講義概要

福祉心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 福祉心理学科4年
講義番号 512 教科名 教育実習
単位数 3 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 中村 恵子、中野 啓明、岩ア 保之
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
実習協力校において、学校教育の実際を学び、高等学校教諭としての職務を遂行する能力を養う。なお、教育実習の充実を図るた
め、事前・事後指導を行う。
学生の学習
(行動)目標
1.教育活動の実態にふれ、教職のあり方についての認識を具体的に述べることができる。
2.教員の働き掛けに対応して、生徒がどのように思考し、行動するかを教育現場において理解したり、把握したりすることができる。
3.事前・事後指導や教育現場での実習を通して、教員としての専門的な知識や技能を修得することができる。
4.教員としての使命感に触れ、教職についての自覚をもつとともに、それを適切に表現することができる。
5.教員としての自分の長所と短所に気づき、教員としての資質・能力向上のための努力目標を立てることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 【実習事前指導】 (3年次後期)
オリエンテーション
実習の意義と目的、内容 <予習>教職ポートフォリオを整理し、これまでの履修状況を確認して
くること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
2回 学校の管理運営・教育課程 教育目標、組織、教育課程の編成 <予習>教育実習の手引きを読み、教員の服務・勤務の具体について整
理してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
3回 教員の服務・勤務 ホームルーム経営 服務、勤務、経営 <予習>教育実習の手引きを読み、教員の服務・勤務、ホームルーム経
営の概要を理解してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
4回 高等学校の授業の実際T 授業参観 <予習>教育実習の手引きを読み、学習指導要領における公民科の規定
を理解してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
5回 高等学校の授業の実際U 授業参観 <予習>授業記録を読み返し、学習指導要領の規定との対応や、教師の
指導言の実際を確認してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
6回 学習指導の方法 学習指導案、目標・内容・方法 <予習>教育実習の手引きを読み、学習指導案の作成に関する概要を理
解してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
7回 教科指導の事例研究T 教材研究 <予習>学習指導案の作成に向けて、学習指導要領、教科書、資料集等
を収集してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
8回 教科指導の事例研究U 発問、指示、説明 <予習>学習指導案の作成に向けて、学習指導要領、教科書、資料集等
を読み込んでくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
9回 模擬授業の実施T 現代社会 <予習>模擬授業に向けて、学習指導案や板書計画を作成したり、授業
の練習をしたりしてくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
10回 模擬授業の実施U 倫理 <予習>模擬授業に向けて、学習指導案や板書計画を作成したり、授業
の練習をしたりしてくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
11回 模擬授業の実施V 政治・経済 <予習>模擬授業に向けて、学習指導案や板書計画を作成したり、授業
の練習をしたりしてくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
12回 模擬授業のまとめ 授業反省 <予習>授業記録を読み返し、学習指導要領の規定との対応や、自身の
指導言の実際を確認してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
13回 【実習事前指導】 (4年次前期)
実習校の状況及び実習内容に関する解説
実習内容・方法 <予習>教育実習の期間、授業を担当する領域、単元を確認してくるこ
と。<復習>ノート等を整理してくること。
0
14回 実習の意義と目的 実習における課題 <予習>教育実習のてびきを読み、実習の意義と目的を確認してくるこ
と。<復習>ノート等を整理してくること。
0
15回 実習の心得 実習中の留意点 <予習>教育実習の手引きを読み、実習中の留意点を確認してくるこ
と。<復習>ノート等を整理してくること。
0
16回 実習校の指導教員による講話@(外部講師による講話) 高等学校教諭の役割 <予習>教育実習の手引きを読み、高等学校教諭の役割を確認してくる
こと。<復習>ノート等を整理してくること。
0
17回 実習校の指導教員による講話A(外部講師による講話) 教科指導、ホームルーム指導 <予習>教育実習の手引きを読み、教科指導、ホームルーム指導の具体
を確認してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
18回 実習日誌・記録作成の実際 日誌の書き方、記録の取り方 <予習>教育実習の手引きを読み、日誌の書き方、記録の取り方を確認
してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
19回 実習校での事前オリエンテーションに向けてのガイダンス 実習計画、提出書類 <予習>教育実習の手引きを読み、実習計画、提出書類を確認してくる
こと。<復習>ノート等を整理してくること。
0
20回 【教育実習】 (6月の2週間を原則とする)     0
21回 【実習事後指導】
実習個別反省会T
記録の整理、礼状作成 <予習>教育実習日誌の控えを読み返し、実習の成果・課題を明らかに
してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
22回 実習個別反省会U 自己評価 <予習>教育実習日誌の控えを読み返し、実習の成果・課題を明らかに
してくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
23回 実習総合反省会T 相互評価 <予習>教育実習日誌控えを読み返し、実習の成果・課題を明らかにし
てくること。<復習>ノート等を整理してくること。
0
24回 実習総合反省会U 実習の振り返り <予習>教職ポートフォリオを読み返し、教育実習を履修しての自身の
成果、課題等をまとめてくること。<復習>レポートを作成すること。
0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポートは、模擬授業の回については授業時間中に口頭で助言・指導する。最終回の分に
ついては、返却しない。
試験 0%
レポート 20%
学習態度 20% 備考 ・「レポート」は、期間中、模擬授業の回(学習指導案・授業記録)及び最終回(自己評
価)において2回課す。内容・様式等は、授業において指示する。
・「学習態度」は、グループワークや意見交換など授業へ積極的に参加する姿勢や授業中
の発言・態度、準備学習や模擬授業の取組状況を元に評価する。
・「その他」は、実習協力校からの資料を基にして評価する。
その他 60%
100%
テキスト 教育実習の手引き、本学作成(授業で配付する)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
<教育実習の内容・方法等>
【時期】4年次6月  【実習期間】高等学校2週間(90時間)
【内容・方法】全90時間中、授業参観5時間、授業担当6時間、うち研究授業1時間。放課後の研究指導、HR経営への参加、
       生徒の活動の記録の作成、実習校の指導教員の指導方法の観察、実習生の指導の分析、学校の管理運営等。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.