講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年
講義番号 N227 教科名 教師論
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 岩ア 保之
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
教職の意義及び教員の役割、教員の職務内容(研修、服務及び身分保障を含む)について教授すると共に、進路選択に資する各種の
機会の情報提供を行う。この講義を履修することで、学生は、これからの教師に求められる役割とそれに応えるために必要な資質・
能力の具体を述べたり、主要な教育法規の規定に基づいて教員としての職務遂行上に生じる諸問題への対応を述べたり、教職を目指
すための進路の具体を説明したりすることができるようになる。
学生の学習
(行動)目標
1.教職の意義及び教員の役割について理解し、具体的な実践場面における教員の在り方を述べることができる。
2.教員の職務内容を理解し、その根拠となる教育法規等を具体的に説明することができる。
3.進路選択に資する各種機会の情報を得て、自らの進路を構想することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 ガイダンス 教師になりたい理由 <予習>テキストの「まえがき」を読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
3
2回 教職の意義T 教育とは <予習>テキストの第1章@Aを読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
3
3回 教職の意義U 教職とは <予習>テキストの第1章BCを読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
3
4回 進路選択に関する各種機会の情報 教師になるには <予習>テキストの第2章を読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
3
5回 教員の職務内容T いま何をしたらいいのか <予習>テキストの第3章を読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
6回 教員の職務内容U 教師の魅力 <予習>テキストの第4章@Aを読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
7回 教員の職務内容V 教師の職務 <予習>テキストの第4章Bを読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
8回 教職を目指してT 教師に必要な力(管理の力) <予習>テキストの第5章@を読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
9回 教職を目指してU 教師に必要な力(指導の力) <予習>テキストの第5章Aを読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
10回 教職を目指してV 教師に必要な力(人格の力) <予習>テキストの第5章Bを読んでくること。
<復習>レポートを作成するとともに、ノート等を整理してくること。
6
11回 教職を目指してW クラスをつくるには <予習>テキストの第6章を読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
12回 教員の役割T 授業をつくるには <予習>テキストの第7章を読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
13回 教員の役割U 社会につながる学力とは <予習>テキストの第8章を読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
14回 教員の役割V 教師になりたい理由(再び) <予習>テキストの「結論」を読んでくること。
<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理してくること。
4
15回 まとめと振り返り これからの教職と教師 <予習>テキストとノート等を使って、十分に復習してくること。
<復習>レポートを作成すること。
6
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポートは、第10回分については期間中に担当者において点検し、返却する。第15回
分については返却しない。
試験 0%
レポート 40%
学習態度 40% 備考 ・「レポート」は、期間中、第10回及び第15回の授業終了時に課す。テーマ、書式、
提出方法等は、授業中に指示する。
・「学習態度」は、グループワークや意見交換など授業へ積極的に
参加する姿勢や授業中の発言・態度、準備学習の取組状況を元に評
価する。
・「その他」として、授業を振り返るワークシート等への記入状況
を元に評価する。
その他 20%
100%
テキスト 新版 教師になるということ、池田修著、学陽書房、2013、1300円+税
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 子どもから学ぶ「目からうろこ」の教育物語、櫻井昭・大谷実・今井渉共著、めぐみ工房、2013、1048円+税
2 教育・保育の基礎理論−生涯発達の視点から−、中野啓明・佐藤朗子編著、考古堂書店、2012、2000円+税
3 教師の思想と技術、斎藤勉、明治図書出版、1989、786円+税
4 目標準拠評価論の研究−学校教育における理論と実践−、岩ア保之、ウエストン出版部、2009、2400円+税
5 一つの教師論、斎藤喜博、国土社、1990、1263円+税
6 専門家の知恵−反省的実践家は行為しながら考える−、D. ショーン著、佐藤学・秋田喜代美共訳、ゆみる出版、2001、1700円+税
7 山びこ学校、無着成恭、岩波書店、1995、940円+税
8 新編 教えるということ、大村はま、筑摩書房、1996、800円+税
9 「いのち」の教え、東井義雄、佼成出版社、1992、1263円+税
10 教師の生き方と教育技術、大西忠治教育技術著作集、大西忠治、明治図書出版、1991、7129円+税
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・グループによるアクティブ・ラーニングを適宜、実施する。
・講義を記録するノート(ルーズリーフ等も可)を用意し、表紙に学籍番号・氏名を記入しておくこと。
・資料は、プリントにて適宜、配布する。ファイル等を用意すること(ノート等への貼り付けも可)。
・国語辞書(電子辞書可)を持参することが、望ましい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.