講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 7222 教科名 発達と老化の理解T
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 柳澤 利之
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】 【態度・姿勢】〇 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
発達の観点からの老化を理解し、老化に関する心理や身体機能の変化の特徴に関する基礎的知識を習得する。人間の成長と発達の基
礎的な理解のために、誕生から死に至るまでの心身の発達や成長・成熟・生理的変化を、自己の体験や身近な高齢者の体験とを重ね
合わせて理解する。また老年期における成熟について、臨床事例をもとにして、その社会的意味を理解する。あわせてその老年期の
成熟に寄り添う介護のあり方について理解する。
学生の学習
(行動)目標
@人間の発達と老化を理解し、高齢者の気持ちを踏まえた介護実践ができるようになる。
A老化と発達の概念を理解し、利用者の相互交流を深め、それにより自己実現をはかる活動に関しての介護が実践できるようにな
る。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 人間の成長と発達の基礎的理解
発達とは何か
発達の定義 テキストの序章を熟読すること 1
2回 人間の成長と発達の基礎的理解
ライフサイクルと発達課題
エリク・エリクソンによる発達段階説 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
3回 人間の成長と発達の基礎的理解
乳幼児期の発達課題
基本的信頼 対 不信 自律性 対 恥・疑
惑 積極性 対 罪悪感
予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
4回 人間の成長と発達の基礎的理解
児童期の発達課題
勤勉性 対 劣等感 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
5回 人間の成長と発達の基礎的理解
青年期・成人期の発達課題
同一性 対 同一性の拡散 親密性 対 孤
独 生殖 対 自己呼吸
予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
6回 老年期の発達と成熟
老年期における発達とは何か
統合 対 絶望 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
7回 老年期の発達と成熟
老年期における成熟とは何か
老年期の定義 喪失体験 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
8回 老年期の発達と成熟
その社会的意義と介護のあり方
サクセスフルエイジング 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
9回 老年期の発達と成熟
その社会的意義と介護のあり方
高齢者の就労と社会参加 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
10回 老年期の発達と成熟
具体的事例の検討
セクシュアリティ 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
11回 老年期の発達と成熟
具体的事例の検討
老いの価値 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
12回 老年期の発達と成熟
具体的事例の検討
生老病死 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
13回 老年期の発達と成熟
具体的事例の検討
施設における事例 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
14回 老年期の発達と成熟
具体的事例の検討
居宅における事例 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
15回 まとめと学習理解の確認 発達と老化の概念 予め配布したプリント課題に取り組んでおくこと 1
15
成績評価 小テスト 50% 学修成果の
フィードバック
 
試験 0%
レポート 40%
学習態度 10% 備考 小テストは1回実施する。
レポートは4本課し、各10点満点で採点する。
学習態度はレポート課題の取り組み状況によって評価する。
その他 0%
100%
テキスト 老化と発達の理解 中央法規 2376円(税込)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
原則、すべての授業に出席すること

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.