講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科1年
講義番号 G003 教科名 スタディスキルU
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 中村 恵子、菅原 真優美、吹@淳子、小林 正子、清水 理恵、小林 理恵、渡邉 路子、内藤  守
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
少人数単位の演習により、文献検索・レポート作成・プレゼンテーションに関するスタディスキルを学ぶ。演習は、
各自の興味・関心のあるテーマについて資料収集を行い、そのテーマが持つ構造と論点を整理する。それに基づき
自分の意見をまとめ、ハンドアウトを作成し、それにそって自分の意見をプレゼンテーションする体験を通じて学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
1.レポートや論文を書く手順や書き方の理解をふまえ、必要となるスタディスキルを説明できる。
2.興味・関心のあるテーマを選定し、必要な文献を収集することができる。
3.事実と意見を区別して、レポートを作成することができる。
4.ハンドアウトを作成し、それにそって自分の意見をプレゼンテーションすることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション、レポートの書き方 レポート作成のステップ、テーマ <復習>テーマとそれを選んだ理由を所定の用紙に記入する。 3
2回 資料の探し方 情報検索ポータル、OPAC、CiNii、
最終的な主張、仮アウトライン
<復習>レポートに必要な図書・文献の検索 3
3回 大学図書館の使い方 大学図書館、レファレンス・サービス <復習>レポートに必要な図書・文献の検索 3
4回 レポートの作成T 主張、根拠、3部構成、先行研究、引用、注、
文献
<復習>アウトラインの完成 3
5回 レポートの作成U 主張、根拠、3部構成、先行研究、引用、注、
文献
<復習>レポート執筆 4
6回 プレゼンテーションの仕方 校正記号、自由発表、文献発表、問い、主張、
構成、レジュメ、リハーサル、質疑応答
<復習>プレゼンテーション準備 4
7回 プレゼンテーションT 視聴覚資料、読み原稿、自己評価、他者評価 <予習>プレゼンテーション準備 4
8回 プレゼンテーションU 視聴覚資料、読み原稿、自己評価、他者評価 <予習>プレゼンテーション準備 6
30
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・レポート・プレゼンテーションについてコメントをする。
・授業の最後に出席カードを配り、質問・意見を記入してもらい、次回授業時に回答す
る。
試験 0%
レポート 40%
学習態度 40% 備考 ・「レポート」のテーマは自分で選択する。書式、提出方法等は、授業
中に指示する。

・「学習態度」は、グループワークや意見交換など授業へ参加する姿勢
や授業中の発言、準備学習の取組状況を元に評価する。

・「その他」は、7回・8回に実施を予定しているプレゼンテーション
をもとに評価する。
その他 20%
100%
テキスト 大学生 学びのハンドブック[3訂版]、世界思想社編集部篇、世界思想社、2015、1296円
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 大学でなにを学ぶか、隅谷三喜男、岩波書店、1981、842円
2 大学生になるきみへ−知的空間入門−、中山茂、岩波書店、2003、907円
3 知的生活の方法、渡部昇一、講談社、1976、778円
4 大学 学びのことはじめ―初年次セミナーワークブック―[3訂版]、佐藤智明・矢島彰・山本明志、ナカニシヤ出版、2014、2052円
5 スタートアップセミナー学修マニュアル なせば成る! 、山形大学基盤教育院編、山形大学出版会、864円
6 大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法第2版、松本茂・河野哲也、玉川大学出版部、2015、1620円
7 アカデミック・スキルズ[第2版]―大学生のための知的技法入門―、佐藤望・湯川武・横山千晶・近藤明彦、慶應義塾大学出版会、2012、1080円
8 大学生の学習テクニック第二版、森靖雄、大月書店、2014、1944円
9 グループ学習入門―学びあう場づくりの技法―、新井和広・坂倉杏介、慶應義塾大学出版会、2013、1296円
10 学生による学生のためのダメレポート脱出法、慶應義塾大学日吉キャンパス学習相談員、慶應義塾大学出版会、2014、1296円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・2回目以降はノートパソコンを充電で持参すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.