講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科2年
講義番号 0056 教科名 プレゼンテーション技術演習
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 村山 和恵
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】◎ 【態度・姿勢】 【汎用的能力】◎ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
この授業は、Microsoft PowerPointを用いてプレゼンテーションを行えるようになることを目的とするが、単にソフトウェアの操作
方法だけを習得するだけではなく、プレゼンテーションを行うための企画立案や、情報収集、実際にプレゼンテーションを行う際の
発表技術(言葉づかいや話し方、表情といったことも含む)などを、課題作成を通して考え、効果的なプレゼンテーションテクニッ
クの基本を理解する。
ソフトウェアの利用技術を習得することに関しては、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催の「PowerPointプレゼン
テーション技能認定試験」の初級に合格できるレベルを目標として学習し、発表技術に関しては、方法を学習することはもとより、
発表を行う機会をとおして感覚をつかんでもらいたい。
学生の学習
(行動)目標
・発表したい内容を、PowerPointで実現できるだけの利用スキルを身に付ける
・聞き手のことを考えたプレゼンテーションの組み立てができる
・伝わり易さに配慮した発表技術を理解する
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 ガイダンス 授業の進め方、プレゼンテーションとは何か 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
2回 PowerPoint利用技術@ スライドの成、レイアウト、プレースフォル
ダ、ハイパーリンク、図、アニメーション
【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
3回 PowerPoint利用技術A スライドの成、レイアウト、プレースフォル
ダ、ハイパーリンク、図、アニメーション
【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
4回 PowerPoint利用技術B スライドの成、レイアウト、プレースフォル
ダ、ハイパーリンク、図、アニメーション
【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
5回 PowerPoint利用技術C
課題 *次週資料配布
演習問題 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
6回 プレゼンテーションとは、プレゼンテーションの流れを考える
課題制作@ *次週資料配布
テーマと目的、アピールしたいポイントの決
定、聞き手のニーズ想定
【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
7回 課題制作A *次週資料配布 必要なデータを収集、効果的な話の組み立て
(三段構え)
【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
8回 課題製作B *次週資料配布 見やすいスライドの条件、図表の活用 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
9回 課題製作C *次週資料配布 時間配分、シナリオ、リハーサル 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
10回 発表技術@ *次週資料配布 話し方、言葉遣い 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
11回 発表技術A  *次週資料配布 ジェスチャー、姿勢、視線、表情 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
12回 発表技術B:課題発表のリハーサル  *次週資料配布 リハーサル機能、スライドショー機能 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。
1
13回 課題発表:各自の課題をプレゼン、評価 スライドの見易さ、発表の聞きやすさ 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】他者の発表から学んだポイントを整理する。
1
14回 課題発表:各自の課題をプレゼン、評価 スライドの見易さ、発表の聞きやすさ 【予習】配布資料に目を通してくること。
【復習】他者の発表から学んだポイントを整理する。
1
15回 まとめ   【復習】演習で学習したことを繰り返し練習すること。 1
15
成績評価 小テスト 40% 学修成果の
フィードバック
・レポートは、添削の上、返却する。
試験 0%
レポート 45%
学習態度 15% 備考 以下の要素から成績評価を行う

1.授業態度(学習理解の確認、授業への積極性などをもとに総合
評価) 15点
2.小テスト(演習問題) 40点 
3.レポート(発  表) 45点
その他 0%
100%
テキスト 使用しない。適宜プリントを配布する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 PowerPointプレゼンテーション技能認定試験問題集(2016対応)株式会社サーティファイ 2310円(税込み)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会主催の「PowerPointプレゼンテーション技能認定試験」の2級に合格するだけのス
キルを身につけることが可能なので、本講義の開講期間内に積極的に受験をしてほしい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.