講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 7223 教科名 発達と老化の理解U
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 柳澤 利之
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 【技能・表現】 【態度・姿勢】 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
目標:発達の観点からの老化を理解し、老化に関する心理や身体機能の変化の特徴に関する基礎的知識を習得する。
 
老化に伴うこころとからだの変化について理解し、それらが日常生活に及ぼす影響や、老年期にみられる家庭・地域での役割の変
化や、友人や家族との喪失体験などによる高齢者の心理状態を理解し、高齢者の人格と尊厳を守る介護の基本を学ぶ。また高齢者に
多い疾病や老化に伴う機能低下が及ぼす日常生活への影響を理解し、生活支援技術の根拠となる知識の習得を図る。
学生の学習
(行動)目標
@人間の発達と老化を理解し、高齢者の気持ちを踏まえた介護実践ができるようになる。
A老化と発達の概念を理解し、利用者の相互交流を深め、それにより自己実現をはかる活動に関しての介護が実践できるようにな
る。
B老年期の成熟について臨床哲学的な観点から理解し、その理解をもとに介護実践を深めることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 老化に伴うからだの変化・老化とは何か 細胞の老化 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
2回 老化に伴うからだの変化・老化とは何か 免疫機能の老化 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
3回 老化に伴うからだの変化・老化とは何か 組織(骨・筋肉・血管)の老化 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
4回 老化に伴うからだの変化・老化とは何か 臓器機能の老化 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
5回 老化に伴うからだの変化・老化とは何か 脳機能の老化 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
6回 老化に伴うこころの変化 知的・認知機能 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
7回 老化に伴うこころの変化 精神的機能 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
8回 老化に伴うこころの変化 老化の個別性 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
9回 老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
高齢者に多い症状と日常生活
抑鬱、閉じこもり、廃用症候群 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
10回 老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
高齢者に多い障害と日常生活
運動麻痺、知覚麻痺、コミュニケーション障
予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
11回 老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
高齢者に多い関係障害と日常生活
孤独、独居、高齢者世帯 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
12回 老化に伴うこころとからだの変化と日常生活
高齢者に多い病気
排尿障害、代謝障害、腎機能障害、循環器障
予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
13回 老化に伴うこころとからだの変化と日常生活 癌、終末期ケア 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
14回 老化に伴うこころとからだの変化と日常生活 保健医療職、連携 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
15回 まとめと学習理解の確認 発達と老化の概念 予め配布したプリント課題に取り組むこと 1
15
成績評価 小テスト 50% 学修成果の
フィードバック
 
試験 0%
レポート 40%
学習態度 10% 備考 小テストを1回実施する。
レポートは4回課し、各10点満点で評価する。
学習態度はプリント課題の取り組み状況で評価する。
その他 0%
100%
テキスト 「発達と老化の理解」中央法規 2376円(税込)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.