講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 4105 教科名 国内観光資源
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 青木 繁博
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】  【態度・姿勢】○ 【汎用的能力】○ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
日本各地のさまざまな名所・旧跡、温泉、祭、名産品や郷土料理など、観光に関連する地理の知識を増やすことを目的とします。
前半の授業では旅行地理検定国内4級を取得できるレベルの実践的な問題演習を行います。後半では国内3級や旅行業務取扱管理者
試験にも対応できるよう学修を進めます。この授業で扱う項目は基本的なものですが、ここで基礎力を身につけ、これを足がかりに
更なるレベルに対応する力を養うことが最終的な目標です。
学生の学習
(行動)目標
1) 旅行地理検定4級レベルの問題全般に適切に解答することができる。さらに一部の分野については上級の知識を問う問題にも対応
できる。
2) 観光地理の学修に関し明確な目標と今後の展望を持ち、積極的に問題演習に取り組むなどポジティヴな学修行動がとれる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 イントロダクション 都道府県の把握 次回以降の学習につながるよう、全都道府県を把握していない者は復習
しておくこと。
1
2回 基本テーマ学習 (1) 温泉@ 東日本の温泉 予習:あらかじめテキストを読んで各物件に目を通す。 4
3回 基本テーマ学習 (2) 温泉A 西日本の温泉 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。小テストの準備をする。
4
4回 基本テーマ学習 (3) 自然@ 山、高原、渓谷、島、半島 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。小テストの準備をする。
4
5回 基本テーマ学習 (4) 自然A 海岸、岬、湖、川、滝、鍾乳洞 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。検定の準備をする。
5
6回 基本テーマ学習 (5) 文化@ 寺社、城跡、主な観光地 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。検定の準備をする。
5
7回 基本テーマ学習 (6) 文化A 現代の観光施設、祭・イベント、名物料理 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。検定の準備をする。
5
8回 エリア学習 (1) 北海道、東北エリア 白神山地、知床、平泉 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。小テストの準備をする。
4
9回 エリア学習 (2) 関東、中部エリア 白川郷・五箇山、日光、富岡製糸場 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。小テストの準備をする。
4
10回 エリア学習 (3) 関西、中国・四国エリア 厳島神社、熊野、石見銀山 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。小テストの準備をする。
4
11回 エリア学習 (4) 九州、沖縄エリア 屋久島、グスク、産業遺産 予習:あらかじめテキストを読んで各項目に目を通す。復習:授業時の
説明やネットなどから得た情報まとめる。小テストの準備をする。
4
12回 応用学習 (1) 旧国名、名産品、特産品 復習:テーマに沿って各物件の特徴をまとめておくこと。 4
13回 応用学習 (2) JRの路線・最寄り駅と観光資源 復習:テーマに沿って各物件の特徴をまとめておくこと。 4
14回 応用学習 (3) 祭と開催月、今話題の観光施設 復習:テーマに沿って各物件の特徴をまとめておくこと。 4
15回 まとめ 観光地理の専門知識、観光地理の学習とキャリ
アプラン、観光に関係する各種資格
復習:あらかじめ説明した問題形式・出題範囲・難易度等を把握した上
で、試験に向けた準備をすること。
4
16回 定期試験     0
60
成績評価 小テスト 40% 学修成果の
フィードバック
・小テストで基準の点(おおむね60%)に満たない場合は再テストを実施することがある
ので注意すること。

・小テストは原則として返却しませんが、問題は手元に残るのできちんと復習しておくこ
と。また、小テストで出題した問題の類題を試験に出題することがあるので、よく見なお
しておくこと。
試験 40%
レポート 0%
学習態度 20% 備考 ・小テストは4〜5回実施する予定。範囲等は事前にお知らせします。

・学習態度は旅行地理検定試験(国内4級)への取り組みを評価するほか、グループ学習
を含む授業時の取り組み、サブノートの提出などを含みます。
その他 0%
100%
テキスト テキストは以下の2冊です:
『すぐに役立つ 国内旅行地理ベーシック 300+α』JTB総合研究所、2015年、2160円
『国内観光地理サブノート』JTB総合研究所、2015年、820円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・学ぶべき範囲は広く、各自のレベルに応じた予習復習も必要となるため、充分な勉強時間と積極的な取り組みが求められます。
・受講期間中に旅行地理検定試験(国内4級)を原則として全員受験します(検定料が2100円かかります)。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.