講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 0006 教科名 地域創生学
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 齋藤 智
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
【知識・理解】○ 【技能・表現】○ 【態度・姿勢】○ 【汎用的能力】◎
授業の概要
(教育目標を含む)
地域社会では環境保護、高齢者・障がい者の介護・福祉から、子育て支援、まちづくり、観光に到るまで多様な社会問題が顕在化して
います。それらの改善に資する専門人材の養成に1年次よりと取り組んでいる本学認定資格の確認を行う科目である。
これまで学んだ地域との関わり方や様々な手法を用いてプレゼンを行います。
学生の学習
(行動)目標
1)地域再生・創生とは具体的にどのようなことを指すのかを理解する。2)地域社会とはどういうものか概略やその性格を理解する。
3)地域社会を知るための視点と手法について説明できる。 4)フィールドワークの技法を理解し、実際に習得する。
5)ワークショップの技法を理解し実際に習得する。6)地域の人々が中心となって地域再生・創生が初めて可能になることを理解る。
7)地域創生のための計画書づくりの概要とその技法を身につける。
8)実際に地域に入り、地域創生のキーマンとして地域に貢献できる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 授業概要理解、グループワーク演習 予習:地域活動のイメージについて、自身の考えをまとめおく。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
4
2回 地域再生・創生とはなにか 地方創生、地域創生 予習:地域再生・創生について事前に調べておく
復習:講義内容をもとに地域再生・創生の中心的事項を把握する
4
3回 地域社会について ボランティア、地域貢献 予習:地域とは何か、事前に調べておく
復習:講義をもとに地域社会についての中心的事項を把握する
4
4回 地域社会を知る・鳥の目 地域社会、鳥の目 予習:社会学とはどういう学問か、事前に調べておく
復習:地域社会がどのような関係にあるのかを把握する
4
5回 地域社会を知る・風土 風土、民俗 予習:民俗と風土について事前に調べておく
復習:民俗学や文化人類学と地域社会がどのような関係にあるのか
4
6回 地域社会を知る・フィールドワーク フィールドワーク 予習:地域社会を知るために手法についてあらかじめ調べておく
復習:技法の一つとしてフィールドワークて理解する
4
7回 フィールドワーク模擬演習1(インタビュー調査) インタビュー 予習:フィールドワークの心構えを再度確認する
復習:インタビュー調査録音をくりかえし聴く
4
8回 フィールドワーク模擬演習2(インタビュー調査)   予習:前回のインタビューの反省点をチェックする
復習:インタビューの調査録音を繰り返し聴き、まとめる
4
9回 地域を動かす第一歩−フィールドワーク結果による課題抽出 課題発見、提案 予習:インタビューの調査録音を文字データにしておく
復習:インタビューの調査録音を文字データとして完成させる
4
10回 地域再生・創生の具体的事例 地域連携、 予習:地域再生・創生の事例を事前に調べておく
復習:地域再生・創生に何が必要なのかを理解する
4
11回 地域社会の動かし方としてのワークショップについて ワークショップ、 予習:ワークショップとは何か、事前に調べておく
復習:ワークショップの利点と欠点について再認識しておく
4
12回 ワークショップ模擬演習1(ブレインストーミング   予習:ワークショップの注意事項を確認しておく
復習:ワークショップの反省点を次回の模擬演習に活かす
4
13回 ワークショップ模擬演習2(ブレインストーミング)   予習:ワークショップの心構えと反省点を再度確認
復習:ワークショップについて各自まとめておく
4
14回 ワークショップをもとにした計画書づくりについて   予習:地域活動の計画について事前に調べておく
復習:ワークショップをもとにした計画書を模擬的に作成する
4
15回 地域再生・創生にむけて動き出そう(まとめ)
 計画書によるプレゼンを実施
プレゼン、認定 予習:実際にどのような地域再生・創生活動を実施するかまとめる
復習:本講義全体を自分なりにまとめ、レポートを作成する
4
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・レポートは添削の上、返却する。
試験 0%
レポート 60%
学習態度 30% 備考 ・レポート:課題は授業時に提示します。
・学習態度:学習への取り組み姿勢(授業中の態度や発言、フィールドワーク時の
 取り組み姿勢など)をもとに評価します。
・その他 :提出物を評価します。
その他 10%
100%
テキスト なし。
但し、適宜プリントを配布する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 学生まちづくらーの軌跡、菱沼勇介・田中えり子、学文社、2012年、1944円(税込)
2 100円商店街バル・まちゼミ、齋藤一成他、学芸出版社、2012年、2376円(税込)
3 「地方創生」でまちは活性化する、小林勇治・波形克彦、同友館、2015年、2592円(税込)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
地域で活躍する専門人材を認定する科目になりますので、希望者は必ず受講してください。
最終授業でのプレゼンにより資格認定を判断します。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.