講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年
講義番号 N221 教科名 公衆衛生看護学概論
単位数 2 必・選 必須 開講時期 前期 担当者 坪川 トモ子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
公衆衛生看護の基盤となる理念・概念、および、公衆衛生看護の対象・場、公衆衛生看護活動の概要とその変遷について教授す
る。また、公衆衛生看護活動の本質をふまえて、地域で生活している人々の健康や生活の質(QOL)の向上を目指した看護活動、
その基盤となる知識・態度の基礎を教授し、公衆衛生看護の特徴と今日的課題についても教授する。くわえて、公衆性看護に関連す
る法規について教授する。
学生の学習
(行動)目標
(1) 公衆衛生看護の概念、基礎となる理念、対象を述べることができる。
(2) 公衆衛生看護活動の変遷と概要を述べることができる。
(3) 公衆衛生看護の活動の場と特徴を述べることができる。
(4) 公衆衛生看護の対象とアプローチ方法を述べることができる。
(5) 公衆衛生看護に求められている機能、役割を述べることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 『公衆衛生看護とは@−健康と生活を支援する看護活動』 地域社会 生活 生活習慣 健康 看護 予習:テキスト第1章ABを読んでくる
復習:テキスト指定か所の復習
2
2回 『公衆衛生看護とはA−公衆衛生看護の理念と基盤』 公衆衛生 看護 QOL 健康 活動技法 対象
としての個人・家族 集団 地域
予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:受講範囲の復習
3
3回 『公衆衛生看護とはB−公衆衛生看護活動の変遷』 公衆衛生看護 歴史と変遷 保健所 保健師活
動の位置づけ
予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:受講範囲の復習
3
4回 『社会環境の変化と健康課題』 健康 生活習慣・環境 感染症 公害 生活習
慣病 健康課題
予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:受講範囲の復習
4
5回 『公衆衛生看護に関する理論と概念』 ヘルスプロモーション プライマリィ・ヘルスケア ソーシャル・キャピタル
 住民参加 連携・協働
予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:受講範囲の復習
4
6回 『公衆衛生看護の活動方法とその概要』 PDCAサイクル 支援の質 地域診断 計画策定 予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:受講範囲の復習
4
7回 『実践例から学ぶ公衆衛生看護活動−住民主体とは−』(DVD視聴) 住民参画 連携・協働 計画策定プロセス エ
ンパワメント
予習:配布資料を読みワークシートを作成してくる
復習:DVDからの学びを要点整理する
6
8回 『公衆衛生看護活動の展開方法と遂行方法』 公衆衛生看護の対象 ポピュレーション・ハイ
リスクアプローチ 地区担当制
予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:受講範囲の復習
4
9回 『公衆衛生看護活動の方法』 アプローチ 個別・家族 集団 地域 予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:受講範囲の復習
4
10回 『公衆衛生看護の対象と活動方法@−個人・家族−』 地域生活 QOL 健康 個人・家族 予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:配布資料の熟読(地域特性の整理)
6
11回 『公衆衛生看護の対象と活動方法A−集団・組織−』
(学外授業)
地域生活 集団・グループ・組織 主体性 協
予習:配布資料から視察する地域と集団の特性を整理してくる 2
12回 『公衆衛生看護の対象と活動方法B−地域−』
(学外授業)
地域生活 社会活動 地域のつながり ケアシ
ステムづくり
予習:配布資料から視察する自治体の計画を読んでくる 6
13回 『公衆衛生看護活動の活動領域@−行政』 自治体、都道府県保健所 市町村 連携 予習:学外授業での学びをレポート化してくる
復習:受講範囲の復習
4
14回 『公衆衛生看護活動の活動領域A−職域と学校』 産業保健・看護 学校保健 養護教諭 予習:講義予定のテキストページを読んでくる
復習:受講範囲の復習
4
15回 『公衆衛生看護・活動のまとめ』
『公衆衛生看護活動に関連する法令』
社会情勢への対応 健康課題 施策化 予習:第14回までを復習してくる
復習:受講範囲の復習
4
16回 定期試験     0
60
成績評価 小テスト 15% 学修成果の
フィードバック
・毎回のリアクションペーパーの記載内容に関するコメントを、翌授業日に全体に伝え
る。
・レポートの学びに対するコメントは、翌授業にその内容を反映させた講義内容にする。
試験 70%
レポート 10%
学習態度 5% 備考 ・小テストは2回目以降、学外授業日以外は毎回行う。内容は「復習と予習」とする。
・レポートは学外授業での学びとする。
・学習態度の評価は、毎回の授業終了時に提出する出席カードのリアクション内容等によ
り行う。
その他 0%
100%
テキスト 1 標準保健師講座1 公衆衛生看護学概論 標美奈子著者代表 医学書院 2015 3000円
2 国民衛生の動向 厚生の指標 臨時増刊 厚生統計協会(最新版) 2500円
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 ふみしめて70年-老人保健法施行後約30年間の激動の時代を支えた保健師活動の記録,日本公衆衛生協会,2013 3810円
2 公衆衛生看護学 津村智恵子 上野昌江編集 中央法規 2013 3600円
3 公衆衛生看護学.jp 第3版 Public Health Nursing in Japan 荒賀直子他,株式会社インターメディカル,2016 4400円
4 エッセンシャル 地域看護学 第2版 2016  3600円
5 保健師業務要覧 新版 第3版 2017年版 日本看護協会保健師職能委員会監修 井伊久美子他編,日本看護協会出版会,2017 4200円
6 地域看護活動の方法、概念の明確化からアセスメント・施策化へ,バーバラ・ウォルトン・スプラッドレイ,医学書院,1998 図書館所蔵
7 無名の語り 保健師が「家族」に出会う12の物語,宮本ふみ,医学書院,2006 1800円
8 セルフヘルプグループ わかちあい・ひとりだち・ときはなち 岡知史 星和書店 1999 1800円
9 保健師の基軸をつくる公衆衛生看護 キーワード・ナビ,宮内清子,インターメディカル,2013 2300円
10 公衆衛生実践キーワード 地域保健活動の今がわかる 明日がみえる 鳩野洋子・島田美喜 医学書院 2800円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・第11回・12回は学外で集中講義を行います。6月17日(土)を予定しています(日程変更の可能性あり)。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.