講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科3年
講義番号 N304 教科名 成人看護学実習V
単位数 2 必・選 必須 開講時期 前期 担当者 中根 薫、佐々木 祐子、吹@淳子、清水 理恵、小島 さやか、藤野 清美、帆苅 真由美、上原 喜美子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
臨地において健康問題をもつ成人期にある対象者の看護実践をマネジメントするために必要な基礎的知識と技術を統合的に学ぶ。
具体的目標として、看護チームにおけるメンバーシップを学ぶ、チーム医療における他職種との連携・協働を学ぶ、医療安全管理に必
要な知識と技術について学ぶ、実践した看護を的確に言語化し論理的に表現できる、看護の実践を通し、看護の価値に気づき、主体
的な学習姿勢を身につける、である。
学生の学習
(行動)目標
1.看護実践をマネジメントする基礎的知識と技術について説明できる。
2.看護チームにおけるメンバーシップについて説明できる。
3.チーム医療における他職種との連携と協働について説明できる。
4.医療安全管理に必要な基礎的知識と技術について説明できる。
5.実践した看護を的確に言語化し、論理的に表現できる。
6.看護の実践を通して看護の価値に気づき、主体的な学習姿勢を言動で示すことできる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 1.実習目標と実習の内容・方法は、臨地実習要項の「成人看護学実習V」参照     90
90
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
実習記録を確認し、適宜指導する。
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 実習記録、課題提出状況、レポート、実習態度等を総合して評価する。
評価項目は「成人看護学実習V評価表」参照
その他 0%
0%
テキスト 成人看護学の講義で使用した図書および配布資料
履修上の注意事項や
学習上の助言など
各実習期間の前にオリエンテーションを行う。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.