講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 4102 教科名 観光実務
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 孫 犁冰
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】 【態度・姿勢】 【汎用的能力】◎ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
観光産業の中心となる旅行業・宿泊行・交通運輸業の全般について概観する。
観光事業が国や地方自治体の観光政策や観光行政によってどのように発展したのかについて学ぶ。
旅行社、ホテル・旅館、航空会社、鉄道会社、バス会社、船会社などの観光事業における役割について理解し、各業界の最新動向を
知る。
学生の学習
(行動)目標
各自の観光体験に基づき、基本知識の学修を通じて、観光事業を経営側の視点で考え、新潟県観光振興の担い手になる準備をする。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 ガイダンス:ワークショップ 「私のホスピタリティ」 ホスピタリティ テキストを読んでおくこと。
課題提出。
0
2回 観光事業・観光ビジネスの特徴 観光庁、観光立国、観光産業の定義と種類、観
光産業・観光ビジネスの特徴
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
3回 旅行業の発展の歴史 近代の旅行業、旅行業の原型、日本の旅行業の
発展と変化、ITによる旅行業の変化
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
4回 旅行業の商品と形態 手配旅行、受注型企画旅行、募集型企画旅行。
ホールセーラー、リテーラー、消費者
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
5回 ゲスト・スピーカによる特別講義:観光プロモーションの「鷹の眼」 新鮮な目線でみる新潟 第1回〜第4回の内容を復習しておくこと。
授業後、特別講師への礼状提出。
0
6回 宿泊業の歴史と発展、様々な宿泊施設の定義と区分 日本のホテルの歴史、ホテルと旅館の定義、宿
泊施設の経営について
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
7回 ホテルの機能と業務 ホテルの種類と性格、都市ホテルの機能とサー
ビス、ホテルの発展傾向
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
8回 旅館の機能と業務 温泉観光地、旅館の機能と施設、旅館のサービ
スと業務、旅館の発展傾向
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
9回 観光交通ビジネス 観光と交通のかかわり、交通手段の発達が観光
地にもたらす影響、観光地を演出する交通手段
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
10回 テーマパーク テーマパークの定義、歴史と発展、テーマパー
ク・ビジネスの特徴
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
11回 観光施設 スキー場の歴史と現状、展示・観賞施設(動物
園、水族館、美術館、博物館など)
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
12回 ゲスト・スピーカによる特別講義:観光プロモーションの「蜻蛉の眼」 新鮮な目線でみる新潟 第6回〜第11回の内容を復習しておくこと。
授業後、特別講師への礼状提出。
0
13回 観光と情報 観光行動と情報、観光情報の媒体、効果的な観
光政策と観光行政
前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
14回 新潟県の観光振興を考えよう レルヒ、トキ、佐渡 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
15回 全体まとめ:ワークショップ 「新潟観光の起爆剤」 新潟観光の可能性を掘り起こそう 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。最
終レポート提出。
0
0
成績評価 小テスト 30% 学修成果の
フィードバック
・課題は添削して返却する。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 20% 備考 ・講義12回、ゲスト・スピーカによる講演2回、演習1回。
・全15回のまとめレポートおよび5回課題提出が評価の中心となる。
・15回目には授業の全範囲をふりかえるワークショックを行い、合わせて15回を範囲
とするレポートを作成し提出する。
その他 0%
100%
テキスト 『観光学基礎』、潟Wェイティビー能力開発(2011)
※『観光入門』の授業と同じテキストです。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 寺島実郎著『新・観光立国論』NHK出版(2015)
2 デービッド・アトキンソン著『新・観光立国論』東洋経済新報社(2015)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
事前学習と事後復習が必要。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.