講義概要

人間総合学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 人間総合学科2年
講義番号 0302 教科名 特別研究(2)
単位数 2 必・選 必須 開講時期 通年 担当者 土永 典明
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】  【態度・姿勢】〇  【汎用的能力】 〇」
授業の概要
(教育目標を含む)
福祉は心や身体にハンディキャップをもつ人たちの支えになる尊い務めであるから、何よりも人間理解が第一である。複雑な社会
的・家庭的バックグラウンドを背景にもつ社会的弱者に正しく接し、的確に援助するためには、福祉専門職の側に幅広い見識が必要
である。本演習では、そうした幅広い見識を学生に与えることを主目的としている。福祉をとらえる柔軟な感性を磨き、援助者とし
ての人間性を養っていきたい。
学生の学習
(行動)目標
1.各自が設定したテーマに従い研究を実践し、卒業レポートにまとめることができる。
2.自らの学習効果を発表するとともに、他者の発表に対し発言し、討論を重ねながら学習を深めていくことができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 研究の関心について <予習>現在関心の高いテーマについて考えてくること。 1
2回 卒業レポートの作成 文献のまとめ方 <予習>十分な資料や文献があるか確認してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
3回 卒業レポートの作成 討論とは何か <予習>問題点や課題を提示できるか考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
4回 卒業レポートの作成 卒業レポートを書く意義について <予習>何のために卒業レポートを書くのか考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
5回 卒業レポートの作成 研究手法について <予習>どのような研究手法があるのか調べてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
6回 卒業レポートの作成 参考文献の検索法 <予習>学校の図書館で参考文献を探してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
7回 卒業レポートの作成 仮テーマの設定 <予習>テーマは追求可能か考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
8回 卒業レポートの作成 問題意識を設定する <予習>アウトラインが作成できるように考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
9回 卒業レポートの作成 研究計画書の作成@ <予習>テーマのキーワードを考えメモを作成してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
10回 卒業レポートの作成 研究計画書の作成A <予習>キーワードを組み合わせてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
11回 卒業レポートの作成 研究計画書の発表と質疑応答@ <予習>計画書をグループでプレゼンテーションできるようにしてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
12回 卒業レポートの作成 研究計画書の発表と質疑応答A <予習>計画書を清書してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
13回 卒業レポートの作成 序論の執筆@ <予習>序論を考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
14回 卒業レポートの作成 序論の執筆A <予習>序論を考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
15回 まとめ(卒業レポート「序論」の作成と提出) 中間のまとめ <予習>計画書と序論をまとめてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
16回 定期試験     0
17回 卒業レポートの作成 本論の執筆@ <予習>本論について考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
18回 卒業レポートの作成 本論の執筆A <予習>本論について考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
19回 卒業レポートの作成 本論の執筆B <予習>本論について考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
20回 卒業レポートの作成 本論の執筆C <予習>本論について考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
21回 卒業レポートの作成 完成を目指して論文作成と進捗状況について
各自報告、修正@
<予習>本論を作成してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
22回 卒業レポートの作成 完成を目指して論文作成と進捗状況について
各自報告、修正A
<予習>本論を作成してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
23回 卒業レポートの作成 完成を目指して論文作成と進捗状況について
各自報告、修正B
<予習>本論を作成してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
24回 卒業レポートの作成 完成を目指して論文作成と進捗状況について
各自報告、修正C
<予習>本論を作成してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
25回 卒業レポートの作成 完成を目指して論文作成と進捗状況について
各自報告、修正後D
<予習>本論を作成してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
26回 卒業レポートの作成 完成を目指して論文作成と進捗状況について
各自報告、修正E
<予習>本論を作成してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
27回 卒業レポートの作成 完成、最終指導を受ける <予習>本論を作成してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
28回 卒業レポートの作成 完成、最終指導を受ける <予習>本論を清書してくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
29回 発表の準備 発表の練習をする <予習>卒業レポートを十分に読みこなしておくこと。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
30回 発表 卒業レポートの発表 <予習>テーマに関連する課題を提示できていたか考えてくること。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
31回 まとめ(卒業レポートの提出) 最終のまとめ <予習>卒業レポートを最終的に読みこなし、整理しておくこと。
<復習>本日のゼミの内容をノートにまとめておくこと。
1
30
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・レポートは添削の上、返却する。
・レポートで間違った部分は、必ず復習して確認しておくこと。
試験 50%
レポート 25%
学習態度 25% 備考 ・第31回目のまとめ(レポートの作成と提出)について:N-COMPASSにより、別途指示を
出す。質問等がある場合は、土永宛てに連絡すること。後期については、授業時に指示を
出す。
・学習態度では授業への参加態度、討議への積極的参加を評価する。
その他 0%
100%
テキスト 授業時に指示する。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
受講の際には必ず、参考文献と卒業レポートの下書きを持参すること。私語、携帯電話の禁止。規程の出席日数を満たさない者は評
価の対象にならない。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.