講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科3年
講義番号 N418M 教科名 助産実践論T
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 池田 かよ子、小林 正子、久保田 美雪、小島 さやか
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
専門的知識と技術を獲得し、エビデンスに基づいた基礎的看護を実践する能力を身につけている。
授業の概要
(教育目標を含む)
1.妊娠期の母子および家族の助産診断とセルフケア能力を高める援助について教授する。(池田12回)
2.分娩期の助産診断と分娩介助の理論と技術および、出生直後の新生児の健康診査・救急処置について教授する。         
(小林・久保田・小島18回)
学生の学習
(行動)目標
1.妊娠期の妊婦と胎児の正常および異常の助産診断とケアについて理解でき、助産過程を展開できる。  
2.分娩期の産婦と胎児・新生児の正常および異常の助産診断とケアについて理解できる。
3.正常な分娩経過の分娩介助技術について修得できる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 助産診断・技術学の概要 (池田) 助産過程、助産診断学、助産技術学 <予習>助産学講座6巻第1章を一読する 1
2回 妊娠期の助産診断(池田) 助産診断の特徴、助産診断類型、身体的診断、
心理的・社会的・発達的診断
<予習>助産学講座6巻第5章Aを一読する 1
3回 妊妊娠期のフィジカルアセスメントと保健指導 (池田) 妊婦健康診査、妊娠の診断、妊娠の経過診断、
胎児発育・健康状態の診断、保健指導
<予習>助産学講座6巻第5章B・Cを一読する 1
4回 妊娠初期の助産過程@(池田) 助産計画、日常生活適応への支援 <予習>助産学講座6巻第5章Aを一読する 1
5回 妊娠初期のハイリスク・異常妊婦の支援(池田) 妊娠悪阻、切迫流産、異所性妊娠 <予習>助産学講座6巻第6章Aを一読する 1
6回 妊娠中期の助産過程A (池田) 助産計画、日常生活適応への支援 <予習>助産学講座6巻第7章Bを一読する 1
7回 セルフケアを高める支援 (池田) 妊婦体操、着帯、母乳育児にむけた準備 <予習>助産学講座6巻第5章Aを一読する 1
8回 妊娠中期のハイリスク・異常妊娠の支援(池田) 切迫早産、妊娠性貧血、妊娠糖尿病 <予習>助産学講座6巻第6章B・Cを一読する 1
9回 妊娠後期の助産過程B(池田) 助産計画、日常生活適応への支援 作成 <予習>助産学講座6巻第7章Bを一読する 1
10回 親になる準備へのケア(池田) 親役割の準備、出産準備教育、出産施設と出産
方法の選択、バースプラン
<予習>助産学講座6巻第7章Bを一読する 1
11回 妊娠後期のハイリスク・異常妊婦のケア (池田) 妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離、前置胎盤 <予習>助産学講座6巻第7章Bを一読する 1
12回 心理的・社会的ハイリスク因子のアセスメントとケア  まとめ (池田) 妊娠の受容、胎児への愛着形成、若年妊娠・高
年初産
<復習>授業内容の見直し 1
13回 分娩介助法 @ 分娩介助の意義と原理  正常分娩介助法の原理 (小林) 分娩介助の意義と原則、分娩にむけた準備、正
常分娩介助法の原理
<予習>助産学講座7:分娩介助の意義と原則、正常分娩介助法の原理
を一読する  摂子と鉗子の取り扱いの自己練習
1
14回 分娩介助法 A 分娩介助の準備   講義・デモスト・演習  (小林 久保田 小島) 分娩介助の原理(必要物品の準備)清潔操作 <復習>授業内容の確認 清潔操作での分娩介助物品が準備できるよう
自己練習
1
15回 分娩介助法 B 外陰部消毒〜導尿  講義・デモスト  (小林 久保田 小島) 外陰部消毒 清潔野の作成 ガウン装着 導尿 <予習>助産学講座7:分娩介助時の原理(産婦と介助者の準備、外陰
部消毒)、分娩介助手順を一読する 事前課題発表の準備
1
16回 分娩介助法 C 外陰部消毒〜導尿  演習 (小林 久保田 小島) 外陰部消毒 清潔野を作る ガウン装着 導尿 <復習>授業内容の確認  外陰部消毒〜導尿技術自己練習 1
17回 分娩介助法 D 内診〜児娩出介助  講義・デモスト (小林 久保田 小島) 内診 人工破膜 児娩出の介助(肛門保護、会
陰保護、児頭娩出、体幹娩出)
<予習>助産学講座7:分娩介助時の技術、分娩介助手順(内診〜体
幹娩出)を一読する 事前課題発表の準備
1
18回 分娩介助法 E 内診〜児娩出介助  演習(小林 久保田 小島) 内診 人工破膜 児娩出の介助(肛門保護、会
陰保護、児頭娩出、体幹娩出)
<復習>授業内容の確認  内診〜児娩出介助技術の自己練習 1
19回 分娩介助法 F 胎盤娩出〜分娩第4期のケア 講義・デモスト
        (小林 久保田 小島)
胎盤剥離徴候 胎盤娩出 分娩第4期 <予習>助産学講座7:分娩介助時の技術(胎盤娩出)、分娩経過に
沿ったケア 分娩介助手順を一読する 事前課題発表の準備
1
20回 分娩介助法 G 胎盤娩出〜分娩第4期のケア 演習 (小林 久保田 小島) 胎盤剥離徴候 胎盤娩出 分娩第4期 <復習>授業内容の確認 胎盤娩出〜分娩第4期のケア技術自己練習 1
21回 分娩期の助産過程 @ 分娩期の助産診断の特徴と診断類型 
           フィジカルアセスメント (小林)
助産過程 分娩期の助産診断の特徴と診断類型
 パルトグラム 分娩介助記録
<予習>助産学講座7:分娩の生理、分娩期の助産診断の特徴と診断類
型を一読する
1
22回 分娩期の助産過程 A 事例演習(事例の提示と情報の整理) (小林) 助産過程 分娩期の助産診断の特徴と診断類型 <復習>授業内容の確認 演習事例の情報の整理とアセスメントを各自行う 1
23回 分娩期の助産過程 B 事例演習(情報の統合・分娩予測、計画の立案) 
(小林 久保田 小島)
助産過程 助産診断 助産計画 <予習>情報整理とアセスメントを各自行ってくる 1
24回 分娩期の助産診断・技術  分娩促進・産痛緩和の援助(小林 久保田 小島) 産痛緩和、分娩促進、心理的ケア <予習>助産学講座7:産婦の支援(支援の基本、分娩経過に沿ったケ
ア)を一読する
1
25回 分娩期の助産診断・技術  胎児心拍モニタリング(CTG)の判読 (久保田) 分娩経過の診断(娩出力、産道、胎児)
胎児の健康状態のアセスメント
<予習>助産学講座7:分娩期のフィジカルアセスメント(胎児の健康
状態のアセスメント)を一読する <復習>CTGの判読練習
1
26回 分娩期の助産診断・技術  内診・胎児付属物観察と計測 (久保田) 診察、ビショップスコア、胎盤計測 <予習>助産学講座7:分娩期の助産診断(内診)、分娩介助法(付属
物の検査と計測)を一読する  <復習>胎盤の観察と計測を自己練習
1
27回 分娩期の助産診断・技術  分娩時のリスク、異常出血、緊急時の対応 (小林) 微弱陣痛、遷延分娩、弛緩出血 <予習>助産学講座7:分娩期の異常・偶発疾患、ハイリスク・異常分
娩時のアセスメントと支援を一読する
1
28回 分娩期の助産診断・技術  出生直後の新生児のフィジカルアセスメントとケア 
(小林)
出生直後の新生児のケア、新生児蘇生のアルゴ
リズム、ルチーンケア、初期処置
<予習>助産学講座7:出生直後の新生児ケア、助産学講座8:出生時の
ケアを一読する
1
29回 分娩期の助産過程 C  事例演習(発表会・まとめ)             
           (小林 久保田 小島)
事例のアセスメント 助産計画 <予習>他のグループのアセスメント、助産計画と自分のグループと異
なる部分を検討する
1
30回 分娩介助法 H 外陰部消毒〜分娩第4期のケア 技術確認・演習
  (小林 久保田 小島)
物品準備〜出生後のケア <復習>分娩介助手順を確認する 1
30
成績評価 小テスト 80% 学修成果の
フィードバック
・小テストはその場で自己採点する。間違った部分は各自復習する          
・分娩期の事前課題は発表後にコメントする                    
・分娩期の助産過程(事例演習)はグループごとに指導する
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 ・1〜12回目の授業では、小テスト(40点分)を実施、保健指導パンフレット評価   
 (10点)とする             
・13〜30回の授業では、小テスト(40点分)を実施、助産過程評価(10点)とする   
・小テストの範囲については授業で説明する                    
・保健指導パンフレット、助産過程ではグループワークや意見交換など積極的に参加する
 姿勢や発言、態度、準備学習の取り組み状況をもとに評価する
その他 20%
100%
テキスト 助産学講座3:母子の健康科学 医学書院 3800円+税                                  
助産学講座6:助産診断・技術学U[1] 妊娠期 医学書院 4800円+税                         
助産学講座7:助産診断・技術学U[2] 分娩期・産褥期 医学書院 4800円+税                    
助産学講座8:助産診断・技術学U[3] 新生児期・乳幼児期 医学書院 3400円+税
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「実践マタニティ診断 第2版」日本助産診断・実践研究会編 医学書院 2011 3800円+税
2 「心理的問題をもつ妊産褥婦のケア 助産師による実践事例集」中野仁雄監修 医学書院 2005 2800円+税
3 「WHOの59か条お産のケアガイド」 戸田律子訳 農文協 2001 1100円+税
4 「写真でわかる助産技術」平澤美恵子 村上睦子監修 インターメディカ 2012 2500円+税
5 「産婦人科診療ガイドライン 産科編2014」日本産婦人科学会、日本産婦人科医会編 2014 5000円
6 「産婦人科診療ガイドライン 産科編2011」日本産婦人科学会、日本産婦人科医会編 2011 4762円+税
7 「病気がみえる10 第3版」 竹内正人編 メディックメディア 2013 3500円+税
8 「ウエルネスからみた母性看護過程+病態関連図第2版」佐世正勝、石村由利子編 医学書院 2012 4104円
9 「実践する助産師のための臨床助産診断」 石塚和子著 メディカ出版 2005 3000円+税
10 「新生児蘇生法テキスト 第3版」 メジカルビュー社 2015 4000円+ 税
履修上の注意事項や
学習上の助言など
1.演習は、臨地実習と同様に服装など留意し、真摯な態度で臨む。        
2.分娩介助の技術チェックを行う。      
3.時間外に技術練習を行う場合は、必ず教員に連絡をする。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.