講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 5241 教科名 編入専門科目U
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 遠藤 かえで
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】◎ 【態度・姿勢】◎ 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
英語学・言語学または英文学を専攻とする四年制大学の学部・学科への編入試験対策のクラスです。
この講義では、「編入専門科目」の内容を復習したうえで、実際の編入問題の過去問を解く演習を行ないます。具体的には、受講生
がテキスト・ハンドアウトの内容を予習したうえで授業に臨み、教員がその理解を確認・補足する形で授業を進めます。
上記以外の学部・学科志望の場合は、個別に対応します。
学生の学習
(行動)目標
1)英語学・英文学の基礎知識の確認を行う。
2)編入試験専門問題の出題傾向に習熟する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 修辞法 誇張法・緩叙法・擬人法 授業で扱った内容の復習を行いながら課題の予習、和訳を準備する 1
2回 隠喩 直喩と隠喩 授業で扱った内容の復習を行いながら課題の予習、和訳を準備する 1
3回 小説の文体 語り 授業で扱った内容の復習を行いながら課題の予習、和訳を準備する 1
4回 語りの構造と視点 全知の語り手 授業で扱った内容の復習を行いながら課題の予習、和訳を準備する 1
5回 話法 自由間接話法 授業で扱った内容の復習を行いながら課題の予習、和訳を準備する 1
6回 小説の時制 『ベニスのピノキオ』 授業で扱った内容の復習を行いながら課題の予習、和訳を準備する 1
7回 編入試験過去問演習(以降最終週まで継続) 新大人文・H20問題演習 復習:授業で学んだ語彙、用法などの確認をする
予習:課題用の和訳問題を準備する
1
8回 編入試験過去問演習 新大人文・H20問題演習 復習:授業で学んだ語彙、用法などの確認をする
予習:課題用の和訳問題を準備する
1
9回 編入試験過去問演習 新大人文・H21問題演習 復習:授業で学んだ語彙、用法などの確認をする
予習:課題用の和訳問題を準備する
1
10回 編入試験過去問演習 新大人文・H21問題演習 復習:授業で学んだ語彙、用法などの確認をする
予習:課題用の和訳問題を準備する
1
11回 編入試験過去問演習 新大人文・H22問題演習 復習:授業で学んだ語彙、用法などの確認をする
予習:課題用の和訳問題を準備する
1
12回 編入試験過去問演習 新大人文・H22問題演習 復習:授業で学んだ語彙、用法などの確認をする
予習:課題用の和訳問題を準備する
1
13回 編入試験過去問演習 新大人文・H23問題演習 復習:授業で学んだ語彙、用法などの確認をする
予習:課題用の和訳問題を準備する
1
14回 編入試験過去問演習 新大人文・H23問題演習 復習:授業で学んだ語彙、用法などの確認をする
予習:課題用の和訳問題を準備する
1
15回 編入試験過去問演習 弱点分析と今後の課題 復習:授業でで学んだ語彙、用法などの確認をする
夏季休暇中の学習計画を作成する
1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
毎回出される課題は、間違っている箇所を示して返却します。まず自分で添削して再提出
し、教員はそれを添削して返却します。間違いは記録し、復習しておいてください。
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 ・「授業への取り組み」(50%)と「授業内容の理解度」(50%)をもとに成績評価を行ない
ます。
・定期試験は実施しません。
その他 100%
100%
テキスト 適宜プリントを配布します。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『英語の作法』斉藤兆史著(東京大学出版会、2008)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・「編入専門科目T」を履修した学生を対象としています。
・「編入基礎英語V」も併せて履修すること。
・志望校によって内容を変更することがあります。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.