講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科3年
講義番号 N317M 教科名 リプロダクティブヘルスケア実習T
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 池田 かよ子、渡邊 典子、小林 正子、久保田 美雪、小島 さやか
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
思春期の子どもの心と体の成長発達を理解し、発達段階に応じた生と性に関する健康への支援について学ぶ。具体的には、思春期
の発達段階と社会状況を踏まえた視点からの健康支援プログラムの企画・運営・評価、高校生を対象として性と生殖に関する健康支援
プログラムを企画・運営・評価、そして思春期を対象とした電話相談の見学と体験から学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
1.思春期の発達段階および社会状況を踏まえた視点からリプロダクティブヘルスに関する健康課題を理解し、健康支援プログラムを
企画・運営できる。
2.思春期のリプロダクティブヘルスについて集団教育を主体的に企画・運営できる。
3.思春期のリプロダクティブヘルスに関する課題と健康支援について、学習と実習を通して、考察できる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 実習内容
 @思春期健康支援として大学祭でのヘルシー・セクシュアリティの企画と運営
    0
2回 実習内容
 A高校生を対象に、生命尊重・人間関係・性行動等を含む集団指導を企画・運営
    0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
 
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 詳細は平成29年度リプロダクティブヘルスケア実習Tの要項を参照
その他 100%
100%
テキスト  
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・施設にふさわしい服装、態度、言葉使いで実習に臨む。
・事前学習を必ず実施する。
・健康管理、生活管理に配慮する。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.