講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 0033 教科名 家族関係学(現代の結婚と家族)
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 宮崎 隆穂
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 ◎ 【技能・表現】  【態度・姿勢】 ○  【汎用的能力】 ○ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
高度に集積された資本主義社会の価値観が浸透しつつある現代日本において、個人の欲望の達成が他の何よりも優先され、あるいは
賞賛される状況が現実のものになりつつある。こうした状況の中ではたして家族という社会形態についてどのような定義が可能なの
か、また結婚という社会制度や家族機能の果たすべき役割はどのように変容してきたのか、家族心理学の知見もふまえながら未来へ
の考察をおこなう。
学生の学習
(行動)目標
@家族制度の歴史的変遷を理解し、現在の結婚と家族に関する価値観が相対的なものであることを理解する
A家族システムの意義を時間的見通しをもって理解する
B家族心理学的観点から家族と結婚にまつわる問題を理解する
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 現代における結婚・家族制度の意義@ 家族制度の変遷、家族形態 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
2回 現代における結婚・家族制度の意義A 家制度、結婚制度 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
3回 家族心理学とは@ 家族心理学 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
4回 家族心理学とはA 研究法 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
5回 家族発達段階論@ 家族発達段階論、新婚期 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
6回 家族発達段階論A 家族発達段階、子育て期 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
7回 家族発達段階論B 家族発達段階、独立期 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
8回 結婚と夫婦の心理−ドメスティックバイオレンスとは DV、DV防止基本法 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
9回 結婚と夫婦の心理−ドメスティックバイオレンスとはA 機能不全家族、共依存 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
10回 親と子の心理@ 世代間連鎖、依存 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
11回 親と子の心理A 児童虐待、児童虐待防止法 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
12回 親と子の心理B 思春期・青年期 生涯発達心理学 青年期まで プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
13回 親と子の心理C 思春期・青年期 ギャングエイジ、アイデンティティ プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
14回 親と子の心理D 児童虐待について 児童虐待、児童福祉法、通告義務 プリントによる授業内容の予習、小レポートによる授業内容の復習が必
要になります。
2
15回 発展学習(レポート作成と提出のための振り返り) まとめ プリントによる授業内容の予習、レポート作成の準備。グループディス
カッション
2
30
成績評価 小テスト 20% 学修成果の
フィードバック
リアクションペーパーについては、授業の中で取り上げ、質問に答えて理解を促進しま
す。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 30% 備考 学習態度のなかには、毎回必ず質問や意見を問うリアクションペー
パーの提出を求めますので、その内容などを加味します。
小テストは適宜授業時間内に行います。
最終レポートは、授業の最後に教育目標に基づいてどのくらい身に
付いたか、理解したか、を測定しようとしている。
その他 0%
100%
テキスト 参考文献に関しては授業中に適宜指示します。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 参考図書:「家族心理学講義」 岡堂哲雄(著) 金子書房 2500円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.