講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 4119 教科名 アジアの地誌
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 櫛谷 圭司
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎  【技能・表現】   【態度・姿勢】   【汎用的能力】○ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
アジア各地の地誌的特徴のうち、各国・都市の歴史的・社会的特徴や世界遺産などの観光資源について、知識と理解を深めてもら
う講義である。
 取り上げる内容は海外旅行地理検定2〜3級程度の水準とし、全回をきちんと学習した場合に海外旅行地理検定3級に合格する程
度の知識が身につくこと(講義で扱うアジアの範囲についてのみ)を目標とする。ただし、実際の受験に備えた講義は行わない。
学生の学習
(行動)目標
日本および新潟と関わりの深いアジアの代表的な国・都市の地誌的特徴について理解し、自分の言葉で説明できるようになること
が目標である。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 はじめに
東アジア:中国(北京)の歴史的・社会的特徴と観光資源
中国、北京 地図帳を用意しアジアの国々の位置関係を確認しておくこと。 2
2回 東アジア:中国(東北地方)の歴史的・社会的特徴と観光資源 中国、ハルビン、長春、大連 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
3回 東アジア:中国(上海・江南地方)の歴史的・社会的特徴と観光資源 中国、上海、蘇州 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
4回 東アジア:中国(西安と西域)の歴史的・社会的特徴と観光資源 中国、西安、新疆 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
5回 東アジア:中国(華南)の歴史的・社会的特徴と観光資源 中国、広州、厦門 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
6回 東アジア:中国(香港・マカオ)の歴史的・社会的特徴と観光資源 中国、香港、マカオ 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
7回 東アジア:台湾の歴史的・社会的特徴と観光資源 中国、台湾 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
8回 中央アジア:モンゴルの歴史的・社会的特徴と観光資源 モンゴル、ウランバートル 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
9回 北アジア:ロシア極東の歴史的・社会的特徴と観光資源 ロシア、ハバロフスク、ウラジオストク 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
10回 東アジア:韓国の歴史的・社会的特徴と観光資源 韓国、ソウル、プサン、慶州 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
11回 東南アジア:タイの歴史的・社会的特徴と観光資源 タイ、バンコク、アユタヤ 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
12回 東南アジア:マレーシアとシンガポールの歴史的・社会的特徴と観光資源 マレーシア、クアラルンプール、マラッカ、
シンガポール
前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
13回 東南アジア:ベトナムの歴史的・社会的特徴と観光資源 ベトナム、ホーチミン、ホイアン 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
14回 東南アジア:カンボジアの歴史的・社会的特徴と観光資源 カンボジア、プノンペン、アンコール 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
15回 東南アジア:ミャンマーの歴史的・社会的特徴と観光資源 ミャンマー、ヤンゴン 前回の講義の内容に関する小テストを行うので必ず復習をしておくこ
と。
2
16回 期末試験(定期試験)     0
30
成績評価 小テスト 50% 学修成果の
フィードバック
小テストは、回収して採点の上、次回の授業の開始直後に返却する。
試験 35%
レポート 0%
学習態度 15% 備考 ・前回の授業の理解度を確認する小テストを毎回の授業の冒頭で実施する。
・小テストの合計点と期末試験の点数、および学習態度を左の割合で合算し、100点満点
で評価し60点以上を合格とする。
その他 0%
100%
テキスト 地図帳(中学・高校の授業で使用したものでもよい)を毎回持参すること。
それ以外にテキストは使用せず、必要に応じて資料を配布する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『今がわかる時代がわかる世界地図 2017年版』 成美堂出版、2016年、1600円(税別)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
(1) 講義の第2回以降では、講義に先だって前回の内容に関する小テストを行うので、必ず復習をすることが求められる。
欠席した回の小テストの点数は0点となるので、欠席回数が多いと期末試験の点数が高くても合格点に達しないことがある。
(2) 小テストと期末試験は、いずれも地図帳を見ながら解答してもらう。地図帳を持参しないと点数が低くなる可能性がある。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.