講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科1年、臨床心理学科1年
講義番号 S104 教科名 社会福祉援助技術総論
単位数 2 必・選 必須 開講時期 通年 担当者 田中 清
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
社会福祉援助と呼ばれる専門的援助実践の実情や役割および機能、多様な実践の共通課題、その歴史的経過や諸理論を学ぶことを
通じて、社会福祉実践における社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)を理解するとともに、専門的援助者としての視点の涵養をはか
ることを目標とする。具体的には、社会福祉援助技術の考え方と方法、個別的な援助や集団及び家族への援助並びに地域を基盤とし
た援助等の社会福祉援助技術の各論の基礎、社会福祉計画、社会福祉施設の管理運営、社会福祉調査、社会活動法などを学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
1相談援助専門職の専門性について理解し、ソーシャルワーカーの役割について説明することができる。 
2ソーシャルワークの定義や歴史について理解し、その理念についても考えることができる。
3専門職倫理について理解し、倫理綱領の役割について説明することができる。
4さまざまな分野で活躍するソーシャルワーカーの実態について理解し、問題点や課題について考えることができる。
5総合的・包括的援助の意義について理解し、ソーシャルワークの課題と方向性について考えることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 授業オリエンテーション〜この授業で何を学ぶのか? カリキュラム、シラバス 予習:学生便覧、シラバス等で本科目の位置づけを確認しておく 1
2回 「援助する」ことの意味〜なぜヒトは援助するのか? 援助、支援、関係性 予習:テキストの目次、全体に目を通しておく 1
3回 ソーシャルワークの定義と構成要素〜ソーシャルワークとは何か? ソーシャルワーク、定義、IFSW
ワーカー、クライエント、ニーズ、社会資源
予習:テキストP20〜43を読んでおく 1
4回 ソーシャルワークの実際〜福祉現場で働く人の声を聞く
(外部講師予定)
地域包括支援センター、相談支援事業所、老人
デイサービスセンター
予習:テキスト・参考書等で地域包括支援センターの概要を確認してお
1
5回 ソーシャルワーカーの役割〜社会福祉士とはどんな人か 社会福祉士、社会福祉士及び介護福祉士法 予習:テキストP2〜19を読んでおく 1
6回 ソーシャルワークの歴史(1)〜ソーシャルワークはどのようにして生まれたか? 源流、COS、セツルメント運動、青少年団
体活動
予習:テキストP44〜52を読んでおく 1
7回 ソーシャルワークの歴史(2)〜ソーシャルワークはどのようにして成立したか? リッチモンド、友愛訪問、個人と社会環境 予習:テキストP53〜61を読んでおく 1
8回 ソーシャルワークの歴史(3)〜ソーシャルワークはどのようにして発展したか? 診断主義、機能主義、統合、パールマン、批
判、バートレット
予習:テキストP62〜82を読んでおく 1
9回 ソーシャルワークの歴史(4)〜ソーシャルワークはどのように日本にもたらされ
たか?
戦前の社会事業、GHQ、浅賀ふさ、清水利
子、MSW
予習:テキストP58、P67、P75を読んでおく 1
10回 ソーシャルワークの価値と理念(1)〜価値とは、理念とは何か? 価値、理念、人間の尊厳 予習:テキストP84〜95を読んでおくこと 1
11回 ソーシャルワークの価値と理念(2)〜「人権尊重」とは何か? 権利、人権尊重、人権侵害 予習:テキストP84〜95を読んでおくこと 1
12回 ソーシャルワークの価値と理念(3)〜「社会正義」とは何か? 社会正義、社会問題、社会改革、インクルー
ション
予習:テキストP84〜95を読んでおくこと 1
13回 ソーシャルワークの価値と理念(4)〜「利用者本位」とは何か? 利用者本位、利用者中心主義、施設中心主義 予習:テキストP84〜95を読んでおくこと 1
14回 ソーシャルワークの価値と理念(5)〜「自立支援」とは何か? 自立、IL運動、ピープルファースト、自立支
予習:テキストP84〜95を読んでおくこと 1
15回 前期授業の振り返りと学習理解の確認 まとめ 予習:前期授業内容全体をふりかえり整理しておく 1
16回 ソーシャルワークと権利擁護(1)〜権利擁護とは何か? 人権侵害、権利擁護、アドボカシー 予習:テキストP96〜103を読んでおく 1
17回 ソーシャルワークと権利擁護(2)〜権利擁護のシステムと実際 成年後見制度、日常生活支援事業、苦情解決
制度
予習:参考書等で権利擁護システムの概要を確認しておく 1
18回 ソーシャルワーカーの倫理(1)〜専門職倫理とは何か? 専門職、職能集団、専門職倫理 予習:テキスト・参考書等で地域包括支援センターの概要を確認してお
1
19回 ソーシャルワーカーの倫理(2)〜倫理綱領とは何か? 倫理綱領、社会福祉士倫理綱領、行動規範 予習:テキストP122〜131を読んでおく 1
20回 ソーシャルワーカーの倫理(3)〜倫理的ジレンマとは何か? 倫理的ジレンマ、倫理的意思決定 予習:テキストP132〜140を読んでおく 1
21回 ソーシャルワーカーの専門性〜「専門性」とは何か? 専門性、専門知識、専門技術、専門的倫理 予習:テキストP170〜177を読んでおく 1
22回 ソーシャルワーカーの職種と範囲(1)〜ソーシャルワーカーとはどんなところで
働いているのか?
フィールド・ソーシャルワーク、レジデンシ
ャル・ソーシャルワーク、第1次、第2次
予習:テキストP178〜188を読んでおく 1
23回 ソーシャルワーカーの職種と範囲(2)〜医療保健分野のソーシャルワークの実際 病院、診療所、MSW、PSW 予習:テキストP183を読んでおく、参考書等で医療ソーシャルワー
カーの実践例を見ておく
1
24回 ソーシャルワーカーの職種と範囲(3)〜司法分野のソーシャルワークの実際 
(外部講師予定)
司法福祉、更生保護制度、刑務所、少年院、
保護観察所、地域生活定着支援センター
予習:テキストP183を読んでおく、参考書等で司法分野のソーシャ
ルワーカーの実践例を見ておく
1
25回 ソーシャルワーカーの職種と範囲(4)〜教育分野のソーシャルワークの実際 スクールソーシャルワーカー、スクールカウ
ンセラー
予習:テキストP183を読んでおく、参考書等でスクールソーシャル
ワーカーの実践例を見ておく
1
26回 総合的かつ包括的な相談援助(1)〜総合的かつ包括的の意味とは何か? 総合的、包括的、ホリステック、予防的機能 予習:テキストP190〜200を読んでおく 1
27回 総合的かつ包括的な相談援助(2)〜地域包括支援センターの実際 地域包括支援センター、保健師、主任ケアマ
ネ、社会福祉士
予習:テキストP190〜237を読んでおく 1
28回 総合的かつ包括的な相談援助(3)〜地域包括ケアとは何か? 地域包括ケア 予習:参考書等で地域包括ケアの実践例を見ておく 1
29回 後期授業の振り返りと学習理解の確認 まとめ 予習:後期授業の内容をふりかえり整理しておく 1
30回 通年授業のまとめと次年度に向けての学習課題 まとめ 予習:通年授業全体の内容をまとめて整理しておく 1
30
成績評価 小テスト 50% 学修成果の
フィードバック
・小テストは正解を提示し簡単な解説を行います。
・レポートは簡単なコメントをつけてお返しします。
試験 0%
レポート 20%
学習態度 30% 備考 ・小テストは2回のテスト(前期の重要項目整理、後期の重要項目
 整理)の結果をもとに評価します。
・レポートは、前期及び後期の2回のレポートで評価します。
・学習態度は、授業コメントの内容をもとに評価します。
その他 0%
100%
テキスト 『新・社会福祉士養成講座6 相談援助の基盤と専門職 第3版』社会福祉士養成講座編集委員会編、中央法規、2015、2,600円
(税別)
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『社会福祉士シリーズ6 相談援助の基盤と専門職』福祉臨床シリーズ編集委員会編、弘文堂
2 『ソーシャルワーク入門−相談援助の基盤と専門職』空閑浩人著、ミネルヴァ書房
3 『社会福祉学習双書2010−社会福祉援助技術論T』社会福祉学習双書編集委員会編、全社協出版部
履修上の注意事項や
学習上の助言など
シラバス、授業内容・評価等については、初回授業で詳しく説明します。授業では毎回「講義ノート」を配布し、それにそって進め
ます。授業の終わりに授業コメントを書いてもらいます。上記以外の参考書等は授業の中で随時紹介していきます。
大学における福祉援助科目の基礎的な科目であり、必修科目ですので、わかりやすく授業を進めます。基本的な知識や態度について
しっかりと身につけてください。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.