講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科3年
講義番号 N305 教科名 老年看護学実習
単位数 2 必・選 必須 開講時期 前期 担当者 柄澤 清美、中村 圭子、小林 理恵
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
老年期にある対象の健康レベルを身体的・心理的・社会的側面からとらえ、看護の実践に必要な基礎的知識・技術・態度を習得する。対象
との援助関係援助関係を形成しながらその人なりの「健やかさ」や「生きがい」など個々人の生活の質を高める看護実践のあり方を学ぶ。ま
た、老年期にある人とのかかわりを通して高齢者観を見つめなおす。また、老年者に関わる保健・医療・福祉のシステムと社会資源をの活用方
法を理解できる。
学生の学習
(行動)目標
1.高齢者一人ひとりが独自に持つ「人生の歴史」や願いを尊重できる  2.高齢者の内的世界に関心をもち、受け入れられる接近方法の
仕方を工夫しながら相互交流できる  3.高齢者の身体・精神機能を把握し、残存機能の活用可能性とその必要性を総合的に判断しながら
援助のあり方を検討できる  4.高齢者の特徴をふまえた日常生活援助技術を身につけるとともに、よりよい技術を創意工夫する姿勢を持
つことができる  5.他職種や看護チームとの連携を通し、自己のケアに対する責任感と調整能力を養うとともに看護の役割を理解する
6.高齢者に関わる保健・医療・福祉のシステムおよび社会資源の活用方法を理解する  7.高齢者および家族との関わりを通して高齢者
観、倫理観、看護観を深める
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 *実習内容と方法は「臨地実習要項」参照 
*実習施設と実習期間は「臨地実習配置表」参照
    45
45
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
 
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考  
その他 0%
0%
テキスト  
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.