講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 2326 教科名 インテリアデザイン実習
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 五十嵐 由利子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】  【技能・表現】◎  【態度・姿勢】〇  【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
インテリアデザイン概論で学んだことをもとに、インテリアの構成材についてさらに理解を深め、具体的に室内のインテリアデザイ
ンを室内透視図や模型で表現できるようにする。
学生の学習
(行動)目標
インテリアデザインの基本をもとに、実際に室内透視図や模型で表現できる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション
インテリア構成材について
インテリアデザイン、室内透視図、模型製作、
ファブリック素材
前年度までの履修学生製作の作品を提示するので、自らの構想を実現で
きるよう次週からの授業に臨む。
0
2回 平面計画1 製図の基本、製図方法 作図が遅れているものは、次週まで所定のところまでやっておくこと。 0
3回 平面計画2 製図方法 作図が遅れているものは、次週まで所定のところまでやっておくこと。 0
4回 平面計画3 製図方法 作図が遅れているものは、次週まで完成させておくこと。 0
5回 室内投資図1 アクソメ、アイソメ 作図が遅れているものは、次週まで完成させておくこと。。 0
6回 室内投資図2 一消点法 作図が遅れているものは、次週まで所定のところまでやっておくこと。 0
7回 室内投資図3 一消点法 作図が遅れているものは、次週まで完成させておくこと。 0
8回 室内模型の制作1 室内模型 模型製作が遅れているものは、次週まで所定のところまでやっておくこ
と。
0
9回 室内模型の制作2 室内模型 模型製作が遅れているものは、次週まで所定のところまでやっておくこ
と。
0
10回 室内模型の制作3 室内模型 模型製作が遅れているものは、次週まで完成させておくこと。 0
11回 室内模型の制作4 家具模型製作 家具模型製作が遅れているものは、次週まで完成させておくこと。 0
12回 インテリア構成材1 内装材 壁装材、カーペット、繊維素材 制作した模型に適した内装材の添付が遅れているものは、次週まで完成
させておくこと。
0
13回 インテリア構成材2 ウィンドトリートメント カーテン、繊維素材 制作した模型に適したカーテンの添付が遅れているものは、次週まで完
成させておくこと。
0
14回 インテリア構成材1 照明器具と照明計画 照明器具、照明方法、配光分布 制作した模型に適した照明器具の添付が遅れているものは、次週まで完
成させておくこと。
0
15回 まとめ(プレゼンテーションを含む) インテリアデザイン 実習で完成した作品についてのプレゼンテーションの準備を行う。 0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・実習過程において、誤りを指摘し、またより良い作品に仕上げるためのアドバイスを行
う。
・完成した作品に対し、改善点をコメントする。
試験 0%
レポート 20%
学習態度 10% 備考 ・各実習単位での作品を評価する。
・学習態度は、授業への参加状況を元に評価する。
・その他:室内透視図、模型の各製作過程と結果及び最終レポートで評価する。
その他 70%
100%
テキスト テキストは使用しない。
資料の配布を行う。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
「インテリアデザイン概論」取得者のみ。
平面図と室内透視図の実習に用いる製図用具等は大学で用意するが、鉛筆(2B、HB、2H)、消しゴムは各自用意すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.