講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 2101 教科名 ファッションデザイン論
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 小川 秀子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 ◎ 【技能・表現】   【態度・姿勢】 ◎ 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
ファッションデザインについて、デザインの本質である用と美を考え、ファッションにおけるデザインとは何かを学び理解を深めて
いきます。服飾における調和やバランスなど美しさの原理を把握できるような基礎理論をもとにして、デザインの基本的な知識を習
得をすることを目標とします。
デザインについてより理解が深まるように、DVDやビデオ等の教材を使用した授業を構成し展開していきたいと考えています。
学生の学習
(行動)目標
1 ファッションデザインの基礎やデザイン構成の要素を習得することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション ファッション・アパレル <予習>テキスト序論を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
2回 デザインの意義 デザインの条件・用と美 <予習>配布資料を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
3回 服装の意味 服装の類語・条件・起源・機能 <予習>配布資料を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
4回 ファッションとアパレルデザイン アパレル製品 <予習>テキスト:pp2〜9を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
5回 ファッションの変遷とその背景
服装の変遷
20世紀前半の服飾 <予習>テキスト:pp22〜30を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
6回 ファッションの変遷とその背景 20世紀後半の服飾 <予習>テキスト:pp22〜30を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
7回 ファッションデザインと民族服 デザインソース・フォークロア・民族服 <予習>テキスト:pp28〜30を読んでくること。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
8回 衣服デザインの基礎 デザイン構成の要素・点・線 <予習>テキスト:pp32〜34を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
9回 衣服デザインの基礎 デザイン構成の要素・面 <予習>テキスト:pp32〜44を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
10回 衣服美の表現 美的形式原理・統一・調和 <予習>テキスト:pp32〜44を読んでくること。
<復習>、テキスト、ノートを整理すること。
4
11回 衣服美の表現 リズム・バランス・プロポーション <予習>テキスト:pp32〜44を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
12回 フォームのディテールとバリエーション
スカート・パンツ
シルエットの要因・シルエットの種類 <予習>テキスト:pp46〜65を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
13回 フォームのディテールとバリエーション
ネックライン・カラー
ディテールの役割・ディテールの種類 <予習>テキスト:pp46〜65を読んでおくこと。
<復習>テキスト、ノートを整理しておくと。
4
14回 フォームのディテールとバリエーション
アームホール・スリーブ
ディテールの役割・ディテールの種類 <予習>理解度を問う小テストを行う。
<復習>テキスト、ノートを整理すること。
4
15回 まとめ 服装・デザイン 授業で学んだ内容を踏まえたうえで、レポート作成にあたる。。 4
60
成績評価 小テスト 50% 学修成果の
フィードバック
・小テスト及びレポートは、添削の上返却する。
試験 0%
レポート 30%
学習態度 20% 備考 ・小テストは、各章ごとに理解度を問うために実施する。 
・レポートは、授業の理解度を確認するために実施する。
・学習態度は、授業への積極的な参加や、発言、態度等を元に評価する。
その他 0%
100%
テキスト 書 名:「改訂 アパレルデザインの基礎 −衣服デザイン・色彩論−」

テキストについては、初回授業で紹介します。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「服飾デザイン」 文化服装学院編、文化出版局 2005年
2 「服装デザイン論」 飯塚弘子・内田八重子・香川幸子 文化出版局 2003年 第3版 第2刷
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・2級衣料管理士資格取得必修科目。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.