講義概要

福祉心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 福祉心理学科4年
講義番号 510 教科名 教職実践演習(高)
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 中村 恵子、中野 啓明、佐藤 朗子、岩ア 保之、花澤 佳代
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
前半は、教育行政の担当職員から講話を聴いたり、教職課程の履修履歴を振り返ったりすることを通して、教員としての個別課
題を設定する。その後、教育実習における事例研究を行ったり、生徒理解等に関する役割演技を行ったりすることを通して、教
職の意義及び教員の役割の理解を深めたり、生徒理解及びホームルーム経営に関する実践的対応力の定着を図ったりする。後半
は、模擬授業を行うことを通して、教科に関する実践的指導力の定着を図る。
学生の学習
(行動)目標
1.教員として最小限必要な資質能力の全体を明示的に確認することができる。
2.教職の意義及び教員の役割の理解を深めることができる。
3.生徒理解及びホームルーム経営に関する実践的対応力を定着することができる。
4.模擬授業を行うことを通して、教科に関する実践的指導力を定着することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 教職ポートフォリオ <予習>教職ポートフォリオを整理し、これまでの履修状況を確認して
くること。<復習>教職履修カルテに必要事項を記入すること。
4
2回 学校現場における実践課題と対応T 教育施策 <予習>新潟県教育委員会の教育施策について調査し、その概要を理解
してくること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
3回 学校現場における実践課題と対応U 教育施策 <予習>新潟市教育委員会の教育施策について調査し、その概要を理解
してくること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
4回 教員としての個別的課題の把握 履修カルテ <予習>履修カルテを点検し、自身が補完すべき内容は何かを把握して
くること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
5回 教職の意義及び教員の役割に関する探究T 服務・勤務 <予習>実習日誌等を読み返し、教員の服務・勤務の具体について整理し
てくること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
6回 教職の意義及び教員の役割に関する探究U 使命感、責任感、教育的愛情 <予習>実習日誌等を読み返し、教員の使命感や責任感、教育的愛情の具
体について整理してくること。<復習>ノート等を整理すること。
4
7回 教職の意義及び教員の役割に関する探究V 社会性、対人関係能力 <予習>実習日誌等を読み返し、教員の社会性、対人関係能力の具体につ
いて整理してくること。<復習>ノート等を整理すること。
4
8回 生徒理解及びホームルーム経営に関する探究T 生徒指導 <予習>実習日誌等を読み返し、生徒指導の具体について整理してくるこ
と。<復習>ノート等を整理すること。
4
9回 生徒理解及びホームルーム経営に関する探究U ホームルーム経営 <予習>実習日誌等を読み返し、ホームルーム経営の具体について整理し
てくること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
10回 教員としての個別的課題に関する確認と補充 履修カルテ <予習>9回までのノートや資料、履修カルテを点検し、自身が補完す
べき内容は何かを把握してくること。<復習>ノート等を整理すること。
4
11回 教科の指導力に関する総合的探究T 学習指導案 <予習>公民科、又は福祉科の1単位時間分の授業の概要を構想してく
ること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
12回 教科の指導力に関する総合的探究U 模擬授業 <予習>学習指導案や板書計画を作成したり、授業の練習をしたりして
くること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
13回 教科の指導力に関する総合的探究V 模擬授業 <予習>学習指導案や板書計画を作成したり、授業の練習をしたりして
くること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
14回 教科の指導力に関する総合的探究W 模擬授業 <予習>学習指導案や板書計画を作成したり、授業の練習をしたりして
くること。<復習>配付資料に基づき、ノート等を整理すること。
4
15回 教員としての資質・能力に関する全体的確認 教職ポートフォリオ <予習>教職ポートフォリオを読み返し、この授業を履修しての自身の成
果、課題等をまとめてくること。<復習>レポートを作成すること。
4
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポートは、模擬授業の回については授業時間中に口頭で助言・指導する。最終回の分
については、ポートフォリオとともに担当者において点検し、期間終了後に返却する。
試験 0%
レポート 30%
学習態度 40% 備考 ・「レポート」は、期間中、模擬授業の回(学習指導案・授業記録)及び最終回(自己
評価)において2回課す。最終回のテーマは「教職実践演習(高)を受講して」であ
る。
・「学習態度」は、グループワークや意見交換など授業へ積極的に参加する姿勢や授業
中の発言・態度、準備学習や模擬授業の取組状況を元に評価する。
・「その他」は、実習協力校からの資料を基にして評価する。
その他 30%
100%
テキスト ・教育実習の手引き、本学作成
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 高等学校学習指導要領(平成21年3月告示)、文部科学省、文部科学省、2009、666円+税
2 高等学校学習指導要領解説−公民編−、文部科学省、教育出版、2010、320円+税
3 高等学校学習指導要領解説−福祉編−、文部科学省、海文堂出版、2015、555円+税
4 教育・保育の基礎理論−生涯発達の視点から−、中野啓明・佐藤朗子編著、考古堂書店、2012、2000円+税
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・参考資料は、プリント類として配布されるので、ポートフォリオのファイルに綴じるようにすること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.