調症、認知症 グループワークで抽出された問題点について、デイスカッションしたこ
とをまとめ、さらに必要な文献等を調べる。
0
16回 事例(グループワー クPBL)B発表会 統合失調症、認知症 グループワークでのまとめをグループごとに発表するパワーポイントを
作成する。レジュメも作成する。
0
17回 統合失調症(統括) 症状経過、予後 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
18回 統合失調症(治療) 薬物治療、作業療法、SST 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
19回 気分障害T(診断、分類) 気分障害、感情障害 ICD-10 DSM-5 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
20回 気分障害U(うつ病エピソード) うつ病 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
21回 気分障害V(躁病エピソード) 躁病 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
22回 神経症性障害T 不安障害、恐怖症、パニック障害 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
23回 神経症性障害U 強迫性障害 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
24回 神経症性障害V 身体化、心身症 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
25回 老年期障害T アルツハイマー型認知症 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
26回 老年期障害U 脳血管性認知症、問題行動への対応 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
27回 摂食障害 神経性無食欲症、過食症 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
28回 外傷後ストレス障害 ASD、PTSD 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
29回 精神科薬物療法 抗うつ薬、抗精神病薬 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
30回 授業の全範囲精神医学的知識の確認・まとめ 全範囲のまとめ 復習:配布資料に基づきノートを整理し内容を理解しておくこと。 0
31回 定期試験     0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
 
試験 50%
レポート 25%
学習態度 10% 備考 レポートは6回程度予定しており、成績評価の対象とする。
グループワーク、プレゼンテーションは、その他の
成績評価の対象とする。
学習態度は、授業中の発言、授業中の態度
(周囲に迷惑となる私語は減点の対象とし、学籍番号を確認)を
元に評価する。
その他 15%
100%
テキスト 精神医学テキスト(南江堂、上島国利編)
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 ナースの精神医学(中外医学社、上島国利
2 サイコロジストのための精神医学(誠信書房)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
脳神経解剖においては、視聴覚教材からまず理解を深め、レポートを提出する。精神疾患の基礎知識においては、座学の他、グルー
プワークなど違った視点から同一疾患を学ぶ。1年間の講義を受けることにより精神疾患の正しい知識を獲得し、理解が深まったこと
が実感できるであろう。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.