講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 1217 教科名 外国為替入門
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 孫 犁冰
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 【技能・表現】 【態度・姿勢】 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
外国為替入門とは、自国通貨と他国通貨の交換に関する知識を解説する講義である。
外国為替とは、ドルと円、ユーロとドルなど異なる通貨を交換(取引、売買)することであり、
グローバル化の中で、カネの流れを知るためには、外国為替の知識が必要不可欠である。
外国為替は、日常生活にも密接に関係しているだけではなく、経済や政治にも直接影響を与えている。
今日の世界経済の動向を紹介しながら、講義を行う。
学生の学習
(行動)目標
1.外国為替の概念について理解し、その歴史や現状を把握することができる。
2.国際通貨システムの変遷と国際政治経済とのつながりを理解することができる。
3.円高・円安に関連するニュースの意味を分かるようになる。
4.外国為替市場の構造や外国為替取引の仕組みに関する知識を身につけることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 外国為替の基礎知識(1) 外国為替、円高・ドル安の意味 事前に予習してくること。 0
2回 外国為替の基礎知識(2) 外国為替市場 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
3回 外国為替の基礎知識(3) 東京外国為替市場 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
4回 外国為替市場のプレーヤーたち(1) 銀行間市場 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
5回 外国為替市場のプレーヤーたち(2) 世界の外国為替市場 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
6回 外国為替レートの仕組み 銀行間市場と対顧客市場 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
7回 外国為替取引の仕組みと構造 外国為替の種類 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
8回 政府による為替政策 市場介入と外貨準備 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
9回 代表的な通貨の特徴 ドル、円 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
10回 代表的な通貨の特徴 ユーロ、人民元 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
11回 外国為替相場決定理論(1) ファンダメンタルズ 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
12回 外国為替相場決定理論(2) 国際収支、景気、金利、インフレ 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
13回 外為動向の読み方と情報の利用法 チャート、統計、経済指標、マーケット予測 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
14回 国際通貨制度の問題点と改革案 IMF、ドル一極体制、基軸通貨国 前回のテキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
15回 まとめ 上記のキーワードをすべて復習して、まとめる テキスト、プリントとノートを使って十分復習してくること。 0
0
成績評価 小テスト 30% 学修成果の
フィードバック
・課題は添削して返却する。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 20% 備考 ・前回の授業の理解度を問う小テストを計3回実施する。
・15回目には授業の全範囲をふりかえるまとめの授業を行い、合わせて全範囲を範囲と
するレポートを書かせる。
・学習態度は、授業への参加状況や学習への取り組み姿勢に基づき評価する。
その他 0%
100%
テキスト 『〈新版〉本当にわかる為替相場』尾河 眞樹 (著)、日本実業出版社(2016/12/22)
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『外国為替の知識』〈第3版〉、国際通貨研究所編集、日経文庫、日本経済新聞出版社(2012/1/14)
2 『外国為替入門ー図表を使ってわかりやすく解説』、経済法令研究会
3 小口幸伸『外国為替のしくみ』、日本実業出版社
4 伊藤元重『ゼミナール国際経済入門』、日本経済新聞社(上級)
5 『通貨で読み解く世界経済』、中公新書
履修上の注意事項や
学習上の助言など
*孫犁冰の『特別研究』や『世界経済入門』の履修者は大歓迎!

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.