講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 0033 教科名 ジェンダー論
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 杉原 名穂子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 【技能・表現】 【態度・姿勢】 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
「ジェンダー」は女性と男性という性別により、役割や態度、正確、身のふり方等を決めつけ、画一的に分ける仕組みのことであ
る。一人一人が自分の個性を十分に発揮して生きるためには、今まで「当たり前」だと考えてきた意識や習慣、社会の仕組みについ
て学び、新たなライフチャンスの可能性について考える必要がある。
 この講義では、女性と男性という性別の観点から、さまざまな社会の現象をとりあげ、それを通して、女性と男性の対等なあり方
について学ぶことを目指す。
学生の学習
(行動)目標
1 ジェンダーという概念について説明できる
2 日本の家族・教育・労働などさまざまな領域でのジェンダー秩序について説明できる
3 女らしさ、男らしさの性別役割の特徴を説明できる
4 自分の身の回りのさまざまな出来事を、ジェンダーの観点から説明できる
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 ジェンダーとは何か 〜 ジェンダーという考え方の誕生とその意
味〜
gender とsex
フェミニズム
  0
2回 ジェンダーをなぜ学ぶ? エコロジーとジェンダー
リプロダクティブ・ヘルス/ライツ
前回の復習をしておくこと 0
3回 女らしさと男らしさ@ 「女のくせに、男だから」 象徴的道具としての女性 前回の復習をしておくこと 0
4回 女らしさと男らしさA 性別イメージの誕生 女らしさ、男らしさ 前回の復習をしておくこと 0
5回 学問とジェンダー@ 歴史学とジェンダー ド・グージュ
二重のシステム
前回の復習をしておくこと 0
6回 学問とジェンダーA 心理学とジェンダー エディプス・コンプレックス
ケアの倫理 「母親業」の再生産
前回の復習をしておくこと 0
7回 学問とジェンダーB 社会学とジェンダー 労働力の再生産 前回の復習をしておくこと 0
8回 学問とジェンダーC 戦後教育の理念とジェンダー 性役割の再構築 前回の復習をしておくこと 0
9回 教育とジェンダー 進路選択のジェンダー差 進路選択  学歴機能
隠れたカリキュラム
前回の復習をしておくこと 0
10回 家族とジェンダー@ 前近代家族と主婦の誕生 明治民法  家庭の誕生
良妻賢母思想
前回の復習をしておくこと 0
11回 家族とジェンダーA 戦後家族体制と性別分業 性別役割分業 新性別役割分業
新新性別役割分業
前回の復習をしておくこと 0
12回 家族とジェンダーB 現代家族を生きる男女 愛情の女性化 前回の復習をしておくこと 0
13回 家族の病理 育児不安
ドメスティック・バイオレンス
前回の復習をしておくこと 0
14回 労働とジェンダー 働く女性の問題をめぐって パート労働  感情労働
セクシュアル・ハラスメント
前回の復習をしておくこと 0
15回 地域社会の中の女性 ソーシャル・キャピタル 前回の復習をしておくこと 0
16回 定期試験     0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
 
試験 70%
レポート 0%
学習態度 30% 備考 毎回、出席レポートを授業終了後に提出し、その提出をもって学習
態度とする。なお、授業態度について、私語が多いなど迷惑行為が
あった場合、それを考慮する。
授業を終えた後、全範囲を試験範囲とする定期試験を行う。
その他 0%
100%
テキスト 特に指定しない。参考文献を授業中に随時紹介する。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.