講義概要

看護学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科1年
講義番号 G131 教科名 スポーツT
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 中島 孝子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
当該科目は「生涯スポーツの必要性について理解できる」が学習目標となっており、それに関連する項目に「◎」がつくと判断する。
授業の概要
(教育目標を含む)
運動は健康で生き生きと生きていくために欠かせない大切な要素のひとつである。運動の生活化が求められているが、生涯を通して
スポーツに親しみ実践していけるかどうかは青年期の取組み如何による。この授業ではその第一歩として、基礎的な体力づくりのた
めのトレーニングの方法を学び、又いくつかの運動種目を通して各自の運動実践能力を高めていきたい。
学生の学習
(行動)目標
1、生涯スポーツの必要性について理解できる。
2、積極的に運動に取り組み、看護の現場で役立つ体力を身につける。
3、仲間と協力して場の設定や、チーム分け、ルールの取り決めなど自主的に行うことができる。
4、将来にわたって実施可能な自分に適したスポーツを選択し、円滑に行うことができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション、生涯スポーツの必要性について(シラバス・筆記用具持参) 生涯スポーツの必要性・シラバス・アンケート シラバスを予めよく読んでくること。筆記用具を忘れないこと。
運動のできる服装・シューズで体育館へ集合のこと。
1
2回 各種トレーニング(ボールを用いたトレーニングを中心に) ボールを用いたトレーニング 授業の4つの約束を復習してくること。 1
3回 各種トレーニング(縄を用いたトレーニングを中心に) 縄を用いたトレーニング 準備運動や補強トレーニングの順番を復習してくること。 1
4回 バスケットボールの基礎練習とチーム分け バスケットボール バスケットボールのルールを予習しておくこと。 1
5回 バスケットボールの試合 バスケットボール 自分たちのチームの作戦を練ってくること。 1
6回 バレーボールの基礎練習とチーム分け バレーボール バレーボールのルールを予習しておくこと。 1
7回 バレーボールの試合 バレーボ0ル 自分たちのチームの作戦を練ってくること。 1
8回 バトミントン・卓球の基礎練習 バトミントン・卓球 バトミントン・卓球のルールを予習しておくこと。 1
9回 バトミントン・卓球の試合 バトミントン・卓球 自分たちのチームの作戦を練ってくること。 1
10回 インデイアカの基礎練習 インデイアカ インデイアカとはどんなスポーツなのか予習してくること 1
11回 インデイアカの試合 インデイアカ 自分たちのチームの作戦を練ってくること。 1
12回 種目選択(自分の好きな種目を選択してねらいを決めて実施 自由選択種目 選択する種目をあらかじめ決めてくること。 1
13回 種目選択(自分の好きな種目を選択してねらいを決めて実施) 自由選択種目 組みたい相手やチームをあらかじめ考えてくること。 1
14回 種目選択(自分の好きな種目を選択してねらいを決めて実施) 自由選択種目 自分のチームの目標を考えてくること 1
15回 前半授業。後半は振り返りのアンケートを実施。課題レポート返却。 課題レポート・アンケート 筆記用具を忘れないこと。 1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
課題レポートは一人一人にコメントを付けた上で、授業最終日に本人に直接返却する。
試験 0%
レポート 20%
学習態度 80% 備考 ・学習態度は授業への意欲・関心・取り組む姿勢を元に評価する。
・レポートのテーマは「私の生涯スポーツ」〜将来どのようなス
ポーツを日常生活の中で実践していきたいか、あなたの思い描く将
来のスポーツライフについて800字〜1000字にまとめて締切
日までに提出。
その他 0%
100%
テキスト 特になし。必要に応じてプリント配布。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
運動に適した服装で受講のこと。
毎時間汗拭きタオル・スポーツに適した飲料等持参のこと。
実技授業は特に出席を重視するので、欠席や遅刻した場合は必ず所定の用紙を提出のこと。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.