講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科1年、人間総合学科2年
講義番号 0038 教科名 生活科学
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 山口 雄三
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】○ 【技能・表現】 【態度・姿勢】○ 【汎用的能力】○ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
これからの時代は、温暖化、環境、エネルギーなど、様々な分野において科学に関する難しい問題に遭遇するだろう。現在はもちろ
ん、未来を生きるために、無知、無関心ではいられない。科学にあまり興味のない学生が、少しでも科学的なことに理解と関心を持
つよう、日常の暮らしの中に登場してくる話題をもとに、毎回異なるテーマについて実験を織り交ぜながら解説する。生活感覚のに
じみ出る授業を目標にしているが、この授業を通して,日常生活を科学的な目で見ることが、実に興味深く、大切なことであるかを
知ってもらえることを期待している。
学生の学習
(行動)目標
・授業の中で簡単な実験を行うので積極的に参加する。
・なぜ?と疑問に思う姿勢を大切にする。
・疑問に思うことを質問する。
・自分の考えを積極的に話す。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 物質の構成 物質の進化 錬金術 元素とは?1 原子,原子核,電子,陽子,中性子 次回行う授業の資料を事前に配布するのでよく読んでくる。
わからない用語等は下調べしておく。質問する事項を用意する。
2
2回 金属と生活1 元素とは?2 金属の歴史 鉄について 青銅,鉄 クラーク数,錆,ステンレス <予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
3回 金属と生活2 実験:金属を考える 酸化,発熱反応 <予習>資料を読み,実験の流れを頭の中でシュミレーションする。
<復習>実験後,レポートを作成する。
4
4回 金属と生活4 重金属の働き 金,銀,白金 <予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
5回 水とは?1 実験:水の不思議を知る 界面張力,水素結合,極性,分極 <予習>資料を読み,実験の流れを頭の中でシュミレーションする。
<復習>実験後,レポートを作成する。
4
6回 水とは?2 地球と水 水の性質 極性分子,水素結合,溶解 <予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
7回 水とは?3 硬水と軟水 水の浄化 実験:おいしい水 硬度,ミネラル,ppm <予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
8回 石けんと洗剤1 実験:石けんをつくる ケン化反応,油脂,アルカリ <予習>資料を読み,実験の流れを頭の中でシュミレーションする。
<復習>実験後,レポートを作成する。
4
9回 石けんと洗剤2 石けんの歴史 石けんの化学 合成洗剤の功罪 界面活性剤,親水基,疎水基,界面張力,ビ
ルダー
<予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
10回 界面活性剤1 実験:界面活性剤の不思議 界面張力,乳化,分散 <予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
11回 界面活性剤2 界面活性剤の利用 乳化,分散,可溶化 <予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
12回 洗濯を科学する1 洗剤,洗濯の条件,洗濯機 洗浄のメカニズム,ビルダー,浴比 <予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
13回 洗濯を科学する2 ドライクリーニング,漂白剤 湿式洗濯,乾式洗濯,塩素系・酸素系・還元系
漂白剤
<予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
14回 身近な危険 危険物,まぜるな危険 <予習>事前に資料を読んでくる。質問する事項を用意する。
<復習>配付資料に基づきノートを整理する。
4
15回 まとめ
プレゼンテーション
  <予習>レポート作成,プレゼンテーション準備を行う。 6
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・授業の中で簡単な実験を行うことがある。その際,実験レポートを作成するが,レポー
トは添削して返却するので,必ず見返す。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 20% 備考 ・学習態度は,授業を通しての発言,行動などをもとに評価する。
・最後に提出するレポートのテーマは事前に周知する。
・提出するレポートのテーマに沿って,プレゼンテーションを実施する。
その他 30%
100%
テキスト 特にない。必要な資料は用意する。図書館の資料などを積極的に利用して欲しい。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 化学物語25講 芝哲夫著 化学同人 1997
2 身の回りから見た化学の基礎 芝原,後藤著 化学同人 2009
3 商品から学ぶ化学の基礎 松田勝彦著 化学同人 2011
4 衣服管理の科学 片山倫子編著 建帛社 2006
5 はじめての化学 井上 祥平著 化学同人 2002
履修上の注意事項や
学習上の助言など
授業の理解を深めるために簡単な実験を行う。その際、レポートを提出しなければならない。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.