講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 1224 教科名 ストアワーク実務演習
単位数 1 必・選 選択 開講時期 集中(後期) 担当者 小林 しほり
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】〇 【態度・姿勢】〇 【汎用的能力】〇 」
授業の概要
(教育目標を含む)
近年、人口減少に伴う需要の縮小、情報化・グローバル化の急速な進展などにより、市場構造や商工業を取り巻くビジネス環境は大
きく変化しています。消費者や顧客の多様化したニーズに応えることはもちろんのこと、市場を創造する企画・提案力やサービス提
供力の強さが事業の勝敗を左右する時代です。また、「売上を伸ばすにはどうすればよいのか」を探るために、企業はあらゆる手段
を用いて、その答えを模索しています。講義では、販売士検定3級試験のテキストを使用して、ストアワーク実務および流通業の経営
に関して多方面にわたる実践的なビジネスのノウハウを学び、集中講義形式での短期習得を目指します。
学生の学習
(行動)目標
1.流通小売業の店舗運営について「販売士検定3級レベル」の実務を理解できる。
2.最近の流通小売業の知識情報を習得し、説明できる。
3.企業・店舗・組織の売上・利益が上がる仕組みを理解し、説明できる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 ・ガイダンス、「@小売業の類型」 ・流通における小売業の基本的役割
・店舗形態別小売業の基本的役割
・販売士ハンドブック(基礎編)全5冊に目を通してくること
・「要点理解と問題演習」の@Aに目を通してくること
2
2回 ・チェーンストアの基本的役割、・商業集積の基本的役割と仕組み ・チェーンオペレーションの基本知識
※その他「要点理解と問題演習」中の用語
・「 〃 」 1
3回 「Aマーチャンダイジング」・商品の基本的知識、・マーチャンダ
イジングの基本、・商品計画の基本
・商品の品質3要素
・マーチャンダイジングの基本的考え方
・「 〃 」 1
4回 ・仕入計画・在庫管理の基本的役割、・販売管理の基本的役割、・
価格決定の基本的考えかた、・利益追及の基本知識
・販売計画・仕入計画・在庫管理の基本知識
※その他「要点理解と問題演習」中の用語
・「 〃 」 1
5回 「Cマーケティング(その1)」・マーケティングの基本的考えかた ・小売業のマーケティング、マーケティングリ
サーチの基本知識
・「要点理解と問題演習」のCに目を通してくること 2
6回 ・顧客管理・販売促進の基本的役割、・商圏設定と出店の基本的考
えかた
・販売促進策の特徴、商圏モデル
※その他「要点理解と問題演習」中の用語
・「 〃 」 1
7回 「D販売・経営管理(その1)」・販売事務と計数管理の基本的知識
@
・販売事務の意義と作業内容
・計数管理の必要性
・「 〃 」 1
8回 ・販売事務と計数管理の基本的知識A ・売買損益計算法
※その他「要点理解と問題演習」中の用語
・「 〃 」 1
9回 「Bストアオペレーション」・ストアオペレーションの基本的役
割、・ディスプレイの基本的役割
・ローコストオペレーション、発注システム
・包装技術、ディスプレイのパターン
・1回〜8回の講義内容をふりかえり、整理しておくこと
・「要点理解と問題演習」のBに目を通してくること
4
10回 ・作業割当ての基本的役割、・人的販売の基本的な考えかた ・購買心理過程と接客販売技術
※その他「要点理解と問題演習」中の用語
・「 〃 」 1
11回 「Cマーケティング(その2)」・売り場づくりの基本的考えかた ・売り場作りの手順
・照明と色彩の活用
・「 〃 」 1
12回 「D販売・経営管理(その2)」・販売員の基本業務、・販売員の法
令知識
・小売業に関する主な法規
※その他「要点理解と問題演習」中の用語
・9回〜12回の講義内容をふりかえり、整理しておくこと 4
13回 ・試験直前対策@、・講義のまとめ・演習 ・損益計算書における利益などの種類
・計算問題
・「要点理解と問題演習」のDに目を通してくること
・1回〜12回の講義内容をふりかえり、整理しておくこと
2
14回 ・試験直前対策A、・講義のまとめ・演習 ・売買損益の計算法
・計算問題
・「 〃 」 2
15回 ・試験直前対策B、・模擬問題解説 ・売買損益計算の手順
・計算問題
・「 〃 」 2
16回 ・定期試験     4
30
成績評価 小テスト 30% 学修成果の
フィードバック
・主にテキスト「要点理解と問題演習」による過去問題の分析、口頭での質疑応答を行
い、各自の理解度を確認する。
・小テストおよび定期試験は、原則自己採点とし、申告する。間違った部分は、ノートに
記録する等し、必ず復習すること。
試験 30%
レポート 0%
学習態度 40% 備考 ・9回目、12回目に授業の理解度を問う小テストを実施する。
・16回目には授業の全範囲を試験範囲とする試験を行なう。
・学習態度は、授業中の発言、授業中の態度を元に評価する。
その他 0%
100%
テキスト ・「販売士検定試験3級ハンドブック<最新版>」、潟Jリアック(7,000円)
・「要点理解と問題演習(販売士検定試験3級)<最新年度版>」、実教出版(1,200円)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
※授業運営は初回に配布するレジュメに基づいてすすめる。テキストの量はかさぱるが、毎回、テキスト、レジュメ、資料を用意す
ること。
※2月に実施される3級販売士検定試験に連動した内容となっており、受験することが望ましいが、3級試験の受験が必須条件ではな
い。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.