講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年
講義番号 S221 教科名 司法福祉論
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 里見 佳香
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
犯罪を犯した者や非行のある少年に対し、主に国の責任において社会復帰をなす制度である更生保護制度の意義と概要を学び、司法
福祉に関連する理解を深めることを目的とする。
司法福祉制度について具体的なイメージを抱き、また自らの考えを表せるようになるため、ソーシャルワーカーの実務についても学
ぶ予定である。
最終的には、制度の基本的な理解を得た上で、福祉の現場において司法福祉を弱者支援のツールとして活用できる力を身につけるこ
とを教育目標とする。
学生の学習
(行動)目標
1 日本の更生保護制度に関する理念、歴史、体系を理解している。
2 各制度の具体的内容の基礎的部分を理解している。
3 更生保護制度をめぐる現状と課題を含め、制度・政策のあり方を考察できる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 更生保護とは何か −更生保護制度の概要− 更生保護 シラバスを読み、テキストを準備しておくこと。 0
2回 刑事司法制度 非行、犯罪臨床 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
3回 仮釈放等 仮釈放、仮出場、少年院からの仮退院、婦人補
導院からの仮退院
前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
4回 保護観察制度 保護観察 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
5回 生活環境の調整 生活環境の調整 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
6回 更生緊急保護 更生緊急保護 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
7回 更生保護における犯罪被害者等施策 意見等聴取制度、心情等伝達制度、被害者等通
知制度、相談・支援
前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
8回 恩赦 恩赦 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
9回 犯罪予防活動 犯罪予防活動 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
10回 更生保護の担い手@−保護観察官・保護司− 保護観察所、保護観察官、保護司 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
11回 更生保護の担い手A−更生保護施設、民間協力者− 更生保護施設、更生保護女性会、BBS会、協力
雇用主
前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
12回 更生保護制度における関係機関・団体との連携@ 裁判所、検察庁、矯正施設 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
13回 更生保護制度における関係機関・団体との連携@ 児童相談所、公共職業安定所、福祉事務所、民
間団体
前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
14回 医療観察制度 医療観察法 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
15回 更生保護制度の課題と展望 更生保護制度改革 前回の講義中で指定したテキスト対応ページ及び板書の内容を復習して
おくこと
1
16回 定期試験   講義全体の内容をまとめなおし、テキストを読み返しておくこと 1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
基本的に毎回自己添削方式で小チェックテストを行い、前回講義の内容を把握しているかを確
認する。
小レポートの添削結果は適宜希望者に開示・解説する。
期末試験の結果は適宜希望者に開示・解説する。
試験 85%
レポート 0%
学習態度 15% 備考 期末試験(85%)、「学習態度」として受講の姿勢(15%)により総
合的に評価する。
期間中、基本的に毎回小チェックテストを課す。
小レポートは期間中1回課す(開講中に行う講演会の感想を問う)
その他 0%
100%
テキスト 社会福祉士養成講座編集委員会『更生保護制度 第4版』中央法規(2017)1,728円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
第一回講義までにテキストを準備し、携行すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.