講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 4209 教科名 旅行実務V
単位数 2 必・選 選択 開講時期 集中(前期) 担当者 青木 繁博、山内 直美
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】  【態度・姿勢】  【汎用的能力】○ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
旅行実務Tと旅行実務Uで学んだこととあわせ、一連の講座の主要目的であり、旅行業には欠かせない資格である国内旅行業務取扱管
理者試験への合格を目指して、9月上旬に実施される試験に向けての直前対策を行います。旅行業法・約款・運賃料金・国内地理の各
科目について過去問題と練習問題を実際に解くなど最後の仕上げをします。
学生の学習
(行動)目標
1.条文を繰り返し読む習慣をつける
2.練習問題や過去問題を繰り返し解くことで出題傾向を把握する
3.旅行実務Tと旅行実務Uの学習項目も復習し内容を理解する
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 旅行実務T・Uの復習(1) 旅行業法 旅行業法 @旅行実務Tの復習 A問題演習に向けた予習 4
2回 旅行実務T・Uの復習(2) 旅行業約款 旅行業約款 @旅行実務Tの復習 A問題演習に向けた予習 4
3回 旅行実務T・Uの復習(3) JR運賃・料金 JR運賃・料金 @旅行実務Uの復習 A問題演習に向けた予習 4
4回 旅行実務T・Uの復習(4) 国内地理 国内地理 @旅行実務Uの復習 A問題演習に向けた予習 4
5回 運送約款:航空・フェリー・貸切自動車(JR以外の運送機関の約款説明) 運送約款 各種約款について予習しておく 4
6回 宿泊約款:旅館・ホテル 宿泊約款 同上 4
7回 国家試験対策としての総復習・過去問研究(1) 復習 @国家試験対策準備としてのこれまでの学習内容の復習 A教科書に★が
3つある条文の復習
4
8回 国家試験対策としての総復習・過去問研究(2) 同上 同上 4
9回 国家試験対策としての総復習・過去問研究(3) 同上 同上 4
10回 予想問題・練習問題・過去問題を解いて理解を深める(1) 問題演習 @前回の復習 A配布したプリントの問題を予習する 4
11回 予想問題・練習問題・過去問題を解いて理解を深める(2) 同上 同上 4
12回 予想問題・練習問題・過去問題を解いて理解を深める(3) 同上 同上 4
13回 実践的問題演習(1) 実践演習 @前回の復習 A配布したプリントの問題を復習する 4
14回 実践的問題演習(2) 同上 同上 4
15回 実践的問題演習(3) 同上 同上 4
16回 定期試験     0
60
成績評価 小テスト 40% 学修成果の
フィードバック
 
試験 50%
レポート 0%
学習態度 10% 備考 授業態度の重視
小テストを数回実施
その他 0%
100%
テキスト 『旅行業法』2017年3月発刊・JTB総合研究所出版・2670円、『旅行業約款 運送・宿泊約款』2017年3月発刊・JT
総合研究所出版・2670円、『国内運賃・料金』2017年3月発刊・JTB総合研究所出版・2460円、『国内観光資源』20
17年3月発刊・JTB総合研究所出版・2360円、適宜プリント配布
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 JRの大判時刻表(2017年4月以降)、出版社JTBパブリッシングまたは(株)交通新聞社・1183円
2 旅に出たくなる地図 日本編 、出版社帝国書院・2590円
3 国内旅行業務取扱管理者試験 科目別速習問題集 2017年版、出版社JTB総合研究所・1950円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
この講座は国内旅行業務取扱管理者試験の準備をするものです。9月に行われる試験で資格を取得することも主な目的となっていま
す。
旅行実務T・Uを学んでから旅行実務Vを学び、さらに力をつけて下さい。
集中講義のため、1日欠席すると数回分の内容がわからなくなるので、できるだけ授業を休まないようにして下さい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.