講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 5130 教科名 パフォーマンス入門
単位数 2 必・選 選択 開講時期 集中(前期) 担当者 土永 典明
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】  【態度・姿勢】〇  【汎用的能力】 〇」
授業の概要
(教育目標を含む)
私たちは子供のころから「こうしたほうが「いいのではないか」「こうあらねばならない」と家族、友だちの間で自分自身を演じな
がら生活している。それは成長するにしたがい自分自身を閉じ込める固い殻になっていく。その殻を破り、自分自身の大いなる可能
性を見つける講座。
学生の学習
(行動)目標
1、他者とコミュニケーションを図ることができる。
2、自分の言葉で自分の思いを伝えることができる。
3、自分の本当の気持ちをきっちりと見つめることができる。
4、上記を総合して伝えるべきパフォーマンスができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 コミュニケーション・表現観 コントロールドラマについて コントロールドラマ <予習>シラバス全体をよく読んでおくこと。 4
2回 自分本来の姿を知る〜ウオーキング・心や身体のリラックス 自己解放 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
3回 無意識の中の自分と出会う〜感情からくる表現 自己解放 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
4回 自分へ集中する〜五感からの表現 自己集中 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
5回 自分を見つめる〜五感からの表現・感情について 自己集中 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
6回 自分本来の姿を積極的に知る〜 自己表現 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
7回 イメージトレーニング〜模倣・体(表現)の伝達 自己表現 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
8回 トーク・プレー〜日常会話(語感)による表現 自己表現 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
9回 イマジネーション・プレー〜自分を自由に表現する 自己想像 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
10回 イマジネーション・プレー〜想像し自分を表現する 自己想像 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
11回 ロールプレー〜言葉の主張 自己想像 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
12回 創造性、感性、直感力を探す 自己創造 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
13回 自分の表現を作品にする 自己創造 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
14回 自分の表現の作品・発表 発見表現 前回の授業の復習をよくしておくこと。 4
15回 総合的な授業のまとめ 〜想像から創造することとコミュニケーシ
ョンの重要性〜
振り返り 確認する <復習>授業全体を振り返り、学んだことを再確認しておくこと。 4
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・演習で間違った部分は、必ず復習して確認しておくこと。
試験 0%
レポート 0%
学習態度 40% 備考 ・学習態度はグループワークへの参加、態度、メンバーへの貢献度
で評価する。その他は、自分を表現するという講座内容なので、正
解がないぶん課題にたいして意欲的に取り組む姿勢を重視します。
その他 60%
100%
テキスト その都度必要に応じて渡します。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
動きやすい服装。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.