講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科3年
講義番号 N402 教科名 看護教育学
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 渡邉 タミ子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
日本における看護教育の歴史的変遷を通して、今日の看護教育カリキュラムを理解する。主な教育内容は、成人期にある人の学習
理論、看護教育と看護教育学の定義について、看護教育の歴史的背景とその特徴、ならびに看護教育制度の種類と各々の特徴につい
て教授する。さらに、看護教育のカリキュラム展開の中で、臨地実習における教育評価の目的と方法について学び、教育評価の理解
を深める。
学生の学習
(行動)目標
1 看護教育に関わる基本理念および成人教育のあり方について理解し、その概要を説明することができる。
2 わが国における看護教育制度の変遷とその背景を理解し、諸外国と比較して、その特徴を説明することができる。
3 職業的アイディンティティと看護教育との関わり、キャリア形成について理解し、自己の考え方を表現することができる。
4 看護教育における職業倫理ならびに臨地実習に対する基本的な考え方について理解し、自分の考えを表現することができる。
5 看護職における専門性、専門分化の方向性や看護教育における今後の展望について考え、自分の考えを表現することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 ガイダンス  看護教育学とは 看護教育と看護学教育 成人教育 <予習>基本的な教育の用語学習について、<復習>看護・看護師と
は、自己の看護観を整理する
2
2回 職業的アイディンティティと看護学教育 職業と仕事 自我の同一性/拡散 職業選択 
アイディンティティ
<予習>職業と仕事の相違について、<復習>学習した知識や考え方を
整理し、それに対する自己の考えを表現する
2
3回 わが国の看護基礎教育課程の動向 教育理念・教育目的 看護教育精度の変遷 カ
リキュラム
<予習>看護教育制度の変遷について、<復習>学習した知識や考え方
を整理し、それに対する自己の考えを表現する
4
4回 看護教育における臨地実習のあり方 臨地実習 動機づけ ロールモデル・モデリング
教育評価の方法
<予習>臨地実習の目的・意義について、<復習>学習した知識や考え
方を整理し、それに対する自己の考えを表現する
4
5回 職業倫理と看護教育 看護倫理と医療倫理 職能団体 看護職の使命 
人権擁護 倫理的判断
<予習>倫理の意味、看護職と倫理の関連性 <復習>学習した知
識や考え方を整理し、それに対する自己の考えを表現する
4
6回 新人看護師教育と課題 青年期の特徴 新人看護師 人材育成
自己教育 リアリティショック 早期退職
<予習>人材育成の意味について、<復習>学習した知識や考え方を整
理し、それに対する自己の考えを表現する
4
7回 看護職と専門性と専門分化 キャリア形成 専門職の概念 専門分化 キャリア形成・アップ
認定看護師・専門看護師
<予習>専門職の定義、要件について、<復習>学習した知識や考え方
を整理し、それに対する自己の考えを表現する
4
8回 看護教育学の総まとめ 学習目標の到達 学習成果 学びの意味 <復習>学習した知識や考え方を整理し、それに対する自己の考えを他
者に分かりやすく表現できるようにする
6
30
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポート課題に対する評価の視点を明示し、学生と教員とが共通認識で臨めるようにする。
さらに、評価結果を個別に学生へフィードバックし、学習成果と今後の課題を明確化でき
るようにする。
試験 0%
レポート 70%
学習態度 15% 備考 1.レポート課題:1週間前までに説明し、準備学習できるようにする。なお、800字程度の
字数制限内で、課題について論述し、指定の期日・場所までに提出することを指示する。
2.学習態度:授業中の意見交換、プレゼンテーションへの参加度
3.その他:N-COMPASSでの情報把握とそれに対する行動状況等
その他 15%
100%
テキスト 特に、指定しない
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『ケアリングカリキュラム』、E.オリヴィア・ベヴィス他/監訳 安酸史子、医学書院、2006. ¥4104
2 『看護教育学』(第5版)、杉森みど里、船島なをみ著、医学書院、2014. ¥5821
3 護学生における職業アイデンティティの形成に関する研、松田明子ら、教育研究論集 第4号、2014年3月.
履修上の注意事項や
学習上の助言など
1.これまでの大学生活における自己の学習体験を振り返り、看護教育のあり方や今後の展望や期待等について考え、自分の考えを表
現できるようなることを期待します。
2.看護に関わり学術雑誌に触れ、最近の特集記事などに関心を示し、徐々にでも看護の動きがわかるようにして下さい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.