講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 2105 教科名 アパレル造形実習U
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 小川 秀子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 ◎ 【技能・表現】 ◎ 【態度・姿勢】 ○ 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
基本的な被服構成理論を理解した上で、ブラウスの製作をおこない、パターン作りの基礎的技術を学ぶとともに、衿やカフスなど
ディテールに関する知識と、製作技術を習得することを目標にしています。
学生の学習
(行動)目標
1 婦人原型について学ぶ。
2 原型からブラウスのパターンの展開方法を学ぶ。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 婦人原型について 婦人原型の説明および婦人原型の作成 <復習>原型の必要性を理解しておくこと。 1
2回 婦人原型の作成 原型作成について説明 <予習>原型をもとに、ブラウスの作図ができるように、参考資料を見
ておくこと。
1
3回 ブラウスの説明 ブラウスについての説明と製図方法の説明 <予習>原型をもとに、ブラウスの作図ができるように、参考資料を見
ておくこと。
1
4回 ブラウス 製図 各自の原型をもとにブラウスの製図 <予習>ブラウスの作図ができるように、参考資料を見ておくこと。 1
5回 ブラウス 製図 身ごろの製図をもとに袖と衿の製図 <予習>ブラウスの袖、衿の作図ができるように、参考資料を見ておく
こと。
1
6回 ブラウス 製図 完成パターンのチェック <復習>ブラウスの作図ができているように、準備しておくこと。 1
7回 ブラウス 製作 裁断・印付け <復習>随時、教員の指示に従い、実習作業を進めておくこと。 1
8回 ブラウス 製作 印付け・芯を貼る <復習>随時、教員の指示に従い、実習作業を進めておくこと。 1
9回 ブラウス 製作 肩縫い <復習>随時、教員の指示に従い、実習作業を進めておくこと。 1
10回 ブラウス 製作 衿作り <復習>随時、教員の指示に従い、実習作業を進めておくこと。 1
11回 ブラウス 製作 衿付け <復習>随時、教員の指示に従い、実習作業を進めておくこと。 1
12回 ブラウス 製作 袖付け <復習>随時、教員の指示に従い、実習作業を進めておくこと。 1
13回 ブラウス 製作 すその始末・ボタンホール <復習>随時、教員の指示に従い、実習作業を進めておくこと。 1
14回 ブラウス 製作 仕上げアイロン <予習>次回、着装発表ができるようしておくこと。
<復習>随時、教員の指示に従い、実習作業を進めておくこと。
1
15回 まとめ 着装発表 <復習>ブラウス製作についての考察を、レポートにまとめておくこと。 1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・製作中の作品について、随時、時間内に確認し、次への指導をおこなう。
試験 0%
レポート 0%
学習態度 20% 備考 ・学習態度は、実習授業の積極的な参加、態度を総合的に評価する。
・その他は、作品の評価。
その他 80%
100%
テキスト ・適宜、資料を配布します。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 服装造形学 「技術編T」 文化女子大学講座 : 文化出版局
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・「アパレル造形実習T」を履修していない場合でも、「アパレル造形実習U」の履修は可能です。

・ 材料費等について、初回時に説明します。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.