講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 3215 教科名 ライフステージ栄養学
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 木村 一雅
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】 ○【態度・姿勢】 ○【汎用的能力】 ○」
授業の概要
(教育目標を含む)
1.ヒトの成長・発達・生命の維持に必要な各種栄養素を理解する。生涯にわたる成長の各段階に応じた
2.妊娠期の母体と胎児、乳幼児期から高齢期にいたる各ライフステージにおける栄養状態の変化、栄養リスク管理、栄養ケアな
どについて学び、健康を支える栄養について理解する。
3.健康の維持において大切な、生活習慣とセルフコントロールの確立などについて学び、適切な食生活と栄養状態の判定方法など
を理解する。
学生の学習
(行動)目標
1.ライフステージにおける栄養状態の変化、栄養リスク管理、栄養ケアなどの理解を深め、今後の食生活に活用できるようにする。
2.フードスペシャリスト資格の取得を目標に、予習・復習を行い、栄養学について理解を深める。
3.講義の中で配布するワークシートを、教科書や資料を参考に学習し完成させて、フードスペシャリスト資格取得に役立てる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 人間の生存と食物、食品とは何か? 健全な食生活、食品のもつ3つの機能「栄
養、おいしさ、生理機能性」
食品とは何か、食品の概念について理解する 4
2回 健やかな体と心を育てる食生活 ライフスタイルに合った食生活、成長・発育
の条件
ライフスタイルに合った食生活、成長・発育の条件などのヒトの健康に
関連する事項について理解する
4
3回 妊娠・乳幼児期から高齢期にいたるライフステージの栄養学(概論) 妊娠・乳児期、幼児期、学童期、思春期、青
年期、成人期、中高年期、高齢期
ライフステージの各段階における栄養管理について理解する 4
4回 栄養と栄養素、食事摂取基準(栄養所要量を含む)と摂取量 栄養、栄養素、食事摂取基準「推定平均必要
量、推奨量、目安量、上限量」
健康を維持するために必要な食事摂取基準とその関連事項について理解
する
4
5回 三大栄養素の種類と働き 耐水化物(糖質・食物繊維)、タンパク質、
脂質
食品の栄養素に関する基礎知識を理解する 4
6回 微量栄養素の種類と働き ビタミン、ミネラル 食品の栄養素に関する基礎知識を理解する 4
7回 和食献立の基本、栄養管理と栄養評価 食品群の種類、栄養管理、栄養ケア・マネジ
メント、食事摂取基準
ひとりひとりのヒトに必要な栄養素の量を理解する 4
8回 妊娠・授乳期の栄養(各論) 妊婦の食事摂取基準、妊娠糖尿病、授乳期の
栄養ケア
妊娠・授乳期の栄養と管理に関する詳細な事項を理解する 4
9回 乳児期の栄養(各論) 乳児期(乳汁器・離乳期)、母乳栄養、初
乳・成熟乳
乳児期の栄養と管理、母乳栄養の利点、離乳の方法に関する詳細な事項
を理解する
4
10回 離乳期・幼児期の栄養(各論) 離乳の意味、離乳食、幼児食、食物アレルギ
ー、虫歯
離乳期の栄養と管理、離乳の意味、幼児食、食物アレルギーの防止に関
する詳細な事項を理解する
4
11回 乳幼児期の集団給食、学童期の栄養(各論) 集団給食、低学年・第2急伸期、欠食、ダイ
エット、肥満
乳幼児期の集団給食の方法、学童期の栄養と管理に関する詳細な事項を
理解する
4
12回 学童期の栄養(各論) 高学年、骨の成長・カルシウムの吸収、脂質
異常症、学校給食
学童期の栄養と管理学校給食に関する詳細な事項を理解する 4
13回 思春期・青年期、妊娠期、 第2次成長期、食生活の乱れ、鉄欠乏性貧
血、生活習慣病
思春期・青年期の栄養と管理、食生活の乱れと生活習慣病の関係に関す
る詳細な事項を理解する
4
14回 成人期・中高年期の栄養(各論) 飲酒、喫煙、薬物中毒、更年期障害、骨粗鬆
症、ストレス
成人期・中高年期の栄養と管理、更年期障害、骨粗鬆症などの特徴的な
疾患への対応に関する詳細な事項を理解する
4
15回 高齢期の栄養(各論) 健康日本21、加齢現象、感染症への抵抗性の
低下、PEM、摂取障害、食生活指針
高齢期の栄養と管理に関する詳細な事項を理解する 4
16回 定期試験   ライフステージの各段階で重要な栄養と管理に関する理解度をテストす
0
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
講義の都度、配布するワークシートをn-compass上にアップロードする講義資料を参考に
してて各自完成させ、後日提出する。ワークシートの点検を通じて、学習成果をフィード
バックする。
試験 50%
レポート 25%
学習態度 25% 備考 1.学習態度 25%、ノート作成 25%、テスト 50%で評価を行う。
2.学習態度は、授業態度、レポートの内容を点数化して総合的に評価する。
その他 0%
100%
テキスト 新版ライフステージの栄養学 −理論と実習(編著者 武藤静子)、朝倉書店.東京.2008. ¥2800
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 食事摂取基準入門 そのこころを読む (著者 佐々木 敏) 同文書院 2010
2 わかりやすいEBNと栄養疫学 (著者 佐々木 敏) 同文書院 2005
3 「厚生労働省策定・日本人の食事摂取基準(2015年版)」第一出版編集部(第一出版)
4 最新版「日本食品標準成分表2016」収載食品成分表2015 女子栄養大学出版部
5 好きになる生理学 からだについての身近な疑問 (KS好きになるシリーズ) (著者 田中 越郎) 講談社 2003
履修上の注意事項や
学習上の助言など
1.教科書を一部輪読するので、受講者は必ず購入すること。
2.授業のつどワークシートを配布するので、教科書や配布資料を勉強して完成させ、次週に提出すること。
3.フードスペシャリストの必修科目である。資格取得を目指す人は受講すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.