講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 2307 教科名 アパレルデザイン実習T
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 小川 秀子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 ◎ 【技能・表現】 ◎ 【態度・姿勢】 ○ 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
豊かな感性と創造性を、ドレスのデザインに表現できる実践能力と、技術力を習得することを目的としています。
本講座は、後期開講科目「アパレルデザイン実習U」につながる内容になっています。
 後期も履修が可能である場合のみ、履修してください。

 課題作品として、ウェディング・ドレスの製作を目標にしています。
学生の学習
(行動)目標
1 個性を生かした、オリジナルのウェディング・ドレスを製作することができる。
2 体型を考慮し、美しいシルエットを表現した、ドレスを製作することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション
過年度生の作品について解説
オリジナル・ウェディング・ドレス <予習>ウェディング・ドレスやブライダル雑誌等を参考に、製作した
いウェディング・ドレスのデザインを考えておくこと。
1
2回 作品の紹介
ウェディング ドレス・フォーマルドレスなど
ウェディング・ドレス <予習>ウェディング・ドレスのデザインについて調べておくこと。 1
3回 人間総合学科12回生による
教科発表 <ファッションショー> DVDの鑑賞と解説
デザインドレス <予習>ウェディング・ドレスのデザインについて調べておくこと。 1
4回 ウェディング・ドレス
デザインについて 解説
布地とデザイン <予習>ウェディング・ドレスのデザインについて調べておくこと。 1
5回 ウェディング・ドレス
素材について 解説
個性とデザイン <予習>ウェディング・ドレスについて調べたうえで、自分が製作した
いデザインを考えておくこと。
1
6回 ウェディング・ドレス
個性とデザインについて 解説
トワレ <予習>ウェディング・ドレスについて調べたうえで、自分が製作した
いデザインを考えておくこと。
1
7回 ウェディング・ドレス製作
ドレスの基本 ビスチェ  作図
ビスチェ <復習>随所、教員のアドバイスを受け、実習作業を進めておくこと。 1
8回 ウェディング・ドレス製作
ドレス基本 ビスチェ トワ レ製作
ビスチェ・トワレ <復習>随所、教員のアドバイスを受け、実習作業を進めておくこと。 1
9回 ドレス地購入についての解説
 東京の布地専門店において指導
フォーマル <復習>随所、教員のアドバイスを受け、実習作業を進めておくこと。 1
10回 ウェディング・ドレス 製作 ベルライン <復習>随所、教員のアドバイスを受け、実習作業を進めておくこと。 1
11回 ウェディング・ドレス 製作 Aライン <復習>随所、教員のアドバイスを受け、実習作業を進めておくこと。 1
12回 ウェディング・ドレス 製作 マーメードライン <復習>随所、教員のアドバイスを受け、実習作業を進めておくこと。 1
13回 ウェディング・ドレス 製作 チュールレース <復習>随所、教員のアドバイスを受け、実習作業を進めておくこと。 1
14回 ウェディング・ドレス 製作   <予習>ウェディング・ドレスの着装発表が出来るよう準備しておくこと。 1
15回 ウェディング・ドレス
作品評価・まとめ
着装発表 <予習>ウェディング・ドレスについて、使用した布地の考察と作品に
ついて課題レポートを作成する。
1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・製作中のドレスについて、随時、時間内に確認し、次への指導をおこなう。
試験 0%
レポート 10%
学習態度 20% 備考 ・レポートは、作品について、課した課題について評価する。
・学習態度は、実習授業への積極的な参加や、授業態度を元に評価する。
・その他は、作品の製作について、総合的に評価する。
その他 70%
100%
テキスト 適宜、資料を配布します。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 服装造形論 「技術編T」、文化女子大学講座、文化出版局
2 服装造形論 「技術編U」、文化女子大学講座、文化出版局
3 服装造形論 「技術編V」、文化女子大学講座、文化出版局
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・教材費について、過年度生の作品を参考にして詳しく紹介します。
・作品製作に取り組む姿勢が問われる実習授業です。
・作品が完成するまで本気で取り組む精神力と情熱がある学生を歓迎します。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.