講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科1年
講義番号 N104 教科名 病態生理学
単位数 2 必・選 必須 開講時期 後期 担当者 鈴木 宏
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
私たちの体の正常な構造と機能を理解したうえで、その異常状態、いわゆる“疾病”の成り立ちについて理解することは医療に携
わる者に要求されている最重要事項である。本講義では種々の症状をもたらす機能異常状態への理解を深め、病める人への看護を展
開する上で必要とされる専門的基礎知識の修得を目指す。
学生の学習
(行動)目標
・種々の疾患に見られる諸症状の成因を説明できる。
・諸器官の代表的な疾患とその発症機序について理解する。      
・正常機能が如何に巧みに維持されているかを再度認識する。
・主要な症状から、どの疾患を考えるべきかを理解する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 呼吸困難、咳嗽 左心不全、肺気腫、気管支炎、咳中枢 呼吸困難、咳嗽と関連する呼吸気管、心肺器官の解剖、生理を予習す
る。
4
2回 動悸、発熱 刺激伝導系、脈拍、炎症、体温調節中枢 動悸と関連する呼吸器官、心臓の解剖、生理を予習する。発熱の機序、
鑑別する疾患を予習する。
4
3回 悪心・嘔吐、嚥下困難 吐物、脳圧亢進、誤嚥、喉頭蓋 悪心・嘔吐、嚥下困難と関連する消化管、脳神経の解剖、生理を予習す
る。
4
4回 食欲不振、腹部膨満感、便秘、下痢 摂食・満腹中枢、腹水、腸閉塞、大腸機能不
全、排便反射、水分バランス
食欲不振、腹部膨満感と関連する口腔、咽頭、喉頭、脳神経の解剖、生
理を予習する。
4
5回 黄疸、口渇、浮腫 溶血、肝機能、ビリルビン、水分バランス、浸
透圧
便秘、下痢と関連する消化器官の解剖、生理を予習する。 4
6回 吐血・下血 上部消化管、下部消化管、吐物・便の性状 横断と関連する肝臓、脾臓、胆のう、胆管、赤血球の生理を予習する。 4
7回 頭痛、胸痛、腹痛I 片頭痛、脳血管障害、狭心症、心筋梗塞 口渇、浮腫の生理を予習する。 4
8回 頭痛、胸痛、腹痛U 潰瘍、腹膜炎、急性腹症 吐血と関連す、鼻部、口腔、消化官の解剖、生理を予習する。 4
9回 めまい、掻痒感 前庭性、皮膚疾患 下血と関連する鼻部、口腔、消化官の解剖、生理を予習する。 4
10回 貧血、ショック ヘモグロビン、造血幹細胞、血圧低下、バイタ
ルサイン
頭痛、胸痛、腹痛と関連する臓器の解剖、生理を予習する。 4
11回 けいれん、不眠、全身倦怠 脳波、REM、うつ状態、肝炎 頭痛、胸痛、腹痛と関連する臓器の解剖、生理を予習する。 4
12回 糖尿病 糖尿病I型、U型、インスリン、合併症 めまい、そうよう感と関連する耳部、聴覚神経、皮膚の解剖、生理を予
習する。
4
13回 高血圧、動脈硬化、高脂血症 メタボ、脳血管障害、心血管障害) 赤血球と造血、破壊機序ぼ機序と生理を予習する。ショックの発生機序
を理解する。。
4
14回 転移、癌腫、肉腫、がん遺伝子、 けいれん、不眠、全身倦怠の生理を予習する。。 4
15回 喫煙、まとめ 禁煙、依存症、ニコチン中毒 喫煙、受動喫煙、ニコチン中毒の生理と対応、喫煙と呼吸器疾患を含む
多様な疾患との関係を予習する。これまでの講義の振り返りを行う。
4
60
成績評価 小テスト 90% 学修成果の
フィードバック
小テストの解答は、次の講義の最初に行い、特に多くの学生が間違っている部分はわかり
やすく解説を加える。

レポートについては、講義時間中の発表し、その後に説明の補完を行う。
試験 0%
レポート 10%
学習態度 0% 備考 前回の授業の理解度を問う小テストを毎回実施する。

3回目以降は、予め決められた部分の口頭発表を翌週に行なわせ
る。
その他 0%
100%
テキスト 看護につなげる病態生理 斉藤宣彦 照林社 東京、2016年、2600円+税
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 疾病のなりたちと回復の促進(2)、田中編、医学書院 東京 2011
2 病態生理学ナール、山内編 MCメディカ出版、大阪、2013
3 イラストで学ぶ生理学、田中編、医学書院、東京、2009
4 看護のための臨床病態学、浅野・吉山編、南山堂、2012
5 カラーで学べる病理学、渡辺編、ヌーベルヒロカワ、平成26年
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・1年生には高度な内容となってはいるが、将来にわたって用いる内容である。
・講義終了後、ノートを整理するとともに、初めての疾患について調べて記録する。
・最初はわからぬことでも自習を繰り返しておく積み重ねが大事であり、講義内容で不明な点は、何時でも質問をしてください。
・講義最初に、前週の講義内容のミニテストを行うが、重要な点のみであり、回答できない項目は再度見直す。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.