講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科1年、社会福祉学科1年、臨床心理学科1年
講義番号 G006 教科名 英語基礎
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 卯月 富士枝
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
基礎的な英語の文の組立て方と、基礎的な語彙・イディオムの用法について復習するとともに、リスニングの基礎となる英語の音

特徴について学び直す。テキストとeラーニング教材を併用して進める。毎回、テキストまたはeラーニング教材の中から指定した部

について小テストを行うことで、確実な英語の基礎知識の習得を目指す。授業に毎回参加するだけでなく、きちんと予習と復習をす

ことが大切です。
学生の学習
(行動)目標
1.平易な単語を使って短文レベルで正しく英文を組立てられるようになる。
2.英語の音の特徴を理解し、平易な文であれば正しく英語を聞き取れるようになる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 Be動詞
一般動詞(現在)
動詞、現在時制 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
0
2回 一般動詞(過去) 過去時制 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
3回 進行形 進行形 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
4回 未来形
助動詞
未来形、助動詞 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
5回 名詞・冠詞
代名詞
名詞・冠詞、代名詞 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
6回 前置詞
形容詞・副詞
前置詞、形容詞・副詞 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
7回 比較
命令文・感嘆文
比較、命令文、感嘆文 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
8回 接続詞(I)
不定詞(I)/代名詞(I)
接続詞、不定詞、代名詞 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
9回 受動態
完了形
受動態、完了形 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
10回 接続詞(II)
5つの基本文型
接続詞、基本文型 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
11回 各種疑問文
不定詞(II)
各種疑問文、不定詞 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
12回 Itの特別用法
分詞・動名詞(II)
Itの特別用法、分詞・動名詞 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
13回 関係代名詞 関係代名詞 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
14回 仮定法 仮定法 授業前にテキストの該当箇所の基本問題を取り組む
別途指定される単語テストの準備をする
1
15回 まとめとふりかえり ふりかえり 授業前にテキスト全体をふりかえり、理解が不十分なところは質問する 1
16回 定期試験     1
15
成績評価 小テスト 40% 学修成果の
フィードバック
小テストはその場で採点、確認の上、返却します。
間違えた部分、苦手意識のある文法箇所をノートに記録し、必ず復習しておきましょう。
試験 60%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 小テストは授業の中で行われる基本的に毎回行われるテストのことで
す。試験は16週目に実施される「定期試験」のことです。成
績は100点満点で出されますが、評価の標語は60点以上がすべて
「合」となります。
その他 0%
100%
テキスト 大学生の英語入門<改訂新版> 南雲堂 ¥2,052
履修上の注意事項や
学習上の助言など
オリエンテーション中に行われたプレイスメントテストの結果で、受講を勧められた人は必ず受講してください。それ以外の人の受

は認められません。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.