講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年
講義番号 S214 教科名 地域福祉論U
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 李 在檍
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
地域福祉におけるネットワーキング(多職種・多機関との連携)の意義と方法について理解するとともに、ソーシャルサポート
ネットワークの実践方法、フォーマル・インフォーマルな社会資源の活用・調整・開発、質的・量的な福祉ニーズの把握方法、地域
トータルケアシステムの構築方法と実際、福祉サービスの評価方法、災害支援について理解を深める。
学生の学習
(行動)目標
1 ネットワーキング(他職種・多機関との連携を含む)について理解する。
2 地域における社会資源の活用・調整・開発について学ぶ。
3 福祉ニ−ズの把握方法について学ぶ。
4 地域ト−タルシステムの構築方法を学ぶ。
5 地域における福祉サ−ビスの評価方法について学ぶ。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 地域福祉の推進方法@ソーシャルサポートネットワークの概念 ソーシャルサポートネットワーク テキスト:pp.196〜200を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
2
2回 地域福祉の推進方法Aソーシャルサポートネットワークの実践方法 多職種・多機関との連携 テキスト:pp.201〜213を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
3回 地域における社会資源の活用・調整・開発@概要と活用方法 フォーマル・インフォーマル資源 
資源の活用 福祉サービスの開発
テキスト:pp.214〜232を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
4回 地域における社会資源の活用・調整・開発Aまちづくり まちづくり 市民活動 テキスト:pp.233〜239を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
5回 地域における福祉ニーズの把握方法と実際@概念 福祉ニーズの意義と分類 アウトリーチ テキスト:pp.240〜243を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
6回 地域における福祉ニーズの把握方法と実際A分類 量的な福祉ニーズ 質的な福祉ニーズ テキスト:pp.244〜253を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
7回 地域における福祉ニーズの把握方法と実際B方法 福祉ニーズ把握方法 テキスト:pp.244〜253を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
8回 地域トータルケアシステムの構築と実際@概念 保健・医療・福祉の連携 統合化 テキスト:pp.254〜264を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
9回 地域トータルケアシステムの構築と実際A方法 構築方法 テキスト:pp.265〜269を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
10回 地域トータルケアシステムの構築と実際B事例 構築・展開の事例 テキスト:pp.270〜281を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
11回 地域における福祉サービスの評価方法と実際@評価の概要 契約 多元化 評価システム テキスト:pp.282〜287を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
12回 地域における福祉サービスの評価方法と実際A評価方法 プログラム評価 アウトカム評価
インパクト評価 プロセス評価
テキスト:pp.289〜299を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
13回 災害と地域福祉 災害支援 テキスト:pp.300〜313を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
14回 海外の地域福祉の考え方 イギリス、アメリカ テキスト:pp.314〜329を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
15回 まとめ   テキストと配布資料を使って十分復習してくること。 6
16回 定期試験     0
60
成績評価 小テスト 20% 学修成果の
フィードバック
・レポートは、添削の上、返却する。
・小テストはその場で自己採点すること。間違った部分は、ノートに記録し、必ず復習し
ておくこと。
試験 60%
レポート 10%
学習態度 10% 備考 ・これまでの授業の理解度を問う小テストを1回実施する。
・レポートは期間中2回課す。指定のテーマについてまとめて提出する。
・学習態度は、授業へ積極的に参加する姿勢や授業中の発言・態度、準備学習の取組状況
を元に評価する。
その他 0%
100%
テキスト 新・社会福祉士養成講座『地域福祉の理論と方法』第3版 編集 社会福祉士養成講座編集委員会 中央法規出版 2015年
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『21世紀型トータルケアシステムの創造』大橋謙策他 万葉舎
2 『コミュニティ・ソ−シャルワ-ク』ハドレイ.R、ク−パ−.M、デ-ル.P、ステイシ−.G共著 小田兼三・清水隆則監訳 川島書
3 『コミュニティケアハンドブック』バ−バラ・メレディス著 杉岡直人・平岡公一・吉原雅昭訳 ミネルヴァ書房
4 『ネットワ−キング』 J.リップナック+J.スタンプス著 正村公宏日本語版監修 社会開発統計研究所訳 プレジデント社
履修上の注意事項や
学習上の助言など
本講義は、「地域福祉論T」を併せて受講することが望ましい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.