講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 3114 教科名 食生活と健康
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 海津 夕希子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】 【態度・姿勢】○ 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
私達が毎日、摂取している食物は、エネルギーを産生し、身体組織を造り、体内の種々の機能を
調節するという大切な役割を果たしている。食物のこのような役割は、食物から供給される栄養素
の機能によるものである。
 本講義では、各栄養素の構造と機能、消化と吸収のメカニズム、エネルギー代謝の基礎を学び、
栄養学の基礎知識を正しく学習していく。さらに健康の保持・増進、そして疾病予防に果たす
栄養学の役割を理解することを目標とする。
学生の学習
(行動)目標
1.食品の栄養素成分の基礎知識を習得する。
2.食生活の現状(疾病構造の変化・生活習慣病と食事)を理解する。
3.フードスペシャリスト資格認定試験「栄養と健康」分野の解答力を身につける。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 日本人の食事摂取基準2015年版 授業オリエンテーション、日本人の食事摂取基
準(2015年版)
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
2回 食事に含まれる栄養物質(炭水化物)@ 炭水化物、単糖類、少糖類、多糖類 【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
3回 食事に含まれる栄養物質(炭水化物)A デンプンの性質、グリコーゲン、食物繊維、
炭水化物の食事摂取基準
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
4回 食事に含まれる栄養物質(脂質@) 脂質、分類、脂肪酸、エイコサノイド、
コレステロール、油脂の劣化
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
5回 食事に含まれる栄養物質(脂質A、たんぱく質@) リポたんぱく質、脂質の食事摂取基準、
たんぱく質、アミノ酸、たんぱく質の分類
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
6回 食事に含まれる栄養物質(たんぱく質A) コラーゲン、変性、生物価、正味たんぱく利用
率、アミノ酸価、たんぱく質の食事摂取基準
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
7回 食事に含まれる栄養物質(無機質@) 無機質、カルシウム、ナトリウム 【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
8回 食事に含まれる栄養物質(無機質A) 無機質、カリウム、リン、鉄、マグネシウム、
亜鉛、ヨウ素
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
9回 食事に含まれる栄養物質(水溶性ビタミン@) 水溶性ビタミン、ビタミンB1、ナイアシン、
ビタミンC
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
10回 食事に含まれる栄養物質(水溶性ビタミンA) 水溶性ビタミン、ビタミンB6 、ビタミンB12、
葉酸、パントテン酸、ビオチン
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
11回 食事に含まれる栄養物質(脂溶性ビタミン) 脂溶性ビタミン、ビタミンA、ビタミンD、
ビタミンE、ビタミンK
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
12回 食後の体の働き(消化・吸収と代謝@) 糖質(デンプン)、脂質の消化吸収 【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
13回 食後の体の働き(消化・吸収と代謝A)、
熱量素の代謝とエネルギーの産生
たんぱく質の消化吸収、エネルギーと栄養素、
基礎代謝量
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
14回 生活習慣病の基礎知識@ 免疫と栄養、自然免疫、獲得免疫系、食物
アレルギー、糖尿病、脂質異常症、高血圧
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
15回 生活習慣病の基礎知識A 脂質異常症、骨粗鬆症、6つの基礎食品、
食事バランスガイド
【復習】配布された課題問題を各自で解答しておくこと。 4
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・課題は採点後、評価表とともに返却する。
試験 0%
レポート 100%
学習態度 0% 備考 ・レポートは、授業時に出題する課題問題
(FS資格認定試験過去問題)を示す。
その他 0%
100%
テキスト テキスト@ 書名:「イラスト 栄養学総論」出版社:東京教学社 発行年:2017年 価格:2,000円(税別)
テキストA 書名:「オールガイド食品成分表2017」出版社:実教出版編修部 発行年:2016年 価格:800円(税別)
備 考:両テキストとも1週目から使用
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・「フードスペシャリスト資格」および「フードコーディネーター3級資格」養成指定科目
・「オールガイド食品成分表2017」は1年後期「フードマテリアルズ」でも使用する。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.