講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科3年
講義番号 N306 教科名 母子看護学実習T
単位数 2 必・選 必須 開講時期 前期 担当者 池田 かよ子、渡邊 典子、小林 正子、久保田 美雪、小島 さやか
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
周産期にある対象の健康レベルを身体的・心理的・社会的側面からとらえ、看護の実践に必要な基礎的知識・技術・態度を習得す
る。目標は妊娠・分娩・産褥・新生児各期の特徴と安全・安楽な援助の実際の理解、産褥期の母子の看護過程の展開、母子及び家族との
良好な人間関係の形成、母子保健に関わる社会制度の活用と保健・医療・福祉チームの連携を学び、創造的な思考を深めながら母性看
護について言及できることである。
学生の学習
(行動)目標
1.妊娠・分娩・産褥新生児各期の特徴と安全・安楽な援助の実際を理解できる。
2.妊娠・分娩に伴う身体的・心理的・社会的影響を総合的に把握し、産褥期の母子の看護過程を展開することができる。
3.母子およびその家族の特徴を理解し、良好な人間関係を成立させることができる。
4.母子保健に関する社会制度の活用と保健・医療・福祉チームの連携を理解できる。
5.母子看護の抱える課題をとらえ、創造的な思考を深め看護を追及することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 事前指導
 学内オリを通して実習Tに必要な知識と技術の確認、および実習施設の概要を学ぶ。
    0
2回 実習期間
 4月第3週から7月までの期間の2週間
    0
3回 実習施設
 新潟市内の産婦人科の病院とクリニック、計5施設の中の1つの施設で実習を行なう。
    0
4回 新潟市民病院、済生会新潟第二病院、竹山病院、とくながレディースクリニック
 荒川レディースクリニック
    0
5回 実習内容:詳細は平成29年度母子看護学実習T要項を参照     0
6回 事後指導
 合同カンファレンスの実施と実習記録および実習の自己評価を統合してまとめを行う
    0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
 
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 詳細は平成29年度母子看護学実習Tの要項の評価の項目を参照
その他 100%
100%
テキスト 講義で使用した図書
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 各施設のオリエンテーション要項
2 各施設の母親学級テキスト
3 配布資料
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・事前学習・技術の自己練習を必ず実施する。
・健康管理、生活管理に配慮し、実習に臨む。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.