講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科3年
講義番号 N115 教科名 遺伝学(発生学含む)
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 中田 光、田澤 立之、石田 道雄、栗山 洋子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
助産師、看護師に必要な遺伝医学、ならびに人体発生学の基礎を教授する。また、最近目覚ましい進歩をみせる遺伝子をめぐ
る研
究成果とその臨床応用、意義についても教授する。
(中田光/2回)遺伝、遺伝子、染色体とその臨床応用について教授する。
(田澤立之/3回) 遺伝子治療の最近の進歩と臨床応用、、出生診断技術と臨床応用について教授する。
(栗山洋子/2回)遺伝カウンセリングの基本とその実際を教授する。
(石田道雄/8回)ヒトの生殖、発生、先天異常とその原因について教授する。
学生の学習
(行動)目標
遺伝、遺伝子、染色体とその臨床応用について、説明する事ができる。
遺伝子治療の最近の進歩と臨床応用について、説明することができる。
ヒトの生殖、発生、先天異常とその原因について、説明することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 遺伝学とは 遺伝医学の歴史、役割、家系図 予習:テキスト【1】の中で遺伝医学の歴史、役割、家系図に関して掲
載している部分を読んで参加する。
4
2回 遺伝子とDNA・RNA、ライフサイエンスの知識 遺伝子、 DNA、RNA、技術応用 予習:テキスト【1】の中で遺伝子、 DNA、RNA、技術応用に関して掲載
している部分を読んで参加する。
4
3回 染色体とメンデルの法則@ 常染色体、性染色体 予習:テキスト【1】の中で常染色体、性染色体に関して掲載している
部分を読んで参加する。
4
4回 染色体とメンデルの法則A 優性・劣性遺伝、X連鎖遺伝 予習:テキスト【1】の中で優性・劣性遺伝、X連鎖遺伝に関して掲載
している部分を読んで参加する。
4
5回 遺伝子診断、出生前診断 遺伝子診断、出生前診断 予習:テキスト【1】の中で遺伝子診断、出生前診断に関して掲載して
いる部分を読んで参加する。
4
6回 遺伝カウンセリング@ 遺伝カウンセリング 予習:遺伝カウンセリングを行なう助産師の専門性を考えて臨む。
復習:レジメの内容で理解不足な点は調べる。
4
7回 遺伝カウンセリングA 出生前遺伝カウンセリング、助産師の役割、
演習(家系図作成)
復習:家計図を描いて、遺伝学の理解を深める。 4
8回 遺伝学のまとめと応用 遺伝学、応用 1回から7回までの講義内容をテキストとレジメ等で十分復習しておくこ
と。
4
9回 病気の遺伝学 先天性疾患、多因子疾患、がん 予習:テキスト【2】の中で先天性疾患、多因子疾患、がんに関して掲
載している部分を読んで参加する。
4
10回 ヒトの発生学総論 胚子期、アポトーシス、原腸形成、内・外・
中胚葉
予習:テキスト【2】の中で胚子期、アポトーシス、原腸形成、内・
外・中胚葉関して掲載している部分を読んで参加する。
4
11回 ヒトの発生学総論 胚発生初期と胎盤 予習:テキスト【2】の中で胚発生初期と胎盤に関して掲載している部
分を読んで参加する。
4
12回 各臓器の発生@神経、心血管系 神経板、神経管、脳室の先天異常 予習:テキスト【2】の中で神経板、神経管、脳室の先天異常に関して
掲載している部分を読んで参加する。
4
13回 各臓器の発生A呼吸器系、消化器系と腹壁、尿生殖器系 横隔膜ヘルニア、臍帯ヘルニア、排泄腔 予習:テキスト【2】の中で横隔膜ヘルニア、臍帯ヘルニア、排泄腔に
関して掲載している部分を読んで参加する。
4
14回 各臓器の発生B筋・骨格器系、頭頸部 筋板、椎板、口唇裂、口蓋裂 予習:テキスト【2】の中で筋板、椎板、口唇裂、口蓋裂に関して掲載
している部分を読んで参加する。
4
15回 発生学のまとめと応用 発生学、応用 9回から14回までの講義内容をテキストとレジメ等で十分復習しておく
こと。
4
60
成績評価 小テスト 90% 学修成果の
フィードバック
小テスト、レポートは採点のうえ、返却する。
試験 0%
レポート 10%
学習態度 0% 備考 授業の理解度を問う小テストを2回行う。1回目は40点、2回
目は50点の配点である。レポートは10点である。
その他 0%
100%
テキスト 1.遺伝学への招待。新川詔夫・阿部京子共著、南山堂、2015、1,944円
2.発生学 (医学要点双書) 藤本 十四秋(著) 受島 敦美 (著) 、2010、3,880円
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 田中一朗  よくわかる遺伝学ー染色体と遺伝子ー 1999、1998円
2 Moore & Persaud 受精卵からヒトになるまで  医歯薬出版株式会社 2007 8,640円
3 ラングマン人体発生学 第11版 安田峯生・沢野十蔵訳 メジカルサイエンス・インターナショナル 2016 9,072円
4 ネッター発生学アトラス、Cochard LR 相磯貞和訳、南山堂、2008、5,400円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
遺伝学は近年進歩・発達が著しい。新聞、テレビ、などの報道に注意していると最新情報を把握することができる。
助産学専攻の必修科目であるが、あらゆる疾患の診断・治療に遺伝学の知識が応用されているので、全ての学生が学ぶことを勧
める。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.