講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年、臨床心理学科3年
講義番号 S401 教科名 社会福祉特別講義
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 田中 清、他
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
国家試験受験の基礎力強化を講義形式で行い、社会福祉士及び精神保健福祉士の国家試験の受験学習に結びつける。
学生の学習
(行動)目標
1.社会福祉士及び精神保健福祉士の国家試験に向け学習準備ができる。
2.国家試験の共通科目におけるポイントを把握することができる。
3.国家試験の問題傾向を理解することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 実力確認@共通科目 国家試験、過去問題、共通科目 予習:過去問題の確認 1
2回 実力確認A専門科目 国家試験、過去問題、専門科目 予習:過去問題の確認 1
3回 ガイダンス(本科目及び受験対策の進め方) ガイダンス、国家試験、受験対策 復習:受験対策の学習計画の作成 1
4回 科目学習ポイントの説明@「人体の構造と機能及び疾病」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
5回 科目学習ポイントの説明A「心理学理論と心理的支援」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
6回 科目学習ポイントの説明B「社会学理論と社会システム」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
7回 科目学習ポイントの説明C「現代社会と福祉」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
8回 科目学習ポイントの説明D「福祉行財政と福祉計画」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
9回 科目学習ポイントの説明E「社会保障」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
10回 科目学習ポイントの説明F「障害者に対する支援と障害者自立支援制度」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
11回 科目学習ポイントの説明G「低所得者に対する支援と生活保護制度」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
12回 科目学習ポイントの説明H「保健医療サービス」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
13回 科目学習ポイントの説明I「権利擁護と成年後見制度」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
14回 科目学習ポイントの説明J「地域福祉の理論と方法」 学習ポイント 復習:学習ポイントに関する過去問題の確認 1
15回 共通科目の学習ポイントのふりかえり 確認テスト、共通科目 予習:これまでの学習ポイントと過去問題の確認 1
15
成績評価 小テスト 70% 学修成果の
フィードバック
・小テストはその場で自己採点を行い、簡単な解説を行います。
試験 0%
レポート 0%
学習態度 30% 備考 ・小テストは実力テスト及び確認テストの結果をもとに評価します。
・学習態度は授業での課題遂行状況をもとに評価します。
その他 0%
100%
テキスト テキストはありません。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『2018社会福祉士国家試験課小問題解説集』(中央法規)
2 『第29回社会福祉士国試対策2018』(医学評論社)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
社会福祉士・精神保健福祉士受験予定者はこの科目を履修すること。
国家試験受験予定者は、本科目の単位取得をしなければ、4年次の「社会福祉特別演習」及び受験対策講座に参加できません。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.