講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 2230 教科名 カラーコーディネート演習
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 関根 裕恵
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】◎ 【態度・姿勢】 【汎用的能力】○ 」色彩知識を確実なものにし、日常生活においてどのように活用されているか理解することが学習目標となっており、それに関する項目に「◎」がつくと判断します。
授業の概要
(教育目標を含む)
色彩学の歴史に貢献した人々には哲学・美術・物理学・文学・生理学・心理学・社会学等多彩な分野に及んでいます。
それぞれに広い裾野を持ちながら、色を共通項として色彩学が成り立ち、互いに響きあって私たちの生活文化を彩っています。
色を題材に、ビジネスの場面でも活用できるような色彩知識の習得を目指します。
学生の学習
(行動)目標
1.「東京商工会議所主催 カラーコーディネーター検定3級」合格に向けての実力を習得している。
2.科学から文化、歴史、ファッションなど幅広い色彩の世界の基礎知識を身につける。
3.日常生活において色を効果的に活用できるようになる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 色の性質
身の回りにある色を専門的観点から捉えると様々なものが見えてきます。
物理的な色の世界
心理的な色の世界
<復習>テキストp12〜19までを良く読み、ポイントを整理しま
しょう。
1
2回 色と心理
私達は色から影響を受け、色にコントロールされることもあります。
色の象徴性 五行思想 共感覚 色聴
純色 ティント シェード 清色 濁色 SD法
<復習>テキストp22〜35までを良く読み、色が私達の感情にどの
ような影響を与えてきたか復習しましょう。
1
3回 色を表し、伝える方法@
色を客観的に分析し、効果的に活用できるよう、色を整理整頓しましょう。
色見本方式 色名方式 慣用色名 系統色名
カラーオーダーシステム
<復習>テキストp40〜50までを良く読み、色空間をどのように整
理し、名前をつけていくのかまとめましょう。
1
4回 色を表し、伝える方法A
色を客観的に分析し、効果的に活用できるよう、色を整理整頓しましょう。
マンセルシステム 色の三属性
CICC トーン
<復習>テキストp50〜58までを良く読み、色を客観的に数値や記
号で表す方法を復習しましょう。
1
5回 色を表し、伝える方法B
色を客観的に分析し、効果的に活用できるよう、色を整理整頓しましょう。
NCS 心理的尺度
PCCS トーン
<復習>テキストp58〜62までを良く読み、調和を得る色を選びや
すく色空間を整理するポイントをまとめましょう。
1
6回 配色と調和論@
目的に応じた色の組み立て方を理解し、表現力を高めましょう。
類似系の配色 対照系の配色
色の属性別配色
<復習>テキストp64〜79までを良く読み、配色の基本的な考え方
を整理しましょう。
1
7回 配色と調和論A
美しさの秘訣を色という観点から見てみましょう。
シュヴルール オストワルト 
ムーン&スペンサー ジャッド
<復習>テキストp80〜87までを良く読み、先人の考えた美しさの
秘訣をまとめましょう。
1
8回 光から生まれる色
色を科学的観点から学びます。
電磁波 反射 吸収 透過 屈折 散乱 回析
干渉 色温度 演色性
<復習>テキストp90〜105までを良く読み、色の科学的にとらえ
るための用語を整理し、復習しましょう。
1
9回 色が見える仕組み@
精密機械のような眼の仕組みを学習します。
網膜 視細胞 視神経乳頭 中心窩 錐体
杆体 外側膝状身体 色覚の多様性 順応
<復習>テキストP108〜121までを良く読み、目の構造、視細胞
の特徴や働きを整理しましょう。
1
10回 色が見える仕組みA
私達の脳は錯覚だらけです。錯覚を上手に活用するスキルを学びます。
三色説 四色説 同時対比 継時対比 同化 
補色 面積効果 色の恒常性 視認性 誘目性
<復習>テキストp121〜134までを良く読み、色を認識していく
流れや認識する上でどのような影響をうけているのか整理しましょう。
1
11回 色の測定
色を数値化することで、国際的コミュニケーションがとれるようになります。
物理測色法 視感測色法 XYZ表色系 
L*a*b*表色系 マクアダム偏差楕円
<復習>テキストp136〜152までを良く読み、目的に応じた色の
測定法、伝達方法を整理しましょう。
1
12回 混色と色再現
身の回りの色は混色されたもが沢山あります。その仕組みを理解しましょう。
同時加法混色 中間混色 併置混色 回転混色
減法混色 条件等色
<復習>テキストp154〜162までを良く読み、混色理論がどのよ
うに活用されているか整理しましょう。
1
13回 色と文化@
色という観点から日本の文化や歴史を見ていきましょう。
繧繝 禁色 聴色 当色 奢侈禁止令 
四十八茶百鼠 描写価値 独自価値 印象主義
<復習>テキストp164〜188までを良く読み、文化や時代を象徴
する色をまとめましょう。
1
14回 色と文化A
流行色には時代の気分が映し出されています。
シネモード シャーベットトーン サイケデリ
ックカラー アースカラー エコロジーカラー
<復習>テキストp189〜201までを良く読み、時代背景と流行色
を関連付けて整理しましょう。
1
15回 まとめと練習問題 光と色 表色系 調和論 目の構造 測色
混色 色と文化
<復習>単元ごとのポイントを整理し、次回のテストに備えましょう。 1
16回 定期試験     0
15
成績評価 小テスト 20% 学修成果の
フィードバック
小テストは添削し、注意点や参考事項を記入し毎回返却します。
試験 70%
レポート 0%
学習態度 10% 備考 ・前回の授業の理解度を問う小テストを毎回実施します。
・学習態度は、授業中の発言、態度、取り組む姿勢を元に
 評価します。
その他 0%
100%
テキスト 著名:カラーコーディネーター検定試験3級公式テキスト
著者:東京商工会議所
出版社:中央経済社
金額:2800円×税
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 カラーコーディネーター検定試験3級問題集 東京商工会議所 中央経済社 2800円+税
2 よくわかる色彩用語ハンドブック 小町谷 朝生監修 内田洋子 宇田川千英子著 早稲田教育出版 2002年刊 2700円(税込)
3 色の知識 名画の色・歴史の色・国の色 城一夫 青幻舎 2010年 2484円(税込)
4 色彩科学入門 日本色彩研究所編 日本色研事業出版 2001年 1944円(税込)
5 色彩調和論 福田邦夫著 朝倉書店 1996年 4536円(税込)
6 日本の伝統色 配色とかさねの事典 長崎 巌著 ナツメ社 2007年 2376円(税込)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
色彩は沢山の分野に関連しているため、学習内容に厚みがあります。検定日に間に合わせるため、進度が速いと思います。
検定合格のためには、1つでも多くの問題を確実に解けるようにしておくことが大切です。
毎回、小テストを実施し本番に備えたいので、しっかり復習してきて下さい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.