講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 5219 教科名 メディア英語
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 遠藤 かえで
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】 【態度・姿勢】 【汎用的能力】◎」
授業の概要
(教育目標を含む)
テレビや新聞、インターネットなど様々なメディアを通じて流されるニュース英語を理解するための基礎力の養成を目的としていま
す。ラジオやテレビのニュースの聞き取り、新聞及びインターネットを利用した英語の読解訓練などの演習をします。また、時事問題
や簡単な経済用語などの解説も授業の中で行ないますが、受講生は新聞やテレビなどで普段から知識を身に付けるよう心掛け、社会
情勢にも注意を払うことを勧めます。さらに、日本と海外のメディアのニュースの取り扱いの違いなどにも目を向け、メディアリテ
ラシーの問題も扱います。
学生の学習
(行動)目標
1.英字新聞の構成がわかる
2.簡単な英語の記事が読める
3.短いニュースなどの聞き取りができ、内容の把握ができる
4.身の回りの出来事を記事やニュースにして英語で他人に知らせることができる
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション
英字新聞の構成
最近のニュース
headlineの読み方1
復習:headlineの読み方1を確認する。
予習:上記を踏まえて課題のシートの用法を特定する。
1
2回 いろいろなheadline
ニュースの聞き方
headlineの読み方2
ニュースの聞き取り
復習:headlineの読み方2をかくにんする。
予習:各用法のheadlineを英字新聞から探す。
1
3回 leadの読み方
週刊誌や雑誌の記事
leadの読み方と役割
news reportの聞き取りと読解
復習:授業の復習、ニュースシートの語彙の確認。
予習:課題の記事を読み内容の概略を把握してくる。
1
4回 bodyの読み方
インターネットニュースの活用法
bodyの読み方
メデイアの比較
復習:学習内容と語彙の確認。
予習:課題の記事を読み内容の概略を把握してくる。
1
5回 記事の読解とニュースの聴解など 記事の比較
Media Literacy
復習:学習内容と語彙の確認。
予習:課題の記事を読み内容の概略を把握してくる。
1
6回 記事の読解とニュースの聴解など News Search
Media用語
復習:学習内容と語彙の確認。
予習:vocabulary quizの準備と課題記事の内容把握。
1
7回 記事の読解とニュースの聴解など News Search
Newsの聞き取り
復習:学習内容と語彙の確認
予習:課題の記事を読み内容の概略を把握してくる。
1
8回 記事の読解とニュースの聴解など 記事の背景を探る
News reportの聞き取りと読解
復習:学習内容と語彙の確認
予習:課題の記事を読み内容の概略を把握してくる。
1
9回 記事の読解とニュースの聴解など 記事の比較
Media Literacy
復習:学習内容と語彙の確認
予習:課題の記事を読み内容の概略を把握してくる。
1
10回 記事の読解とニュースの聴解など News Search
Media用語
復習:学習内容と語彙の確認
予習:課題の記事を読み内容の概略を把握し、比較してくる。
1
11回 記事の読解とニュースの聴解など 記事の背景を探る
News reportの聞き取りと読解
復習:学習内容と語彙の確認
予習:各自課題の記事を精読し発表に備える。
1
12回 記事の読解とニュースの聴解など ニュースの発表と解説 復習:学習内容と語彙の確認
予習:各自課題の記事を精読し発表に備える。
1
13回 記事の読解とニュースの聴解など ニュースの発表と解説 復習:学習内容と語彙の確認
予習:各自課題の記事を精読し発表に備える。
1
14回 記事の読解とニュースの聴解など ニュースの発表と解説 復習:学習内容と語彙の確認
予習:各自課題の記事を精読し発表に備える。
1
15回 記事の読解とニュースの聴解など まとめ 復習:学習内容と語彙の確認。Media Literacyについて自分の意見を整
理する。
1
15
成績評価 小テスト 10% 学修成果の
フィードバック
・レポートは添削の上、返却します。再提出を求められる場合もあります。
・授業内で行ってもらうニュース解説もあらかじめ提出してもらい間違いなどがあれば添
削して返却しますので、相違点は復習しておいてください。
試験 0%
レポート 30%
学習態度 30% 備考 授業で学習したことの理解と定着をはかるため小課題を課します
が、その提出状況と内容でレポートの30%、授業中にやってもら
うニュース解説の出来具合を勘案して、その他の30%の評価をす
ることとします。また、学習態度は、授業に対する積極性、授業内
課題の取り組みなどを評価します。
その他 30%
100%
テキスト 特にテキストは使用せず、最新のニュースなどをプリントしたハンドアウトを適宜使います。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
普段から新聞やニュースに関心を持って接することが必要です

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.