講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 2111 教科名 アパレル素材論U
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 丸山 尚夫
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】〇 【態度・姿勢】 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
生活の中でアパレル(衣服)に使用されて繊維を原料とする材料(被服材料-糸、布帛)を主とし、アパレルの副素材として用い
られる不織布を含めて、それらの種類や用途、特徴、構造さらに製造方法等について講義、映像、演習を通して学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
布の種類と性質、製造方法を理解する
布が衣服に使用されるとき、布の性質がどのように生かされ、あるいは注意されるのかを理解する
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 繊維製品(衣料品、インテリア用品、寝装・家庭用品、産業用品)
について
繊維一般 レジュメを参考に復習する。 4
2回 糸の種類と紡績糸の製造 繊維 糸 教科書P.36〜P.40を読んで復習する。 4
3回 糸の加工方法 繊維 糸 教科書P.41〜P.44を読んで復習する。 4
4回 糸の太さ、より、強さ、縫い糸の表示等について 繊維 糸 教科書P.44〜P.53を読んで復習する。 4
5回 布の性質、織物とニットの違い・特徴について 繊維 織編物 教科書P.54〜P.55を読んで復習する。 4
6回 織物の製造、組織について 繊維 織物 教科書P.55〜P.62を読んで復習する。 4
7回 織物の組織図と、組織からみた織物の分類特徴(1) 繊維 織物 教科書P.55〜P.62を読んで復習する。 4
8回 組織からみた織物の分類特徴(2) 繊維 織物 教科書P.55〜P.62を読んで復習する。 4
9回 織物の構造的ファクターについて(密度、含気率、カバーファクタ
ー等)
繊維 織物 教科書P.72〜P.74を読んで復習する。 4
10回 編物の製造、組織について 繊維 編物 教科書P.62〜P.72を読んで復習する。 4
11回 編物の組織図と組織からみた編物の分類と特徴 繊維 編物 教科書P.62〜P.72を読んで復習する。 4
12回 不織布の種類と製造、皮革の性質 繊維 不織布 皮革 教科書P.89〜P.97を読んで復習する。 4
13回 アパレル素材の機能性(安全・衛生) 織編物 機能 繊維 教科書P.82〜P.89を読んで復習する。 4
14回 アパレル素材の機能性(快適)、アパレル素材の性能評価 織編物 機能 繊維 教科書P.74〜P.89を読んで復習する。 4
15回 衣服と資源・環境問題について 繊維 資源 環境 配布資料を読んで復習する。 4
16回 定期試験     0
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
 
試験 100%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 ・定期試験の成績
その他 0%
100%
テキスト 書 名: 繊維製品の基礎知識 第1部 繊維に関する一般知識(日本衣料管理協会発行)
著 者: 一般社団法人日本衣料管理協会刊行委員会
出版社: 日本衣料管理協会
備 考: 「アパレル素材論T」のテキストを使用する。持っている人は新たな購入の必要はない。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
衣料管理士必修科目

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.