講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 0045 教科名 中国語会話T
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 孫 犁冰
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】 【態度・姿勢】 【汎用的能力】◎ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
中国語会話Tとは、日本語と同じく漢字を用いる中国語を会話で楽しむ授業である。
基本的な文法項目と発音を身につけ、中国語でのコミュニケーション能力を養う。
近年、中国は産業・経済各方面において著しい成長が見られ、国際社会における存在感が益々高まってきた。
日本に近いようで遠い中国を知るためには、この授業はその第一歩である。
日本語と同様に漢字を使っている中国語に対して親しみを感じながら、日本語との差異を楽しんでいく。
そして、何より、中国語を知ることによって、視野が広がり、考える力が一層高まる。
授業中、適宜に中国の文化と社会事情、日中関係、世界経済動向も紹介する。
学生の学習
(行動)目標
1.中国語の発音記号である「ピンイン」を正確に読むことができる。
2.単語、構文、文法について理解し、応用できる。
3.日常会話を中国語で話すことができる。
4.辞書を引きながら中国語の文章を日本語に訳すことができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 はじめまして 基本文15、新出語30 テキスト:第1課を読んでくること。 0
2回 ありがとう 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第2課を読んでくること。
0
3回 地図を買う 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第3課を読んでくること。
0
4回 交流 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第4課を読んでくること。
0
5回 いつ 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第5課を読んでくること。
0
6回 どのぐらい 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第6課を読んでくること。
0
7回 私の一日 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第7課を読んでくること。
0
8回 家族写真 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第8課を読んでくること。
0
9回 私の趣味 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第9課を読んでくること。
0
10回 天気を語る 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第10課を読んでくること。
0
11回 銀行にて 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第11課を読んでくること。
0
12回 飛行機に乗る 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第12課を読んでくること。
0
13回 道を尋ねる 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第13課を読んでくること。
0
14回 タクシーに乗る 基本文15、新出語30 テキストとノートを使って十分復習してくること。
テキスト:第14課を読んでくること。
0
15回 まとめ 単語や文型、文法のまとめ テキストとノートを使って十分復習してくること。 0
0
成績評価 小テスト 30% 学修成果の
フィードバック
・課題は添削して返却する。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 20% 備考 ・前回の授業の理解度を問う小テストを計5回実施する。
・15回目には授業の全範囲をふりかえるまとめの授業を行い、合わせて全範囲を範囲と
するレポートを書かせる。
・学習態度は、授業への参加状況や学習への取り組み姿勢に基づき評価する。
その他 0%
100%
テキスト 『30日で身につけよう 中国語会話』、孫犁冰著、株式会社好朋友、2010年、金額:2,400円(通年使用)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
@中国語(読解)も併せて履修すると、より上達が速い。A毎回大きな声で音読する。
一緒に「楽しそうね」、「面白そうね」と言いながら、15回の中国語マラソンを完走しましょう。
自己ベストを達成する時の快感を一緒に味わいましょう。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.