講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年
講義番号 S212 教科名 公的扶助論
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 李 在檍
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
本講義では、低所得者層に対する社会的支援のあり方を理解する。具体的には、生活保護、自立支援プログラム、低所得者への住宅
支援事業などの制度の内容を紹介した上で、制度を運営する各組織の役割・連携のあり方についても検討する。講義のなかでは、日
本の貧困対策の歴史的沿革、諸外国の動向、低所得者層の生活実態、福祉の具体的なニーズと実際の状況、今後の課題などに触れ、
受講生とともに、日本の今後の政策方向について考察する。
学生の学習
(行動)目標
1 貧困を取り巻く問題、生活保護制度の具体的内容について理解し、専門用語を用いて述べることができる。
2 低所得者に対する相談・支援活動の現状と問題点関係づけることができる。
3 自立支援プログラムの意義とその内容を理解し、支援方法に関するスキルを修得している。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション・公的扶助論概説 公的扶助の概念 シラバスを読んでおくこと。授業計画や評価、テキスト、参考書等を整
理しておくこと。
2
2回 貧困問題と公的扶助 貧困 社会的排除 ワークフェア テキスト:pp.18〜33を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理す
ること。
4
3回 公的扶助の歴史 救貧法 ベバリッジ報告 ニュー・デイール
政策
テキスト:pp.34〜59を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理す
ること。
4
4回 生活保護制度の仕組み(1)原理・原則 基本原理・原則 テキスト:pp.60〜70を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理す
ること。
4
5回 生活保護制度の仕組み(2)内容・方法 扶助の種類 保護施設 被保護者の権利・義務
生活保護の財源
テキスト:pp.71〜101を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
6回 最低生活保障の水準 最低生活保障 テキスト:pp.102〜123を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
7回 生活保護の動向(1)被保護人員・世帯数 被保護世帯数 保護の開始・廃止 テキスト:pp.124〜142を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
8回 生活保護の動向(2)医療扶助・介護扶助 医療扶助 介護扶助 テキスト:pp.143〜149を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
9回 低所得者対策(1)生活困窮者自立支援法 生活困窮者 テキスト:pp.150〜157を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
10回 低所得者対策(2)生活困窮者自立支援関連制度 生活福祉資金貸付制度 社会手当 テキスト:pp.158〜183を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
11回 生活保護の運営実施体制 福祉事務所 国と地方自治体の役割 テキスト:pp.184〜199を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
12回 貧困・低所得者に対する相談援助活動 相談援助活動 他機関・他職種との連携・協働 テキスト:pp.200〜227を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
13回 低所得者に対する自立支援(1)概念 自立 テキスト:pp.228〜231を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
14回 低所得者に対する自立支援(2)自立支援プログラム 自立支援プログラム ソーシャル・ワーク テキスト:pp.232〜246を読んでおくこと。配布資料に基づき要点を整理
すること。
4
15回 まとめ   テキストと配布資料を使って十分復習してくること。 6
16回 定期試験     0
60
成績評価 小テスト 20% 学修成果の
フィードバック
・レポートは、添削の上、返却する。
・小テストはその場で自己採点すること。間違った部分は、ノートに記録し、必ず復習し
ておくこと。
試験 60%
レポート 10%
学習態度 10% 備考 ・これまでの授業の理解度を問う小テストを1回実施する。
・レポートは期間中2回課す。指定のテーマについてまとめて提出する。
・学習態度は、授業へ積極的に参加する姿勢や授業中の発言・態度、準備学習の取組状況
を元に評価する。
その他 0%
100%
テキスト 「新・社会福祉士養成講座16 低所得者に対する支援と生活保護制度(第4版)」社会福祉士養成講座編集委員会編 中央法規 2016
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「生活保護手帳〈2013年度版〉」中央法規 2013年
2 平成28年版厚生労働白書 −人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える
履修上の注意事項や
学習上の助言など
本講義を受講する場合、社会保障の全体像をつかむために「社会保障論T」「社会保障論U」をあわせて受講することを望ましい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.