講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年
講義番号 N215 教科名 小児看護実践論
単位数 1 必・選 必須 開講時期 後期 担当者 本間 昭子、和田 由紀子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
子どもの看護技術の特殊性を権利擁護の視点からとらえ、病気や障がいをもつ子どもの生活が安全で安楽に過ごせる看護実践のあ
り方について学ぶ。子どもの発達段階・健康状態をふまえ,必要な観察方法と看護技術について演習を行う。子どもの看護技術の特
殊性、看護観察とアセスメントの基本をはじめとして、日常生活の援助技術、検査・処置を受ける子どもの援助技術、主な症状のあ
る子どもの看護について講義する。さらに、観察技術、コミュニケーション技術、バイタルサイン測定技術、日常生活の援助技術、
検査・処置に伴う援助技術、救急法について演習を行ない、安全で安楽な看護実践を考察する。
学生の学習
(行動)目標
1.小児看護の技術の特殊性を述べることができる
2.子どものアセスメント技術と症状に応じた援助技術を考え、実施することができる
3.子どもの発達段階と健康状態に応じた日常生活の援助技術を考え、実施することができる
4.検査・処置に伴う援助技術、事故や外傷の子どもの救急法を実施することができる
5.疾患・障がいをもつ子どもの家族への理解を深め,支援を述べることができる
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 講義:子どものアセスメント フィジカルアセスメント 援助関係
バイタルサイン測定,水分出納,栄養
予習:テキストA p.12〜27、210〜225を読む。 1
2回 事例検討@;発達段階と健康状態のアセスメント,子どもの症状と看護@ 子どもの発達と健康,
発熱,脱水、子どもの環境
予習:臨床医療論の該当する疾患を読み、理解する。テキスト@p.189
〜194、テキストAp.28〜57、150〜153を読む。
1
3回 講義:子どもの清潔援助 日常生活の援助技術,清潔援助 予習:事例(初回配布資料)を理解し、具体的にイメージする。テキス
トA p.114〜135を読む。
1
4回 事例検討A:コミュニケーションと清潔援助 病気の子どもとのコミュニケーション、清潔援
予習:事例(初回配布資料)を理解し、子どもの発達について具体的に
イメージできるようにする。川崎病と気管支喘息について復習する。
1
5回 事例検討B(演習:コミュニケーション技術,バイタルサイン測定、環境整備 コミュニケーション技術,環境管理
バイタルサイン測定
予習:演習手帳を作成する。子どものバイタルサイン測定の手順・根拠
を理解する。
1
6回 事例検討C(演習):事例検討Aに基づいた日常生活の援助 日常生活の援助技術,清潔援助 予習:演習グループで事例の清潔援助の具体的な手順を検討する。 1
7回 ジグソー学習@(演習):課題グループによる指導と実技の検討 与薬(内服),浣腸,吸引,蘇生法 予習:担当課題のリーフレットを作成する(A4 1枚)。担当課題の技
術の手順・実施方法を具体的に計画する。
1
8回 ジグソー学習A(演習):グループメンバー間での指導の実施,課題の修得 与薬(内服),浣腸,吸引,蘇生法 予習:担当課題のリーフレットの修正を行う。担当課題の技術を習得
し、メンバーへの指導方法を検討する。
1
9回 ジグソー学習B(演習):グループメンバー間での指導の実施,課題の修得 与薬(内服),浣腸,吸引,蘇生法 予習:担当課題のリーフレットの修正を行う。担当課題の技術を習得
し、メンバーへの指導方法を検討する。
1
10回 講義:事故・外傷における子どもの看護 発達と事故、救急救命,検体採取 予習:小児看護学2(医学書院)「子どもの事故・外傷と看護」、およ
びテキストAp.226〜232を読む。
1
11回 講義:検査・処置を受ける子どもの看護@ 与薬、吸入療法,輸血,経管栄養法 予習:テキスト@p.242〜251、およびテキストA73〜79、145〜147、
154〜68を読む。
1
12回 講義:検査・処置を受ける子どもの看護A,子どもの症状と看護A 骨髄穿刺、腰椎穿刺、痛み、けいれん、意識障
予習:テキスト@p.195〜196、およびテキストAp.233〜242を読む。 1
13回 演習:調乳、輸液管理と固定@ 乳幼児の栄養、注射の準備と輸液固定 予習:テキストAp.58〜61、161〜168を読み、手順・根拠を手帳にま
とめる。
1
14回 演習:調乳、輸液管理と固定A 乳幼児の栄養、注射の準備と輸液固定 予習:テキストAp.58〜61、161〜168を読み、手順・根拠を手帳にま
とめる。
1
15回 実技テスト 安全、安楽、スムーズさ、声かけと観察 予習:今までの演習を復習し、基づいた小児看護技術を習得する。 1
16回 定期試験(筆記)     0
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
7〜9回目は、検討時と習得時に提出されたリーフレットを基に方法について指導する。実
技テスト実施時にその結果について評価・改善点を伝える。
試験 65%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 ジグソー学習(個人ワーク)15点
実技テスト 20点
定期試験(筆記) 65点
その他 35%
100%
テキスト ナーシング・グラフィカ小児看護学@ 小児の発達と看護,中野綾美(編),メディカ出版,2015.(4104円)
ナーシング・グラフィカ小児看護学A 小児看護技術,中野綾美(編),メディカ出版,2015.(5012円)    
系統看護学講座専門分野U 小児看護学2 小児臨床看護各論,奈良間美保他,医学書院,2015.(臨床医療論Wと同じ、3564円)
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 系統看護学講座専門分野U 小児看護学1 小児看護学概論小児臨床看護総論,奈良間美保他,医学書院,2015.(3024円)
2 根拠と事故防止からみた小児看護技術,浅野みどり編,医学書院,2012.(4320円)
3 写真でわかる小児看護技術 改訂第3版,山元恵子監修,株式会社インターメディカ,2015.(3996円)
4 小児看護技術改訂第3版,今野美紀・二宮啓子編,南江堂,2016.(2808円)
5 標準小児科学 第8版,内山 聖他編,医学書院,2013.(12545円)
6 小児科学改訂第10版,五十嵐隆,文光堂,2011.(25920円)
7 病気の子どもへのプレパレーション 臨床ですぐに使える知識とツール ,及川郁子・田代弘子編,中央法規出版,2007.(2376円)
8 今日の治療薬 解説と便覧 2017, 浦部晶夫・島田和幸・川合眞一,南江堂,2017.(4968円)
9 小児〈1〉 (新看護観察のキーポイントシリーズ),桑野タイ子・本間昭子編,中央法規出版,2011.(3240円)
10 小児〈2〉 (新看護観察のキーポイントシリーズ),桑野タイ子・本間昭子編,中央法規出版,2011.(3456円)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・ジグソー学習法は,協同学習の一つの方法であり,グループメンバーが各課題を分担した後に,同じ課題のメンバーで集まり課題
をマスターし,その後元のグループに戻って互いに教え合う方法です.
・どの演習においても主体的な学習姿勢が不可欠です.演習は1コマで複数の項目を行いますので,事前学習・事前準備が必須です.
休んだら他のメンバーの迷惑になりますので注意してください.授業開始5分前には準備を終えて集合してください.

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.